最新投稿

オンデマンド授業動画でカメラ目線を実現する画期的な方法

2020年5月30日 (土) 投稿者: メディア社会コース

遠隔授業になり、毎日のようにユーチューバーになったつもりで動画を制作している。

毎回の授業で最初の10分くらいは、せめて顔出しして話そうと決めている。身振り手振りを使ったり、表情で伝えたり、少しでもどんな先生がどんな気持ちで話しているのかを伝えたいからだ。学生からしたら余計なお世話かもしれないが、自分が納得いくように授業を進めたい。出来る限りのことをしたい。ただ、それだけだ。「先生は顔を出さなくてもいいんですよ」なんて言っている方もいるが、ちょっとくらい出しても良いではないか。

しかし、いざ撮影をしてみると、左下の小窓に写った自分が気になってしまい、ついそちらを見てしまう。

20200529-165418

これでは印象がよろしくない。でも、自分がどのように映っているのか気になってしまう。

目線が下を向いていると、緊張しているとか、自分に自信がないのではと思われてしまう。

そこでなるべく上の方を見ようと努力するが、こんどはスライドの内容を読んでしまい、ついつい画面中央辺りを見てしまう。

20200529-165437

これもダメだ。見ている人に向かって話をしなければ伝わらない。

目線が落ち着かないと、恥ずかしいのではないかとか、本当のことを言ってないのではないかと疑われてしまう。

どうしたらカメラ目線で話が出来るのか、毎日の撮影で悩んでいた。

カメラの方を見る努力をするのだが、目線がキョロキョロして落ち着かない。

まず、そもそもカメラの位置が良くわからない。

この、小さな丸か。ターゲットが視覚的に明確でないと、視線が固定されないのは仕方ないのではなかろうか。

なんか黒くて、分かりにくい。

調べてみると、どうやら3次元空間において眼球運動を行って、得られた信号を脳の前頭眼野後部領域で受け取ることが影響していそうだが、これを調べ始めると時間がかかりすぎてしまう。

そうだ、ようは見るべきターゲットがもっと明確になっていれば良いのか。

これでどうだ。

20200529-165458

これが、カメラ目線を実現した瞬間だ!

では、いよいよこの画期的な方法を紹介しよう。

Img_9302

これなら笑顔にもなれる。

作り方は、ご想像にお任せする。

 

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

緊急事態宣言解除後のテレワークと「新しい思考」

2020年5月29日 (金) 投稿者: メディア社会コース

Img_9069

完全にテレワークに移行した3月末から2ヶ月が過ぎた。打ち合わせや会議がビデオ会議になり、研究室のゼミもチャットやビデオ会議で行ってきた。遠隔授業の準備も進めてきて、5月20日から授業開始となった。少々お恥ずかしいが、写真はキャンプ用品を代用した私のテレワークスペースである。家にスペースがないので、毎日このスペースを作っては片付けているのだ。キャンプが好きなので、少しでもモチベーションが上がるようにという思いもある。

緊急事態宣言が解除されたが、大学のテレワークはまだしばらく続くだろう。これまでのテレワークを振り返ると共に、これからもテレワークの方が望ましいことはどんな場面なのかを考えてみたい。

まず、私が感じているテレワークのメリットは以下の通りだ。

  • 往復で約3時間の通勤がない。
  • 打ち合わせ、会議、シンポジウム等への移動時間がない。
  • ビデオ会議を使って、同時に2つのイベントに参加できる。
  • 書類の電子化が一気に進んだ。
  • 家族と過ごす時間が増えた。

逆に、私が感じているデメリットは以下の通りだ。

  • 移動時間がないため、考え事をする時間がなくなった。
  • 仕事に集中しすぎてしまうため疲れる。
  • 子どもの世話をしながら仕事をしなければならない。
  • 運動不足になる。

しかし、ここで考慮しなければならないのは、新型コロナウィルス対策としての「活動自粛」に伴う要素と、「テレワーク」そのものについては、切り分けて考える必要がある。例えば、子どもの学校は今後再開の方向へと向かっているため、登校する日が徐々に増えていくだろう。子どもが家にいることで仕事をしにくいというデメリットは減っていくと考えられる。また、感染対策をすれば外出する機会は増えていくだろうから、運動不足も徐々に解消されるだろう。

こうやって考えてみると、テレワークを実践してみて感じたメリットについては、今後も継続していけると、仕事の効率化につながるだろう。ただでさえ、「仕事改革」が話題となっていたのだから、これを機会に改革しなければ、いつするのだろうと思う。これ以上のチャンスは無いだろう。

「新しい生活様式」という言葉が今一つ分かりにくいことから、「元の生活に戻る」という選択をする人も一定数いるように感じる。その気持ちは十分すぎるほど良く分かる。しかし、現実問題として感染者は減ったものの「新型コロナ」自体の本質は何も変わっていない。これから来るだろう第2波、第3波に備えて、自分の脳の中を「新しい思考」にまずは変えなければならない。その出発点がなければ、「新しい生活様式」を実行することには繋がらない。

では、「新しい思考」とは何か。

「元の思考」に基づいて考えるのは容易だが、実際には様々な障壁があり元通りに行動するのは困難であろう。逆に、「新しい思考」を自分の中に構築するのは大変かもしれないが、これからの現実社会において行動しやすくなるだろう。そして、「新しい思考」に基づいて行動できる人が、これからの社会を前に進めていくのだと思う。

イギリスNESTA(科学技術芸術国家基金)の記事を和訳したサイトを紹介する。実に多方面においてこれから起こりうる変化について書かれており、大変考えさせられる記事であるのでぜひご一読頂きたい。

「平常に戻る」ことはない(和訳)

引用>

パンデミックは世界を永久に、そして根本から変えるだろう。例えば、各国が今後数か月でCOVID-19の蔓延を抑制できたとしても、政治的、経済的、社会的、技術的、法的、環境的な影響が何十年も続くことになるだろう。

この記事では、世界がどのように変化するかについて、様々な見方(しばしば反対の見方)を要約し、総合的にまとめている。明らかに、これらは空論である。未来がどのようなものになるか誰にも分からない。しかし、危機は必ず深く予期しない変化を促し、パンデミック前の正常な状態に戻ることを期待している人々は、以前のシステム、構造、規範、仕事の多くが消滅しており、戻る事はないと知って愕然とするかも知れない。

そのため、適応能力とイノベーションはこれまで以上に重要になってくる。数か月でビジネスが通常どおり再開することを期待する経営陣にとっては「万が一に備える」という誘惑に駆られるかも知れないが、多くの経営陣は、市場が消滅し、パートナーやサプライチェーンが変化し、利害関係者の優先順位が根本的に異なっていることに気付くだろう。Nestaでは、この分析を基に、COVID-19の余波で起こり得る将来のシナリオにおけるイノベーションの役割を探っている。私たちは皆、出現する新しい世界に適応しようと考えているため、この分析が他の人の組織内で重要な議論を促進するのに役立つことを願っている。

(後略)

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

新型コロナウイルスの影響により聴覚障害者が困っていること

2020年5月28日 (木) 投稿者: メディア社会コース

Pixta_38639188_m-1_20200522123501

聞こえる人が、聞こえない人や聞こえにくい人が困っていることに気づくことは、なかなか難しいことです。なぜなら、私たちは幼児期にいつのまにか音を認識するようになり、言葉を覚え、音声でコミュニケーションをとるようになります。どうやって言葉を覚えたか、記憶にはないのです。

だからこそ、聞こえない人や聞こえにくい人が、どのような事で困っているのかを知る努力をする必要があります。そうすることで、ダイバーシティ社会(多様な人々を受け入れることが可能な社会)を実現することができます。政府の政策や法律なども重要ですが、私たち一人一人が少しずつ知識を増やし、行動することで、より良い社会になるのです。

このブログでは、新型コロナウイルスの影響により聴覚障害者が困っていることをご紹介します。

1)パラリンピック・レポーターの後藤佑季による動画
聴覚障害があり人工内耳を装用している後藤佑季さんが、手話も交えながら、聴覚障害者の片方がどのようなことで困っているかを解説している動画です。特に、マスクをしていると口元が見えないため、相手が言っていることが分からくなります。ジェスチャーや筆談など、視覚的なコミュニケーション手段を活用するのが有効です。

[新型コロナウイルス] 聴覚障害者からのお願い | おはよう日本 | NHK

2)フェイスシールドを付ける手話通訳者
新型コロナへの対応について安倍首相が会見を開く機会が多くなりました。とても重要な情報ですので、聴覚障害者のために手話通訳者がつくようになりました。実は、全国の知事の会見などでは全てに手話通訳者がついているとは限らず、聴覚障害者の方々が要求して、手話通訳者がつくようになってきました。

最初のころは、手話通訳者の方がマスクをしていたのですが、先ほども述べたように、口元の情報が伝わらないため、聴覚障害の方は困っていました。そこで、手話通訳者の方がフェイスシールドをするようになったのです。手話は手の動きだけでなく、口元や表情で伝える表現も多いため、顔の一部を覆う訳にはいかないのです。以下の記事でも紹介されています。

手話通訳者 “透明シールド”で政府会見に / 日テレニュース24

3)リアルタイムに字幕をつけるアプリ
テレワークや遠隔授業が増えたことで、ビデオ会議サービスの利用が増えました。聞こえない人はもちろん困りますが、補聴器や人工内耳である程度聞こえたとしても、インターネットを介した音声は音質が悪く、とても聞き取りにくいものです。そこで、音声をリアルタイムに文字化してくれるテクノロージが役に立ちます。

UDトーク

スマートフォンにインストールして、ビデオ会議の時にパソコンの横に置けば、聞こえてくる話をテキストに変換してくれます。誤変換もあるので、可能であれば編集者を用意して、修正するのが望ましいです。大学の授業であれば、ノートテイカーと呼ばれる学生アシスタントにお願いすることがあります。

speech-to-text-webcam-overlay

ブラウザのGoogle Chromeで、このURLにアクセスするだけで、話している言葉を文字化してくれます。文字の大きさなどを変更することも可能です。

いずれのツールも、聞こえる人が使うもので、ビデオ会議のメンバーに聴覚障害者がいる場合には、このような配慮をすることで一緒にコミュニケーションをとることが出来ます。

これまで研究を進めている中で興味深いのは、聴覚障害者への配慮として考えられていたことが、実は聞こえる人にも役に立つということです。私の講義でUDトークを使って、私が話していることをリアルタイムに文字化してみたところ、受講生約250名のうち、8割以上が「字幕があった方が理解しやすい」と答えました。

20200523-161042
図:「Q. 授業を理解するのに字幕は役に立ちましたか」の回答

人の認知特性には、視覚優位と聴覚優位があるそうです。視覚優位の場合は、字幕があった方が理解しやすくなります。近年では視覚優位の人が増えているという研究もあります。字幕があることで、聞き逃した事や、聞こえたけど自信のない箇所を確認することが出来るため、多くの人に役にたつようです。

オンラインでのやりとりにおいて字幕をつけるなどの視覚的な情報保障をすることは、聴覚障害者のためだけということではなく、多くの人に役立つのかもしれません。

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

聴覚障害児の学びのためのアプリ「Vocagraphy!(ボキャグラフィー)」をリリース。

2020年5月27日 (水) 投稿者: メディア社会コース

2020年3月10日に、聴覚障害児の学びのためのアプリ「Vocagraphy!(ボキャグラフィー)」をリリースしました。無料ですので、iPhone、iPad、iPodをお持ちの方は、ダウンロードすれば機能制限なくすぐにお使い頂けます。

Img_d34a089a16421アプリの画面


ダウンロードはこちら>
https://apps.apple.com/jp/app/id1499771418

ホームページはこちら>
http://www.blw.jp

開発協力:株式会社 夢現舎

「Vocagraphy!(ボキャグラフィー)」は、難聴児のパパでもある私が難聴児の療育のために作った、"ことば"を楽しく・早く・たくさん覚えられるようにするためのスマホアプリです。「Vocagraphy!」は、【語彙(vocabulary)】と【写真術(photography)】を合わせた造語で、画像を活用して"ことば"を効率よく覚えることを意味しています。健聴のお子さんや大人でも、使い方次第で、様々な用途に活用することができます。

難聴児は聞こえにくいことが要因で、ことばを覚えるのに時間がかかります。そのため、毎日のように勉強を重ねて、ようやく語彙数が増えていきます。もし音が聞こえるとしたら、家庭、友だちとの遊び、テレビや街中などに溢れることばを自然に聞いて、どんどん吸収していきます。しかし、難聴児のパパとして、諦めるわけにはいきません。これまでの方法だと覚えるのが遅いのであれば、効率よく、楽しく、たくさん覚えられるようにすれば良いと考えて作ったのが「Vocagraphy!」です。スマホで簡単に自分だけのオリジナル教材を作り、いつでも、どこでも、楽しく、たくさん、ことばと画像に触れることが大切だと考えています。

たとえば、いつも歩いている道に咲いている花、そこにとまっている虫、道にある標識など、生活の中には覚えなければならないことばがたくさんあります。「Vocagraphy!」を使えば、身の回りのモノを"オリジナル教材"に変えることができるのです。写真を撮って、アプリに取り込み、ことばを入力するだけで完成します。

また、教材の中に「でんわ」ということばと"絵"があったとします。皆さんは「でんわ」と聞いて、どのような絵を思い浮かべるでしょうか。古い教材には昔の黒電話のような絵が書いてあるかもしれません。もしくは固定電話の子機やガラケーでしょうか。今ではスマートフォンも電話と呼びます。私は、子どもが覚えなければならないのは、これら全ての「でんわ」なのだと考えています。聞こえる子どもなら、「昔の電話は線でつながっていて・・・、最初の携帯電話はとても大きくて・・・」とお話をすれば、それほど時間をかけずに覚えるでしょう。しかし、同じことを聞こえにくい子どもに教えるには、時間と根気、そして工夫が必要です。

従来の「ことばカード」などでは、一つのことばに対して一つの"絵"が書いてありますが、「Vocagraphy!」では、一つのことばに対して、"複数の画像"を表示することが出来ます。しかも、自分で撮影した画像を割り当てられるのです。見たこともない機械の絵より、いつも見ているモノの方が親しみやすく覚えやすいからです。「でんわ」であれば、いつも見ているスマホのほか、ガラケー・親機・子機・公衆電話・黒電話などの写真を登録して、全てが「電話の仲間」だということや、「電話は遠くの人と話をする仕組み」という概念を教えてあげることができます。この話を子どもの習熟度に合わせて発展させれば、「昔」や「今」といった時間の概念や、「電波」や「インターネット」といった技術的な話まで広げることが出来ます。「Vocagraphy!」のメモ機能を活用して、少しずつ関連したストーリーを追記すれば、ことばを覚えるだけでなく、知性の発達につながるでしょう。

「Vocagraphy!」の使い方はシンプルです。カードを作り、写真を取り込み、文字を入れるだけ。使い方は自由ですので、自分なりのオリジナル教材を作ってみましょう。

受験勉強にも使えますよ!

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

遠隔授業モデル(演習編)の紹介

2020年5月26日 (火) 投稿者: メディア社会コース

5月20日から正式に大学の授業が始まった。私は4月からオンラインで研究室の学生と少しずつ実験を行っていた。遠隔授業よりも対面授業が良いと考える人もいるかもしれないが、遠隔授業のメリットはたくさんある。これまでに感じたポイントをまとめてみる。

<遠隔授業のメリット>

  • オンデマンド授業用のデジタルコンテンツは、必要のない「間」を切り取れば、テンポの良い講義になる。
  • デジタルコンテンツの教材だと、途中で止めたり、分からない箇所を繰り返したりすることが出来る。
  • ビデオ会議システムやチャットによるリアルタイム授業だと、対面よりも質問がしやすい。
  • 全てがパソコンの画面上で行われているため集中できる。
  • デジタルツールを必死に覚える機会になったため、便利な機能をたくさん使って、効率化が図れている。

これらの中には、もちろんデメリットにもなりうる事もある。

<遠隔授業のデメリット>

  • オンデマンド授業用のデジタルコンテンツは、 学生の表情を見ながら話せないので当然完全な一方通行になる。
  • ビデオ会議システムだと学生が顔を出してくれないので、表情が分からない。
  • チャットも当然表情が分からないので、細かいニュアンスが伝わらない。
  • パソコンの前で、長時間集中すると疲れる。

また、学生のネット環境や世の中の通信インフラへの配慮が求められており、データダイエットをするのがエチケットになっている。つまり、遠隔授業における通信データ量を出来る限り減らす必要があるのだ。以上のことを踏まえて、私の演習(100分×2コマ)はこのように進めることにした。

001_20200521155401

最初はGoogle Classroomに集まり、ストリーム (チャット)に全員が集まったことを確認したら、その日の授業で何を学ぶのか動画(YouTube)で説明する。その後、Classroomから授業資料(PDF、音声ファイル)と課題(Word)をダウンロードして、音声ガイダンスに従って授業資料を見ながらオンデマンド授業を行う。授業は約30分刻みにして、zoomで他の学生とブレイクアウトルームでディスカッションしたり、私が質問に答える時間を10分ほど設ける。この時間を設けることで、理解度を深めるねらいがある。最後はzoomの時間を少しながめにとり、全体を通した質問に回答したり、次回の予告などを行う。課題は30分刻みの授業内容ごとにまとめを書くように指示して、最後にアップロードしてもらう。この課題を提出することで、出席確認を行う。

なお、PDFと音声ファイルによる授業の中では、YouTubeなどにある外部のコンテンツにもアクセスしてもらうことを想定しており、インターネット上の様々な情報から学んでもらうようにしている。

まだ授業は始まったばかりで、今後いろいろな問題が出てくるだろう。しかし、今は緊急事態だ。学びを止めないことが最優先である。そのために全力を注いで遠隔授業の準備を進めてきた。それにより得られた知見は、自らにとってポストコロナを生き抜いていくための大きな資産となるだろう。

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

«新入生向け「2020MSキックオフイベント」の舞台裏