最新投稿

オンラインプロジェクト演習「IoTプロトタイピング」

2020年8月15日 (土) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。メディア学部の寺澤です。

今回は今学期オンラインで実施したプロジェクト演習「IoTプロトタイピング」について書こうと思います。以前は、例えば、「気温が30度を超えたらメールで知らせる」という仕組みを自作しようと思うと、ハードウェアの面でもソフトウェアの面でもより専門的な知識が必要で、アイディアをすぐに形にするということはハードルの高いことでした。しかし、手のひらサイズ、名刺サイズの安価なマイコンが登場し、それと組み合わせるセンサーが種類豊富に提供され、ネット上のサービスと連携するためのAPIも整備されてきたことにより、以前に比べ、より抽象度が高いレベルでプロトタイピングが行えるようになりました。これはメディア学部の学生にとってはとても好都合です。なぜなら、メディアコンテンツコースやメディア社会コースの分野でもアイディアをすぐに形にしてサービスを検討したり、新たな表現手法の模索やアートの創造ということが行いやすくなるからです。

このプロジェクト演習はそのような応用に入る前の基本的なことを学び、試してみるための入門の演習になっています。これまで、この演習で使ってきた道具は、MESHmicro:bitRaspberry Pi などですが、今年度は前半は micro:bit、後半は obniz を導入しました。オンラインで授業を行うため、これらの機材は履修生の自宅へ送りました(受講人数が少ないのでこのようなことができました)。micro:bit も obniz もWeb上でプログラミングを行い、動作させます。そのため、オンライン授業とは相性が良いです。授業は演習講師の瀬高先生ともご相談してGoogle Meetを用いてリアルタイム形式で行いました。全員が参加するMeetと、受講生一人一人の専用のMeetを用意し、全体説明と個別対応で使い分けました。個別Meetではプログラミング画面を共有し、音声で直接話せるので、問題点の解決などは比較的スムーズだったと思います。また、全体Meetでは、各自がGoogleスライドを用いて企画や制作物の発表会なども行いました。

» 続きを読む

プロジェクト演習(VRコンテンツデザイン)最終発表会(その2)

2020年8月14日 (金) 投稿者: メディア技術コース

続きです。

 

続けて色々なワールドをゲートワールドと行ったり来たりで見てまわりました。ドア型のワープゲートを抜けるといきなり地球の上に出て星空に惑星が浮かんでいるのが見えたり(惑星は地球の周りを回っています、天動説再び…。地球も回転しています)、ギミックがあるアスレチック会場にでたり(二人で協力しないと抜けられない仕掛けがあったりします)、ライブステージの会場があったり(ステージ上に映像でライブが流されています)、握手会の会場に複数のブースがあってそこから個々のアイドルとの空間に飛ぶようになっていたり、複数の上映スクリーンの場所に待合室からワープできる映画館があったり、人狼ゲームをするための部屋がある建物(やられちゃった人?は奈落に自ら落ちていくようになっていました)、そして何やら豪華風の部屋だったり。ちょうど、その人の家にお邪魔して間取りを説明してもらっているように、作成した人にそのワールドを解説してもらいながら、皆であちらこちらと見て回り、あーだこーだと騒ぎまくりました。

 

9e43114a3d0f497f908bffe1300438c7 Ceb8604b309347d480d091f84f8f5a49

地球の上にたって星を見上げるみんな(左) 空間の底から地球を見上げる私(右)

 

5939a13f2f19434ba4670ada195d0cb0 8182c6ca0b1e46d3917297d360567674

アスレチックフィールドで何回やってもクリアできずスタートに戻る私(左)

 

6bf32d17d3394c61876cb78ff4bf11c0 3128dac9c9184598af624da9b9875de4

ライブステージのワールド。なぜか見ている人たちがステージ上に

 

208bb3c4ca474d7e9cbb5c828825df28 52eb59a52af94f90a0462efb7418ce37

握手会のブースが並ぶ世界。今回はアイドルは不在…

 

 

0521c5cd7458425593c5ec798c36465f F42dbf4e6ca142a789e94944c37e096f

待合室から、いくつかのシアターにワープできる映画館

 

74a2150c69f64519b4398607cfff4d18 1c3cce8502324a68bba74360c5a441b7

人狼をするために椅子が並んでいる部屋

 

A20410ff127c44bbb4056bf48723bfe7 Aed8850b969943d1864e66bfb75df3f5

豪華な部屋?

 

ゲートをくぐって別の世界に現れる、というのはヘッドマウントディスプレイを使っていなくても意外とそういう雰囲気(ワープした感じ)を感じることができました。特に行って帰ってきたり、別のゲートをくぐると全然違う様子のところに現れることや、皆でくぐると一斉に皆が移動してくるところなどはなかなか面白い体験でした。また、他の人(アバター)がいて、音声でリアルタイムにコミュニケーションがとれることで、そこ(ワールド)に皆でいる感じを持つこともできたように思いました。ある程度の出来であれば、リアルさはさほど重要ではないようにも感じました。もちろん、よりリアルになれば、それだけ臨場感を持つことができるでしょうし、ヘッドマウントディスプレイを利用できれば、感覚としても世界に入り込む経験が得られるでしょう。ただ、今回のものでも楽しめましたし、そこで何らかのイベントを行う目的であれば、そのイベントをいかに実施するかが重要でしょう。VR(Virtual Reality)のヴァーチャルという言葉は「実質的に同じ」という意味ですが、見た目にそこまでリアリティが無くても、人が集まって行うことが現実と「実質的に」同じように機能するのであれば、それは十分VRとして通用するのだと感じることができました。

 

1年生はこうしたことを作成するのが初めての人がもちろんのことおりましたが、これくらいの作品を作ることができたのは非常に良かったと思います。特に最後の1,2週のラストスパートが素晴らしかったようですね。また、目的が明確であるほど面白い感じがいたしました。目的が無くとも作り込みによって魅力を持つこともあると思いますが、やはり人がそこで何かをすることを目的としているのですから、その点は重要だと思います。皆で使ってみて色々と気づくこともあり、ユーザー検証の必要性を感じることもできました。

 

さて、最後にゲートワールドに再度集まって、記念写真を撮りました。ちなみに受講生に女子の割合が多かったわけではありません。私(イケメン)の後ろにいる美少女は羽田先生で、ゆとりある労働形態のスローガンを誇示している緑のかたまりは加藤先生です。

 

44e37712d17b4d399b2dfba87c5462df 679d2ec1d8564144b86ff3c6c343a68d

発表会が終わって記念撮影。全員映ってる…?

 

 

ちなみに、これらのワールドを体験してみたい方は、clusterのアカウントを作成して以下のURLから試せるようになっています。興味があるかたは体験してみてください。

 

URL: https://cluster.mu/w/28f3ef3f-3d9e-4654-9477-65119b46dfdf

 

 

ところで、本来であればこの演習はヘッドマウントディスプレイを利用してVRコンテンツを作成することを行う予定でありました。後期には大学に出てきて、機材を利用した演習ができるようになることを願っています。

 

太田高志

プロジェクト演習(VRコンテンツデザイン)最終発表会(その1)

2020年8月13日 (木) 投稿者: メディア技術コース

VRコンテンツを作成する演習については以前にもブログの記事に書きました。clusterというVR環境によるSNSのワールドを作成するのが課題なのですが、昨日、その最終発表会をいたしました。ここまでこの演習では、それぞれの学生がイベントのテーマを設定し、その会場となるVR空間をUnityというツールを用いて作成してきました。VR空間は単に3DCGで景観や建物が用意されているだけでなく、触れたり通り過ぎたりすると何かが起こるような仕掛けを用意することができます。以前のブログでは中間発表として作りかけのワールドを見たところを書きましたが、今日は最終報告会なので、皆、それなりに完成したものができているはずです…。

 

さて、発表会の会場として、それぞれの作品へと飛んでいけるどこでもドア(どこでもじゃないですが…)を並べたワールドを用意しました(TAのF君ありがとう)。下の画像の一つ一つのドアっぽいところを通ると、それぞれの作品にワープ?できます。それぞれのワールドには、このワールドゲートワールド!?に戻ってこられるドアが置いてあり、それで複数のワールドをいったりきたりできます。さて、まずこのワールドに集合して、端から順番に見ていきましょう。

 

B1dcb0dd02f84bc3931cabd53a52f7e3

それぞれのワールドへ飛んでいけるワールドゲート・ワールド(ややこしい…)

 

0c0897e44ffc40b3aca89f09cdeb4b42 C1ea00b6649941979704392bbb3e160e

刑務所から脱出口を探すワールド

 

皆で最初のワールドにわーっとワープすると、いきなり牢屋にぶちこまれているではないですか!しかし、格子は何もないかのように抜けることができて、刑務所のなかを脱出口を探してうろつくということになりました。脱出口は見つけるのがかなり難しく設定されていて教えてもらうまでわかりませんでしたが、皆で一つのワールドに入り込んでわーわー勝手なことをしゃべりながら(喚きながら?)駆け回っているのは結構面白いことに気が付きました(互いに音声で会話できます)。

 

次に訪れたのは、広い草原と山がある屋外の世界でした。キャンプをするというテーマだということでしたが、古民家のある田舎という雰囲気です。キャンプで何をするんだ、という感じですが、この世界自体にまだそういった用意は無いようです。ただ、この世界のなかでゲームのようにキャンプするよりは、この環境は基本的にはSNSなので、この場でアバターで集まって架空のジョッキなんかで乾杯しながら、それぞれ参加者が自分のところで実際にビールを飲むような使い方ができるといいのかもしれません。ところでこの世界に入った後、皆勝手に走り回っていたのですが、そのうち家の屋根に登ろうとするやつが続出しました。どうやって登ったんだというところにまで到達しています。デザインした人が想定していなかった遊び方を、ユーザーは勝手に見つけるものだということが観察できました。

 

A341eaa43cf34c33960e6faace24b6e2 1ea379dad2584a8798668031955c25ae

広大なキャンプ地

 

ちなみに、実は前日に様子を見にいくつかのワールドを覗きに入ってみたのですが、この世界に入ったときには領域の一番端っこに現れるようになっていました。実はこの世界は家や山があるのは中心部あたりらしいのですが、世界全体の広さが半端なく、中心の家に辿り着くまでに10分(は大げさか?でも5分以上はあった気が…)くらい走ってました。ワープできるわけでもなく、とりあえず何かに辿り着くまでには何もない草原?荒野?をひたすら走るしかないのですが、だんだん、そういう体験をする世界だと思ってみればそれもありか?と思うようになりました。発表当日は家が並んでいる場所に移動してきたので、実は皆で延々とマラソンするのを楽しみにしていたのですがそれはできませんでした。

 

まだ2つしか紹介していませんが、ちょっと長くなったのでその2に続くことにします。

 

 

 

太田高志

 

オンライン専門演習「ネットワーク構築」の実施

2020年8月12日 (水) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。メディア学部の寺澤です。

今日は今学期のメディア専門演習「ネットワーク構築」について書きたいと思います。この演習は、家庭用ではなく、企業のビルなどで使われているネットワーク機器類を実際に使用して、実際にネットワークを設計し、それを実現し、その動作を確認します。これらを通して、講義等で学修したコンピューターネットワークの理解をより深め、将来ICT分野に就職をする人も多いメディア学部の学生の皆さんに基礎力を高めてもらうことが目的です。また、コンピューターネットワークは私の研究室の研究分野でもありますので、卒研に関心も持ってもらうことも狙いの一つです。

とはいうものの、今学期はメディア学部は演習授業も含め、全面的にオンライン実施となったので、このテーマも急遽オンラインで実施することになりました。いろいろな方法を考えましたが、学生の皆さんが持っているノートPCは今学期にオンライン授業を受講するための必須の道具でもあるため、その動作を不安定にしたり、起動できなくなるような事態は避けなければならないと考えました。結局、ネットワーク機器大手の米Cisco社の提供する、Packet TracerというシミュレーターとAmazonのAmazon Web Services(AWS)のEC2サービスを利用して授業を組み立てることとしました。

Packettracer

» 続きを読む

メディア学部20周年記念誌の紹介と制作録

2020年8月11日 (火) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。メディア学部の寺澤です。

メディア学部は1999年4月の開設から、2019年で20周年を迎えました。それを記念して柿本正憲学部長の指示の下、2019年秋から「メディア学部20周年記念誌」の制作を開始し、2020年3月に完成・納品されました。佐々木和郎先生と私がプロデューサー・ディレクター役を務めましたので、ここで紹介したいと思います。

20th

記念誌は20年間の年表からスタートします。メディア学部での出来事を中心に、その当時の世の中の状況も簡単に載せてあります。年々、学生の活動や学術的な成果が増えたので、年表にどれを載せるか大変悩ましい事態となりましたが、年表については伊藤謙一郎先生に丹念な作業をしていただきました。特徴的なのは、メディア学部は開設当初からノートPC必携でしたので、大学として推奨する機種を毎年選定していました。その変遷もこの年表に載っています。

続いて、初代学部長の相磯秀夫先生(のちに学長)ほか歴代の学部長、ならびに、開設当初の教員であった佐藤 敬先生をはじめとする数名の先生方から頂いたメッセージ、現役教員による20年を振り返っての座談会を掲載しています。中盤にはメディア学部の研究・教育の特色を紹介しています。中でも、現在、社会で活躍する卒業生に集まっていただいた座談会では、メディア学部での学びが、その後の仕事や考え方にどのように影響があったのか興味深い話を語っていただきました。

» 続きを読む

«TAこうかとんだよ!~モデリング編