最新投稿

メディア学部新入生の皆さんへ

2020年4月 3日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 
 メディア学部の学部長を務める柿本正憲です。
 
 本日は入学式の予定でした。新型コロナウィルス感染防止のため残念ながら式典は中止です。授業開始はひと月遅れで5月7日の予定です(新入生ガイダンスは4月27日かそれ以降)。
 
 今月は家にこもりがちになることが多いでしょう。規則正しい生活を送ってください。とは言っても、ついつい夜更かしをすることもあるかと思います。それが続いてしまったとき、効果的に正常な生活リズムに戻す方法があります。
 
 人間の身体は、朝の時間に強い光を浴びると16時間後に眠くなるという特性があるそうです。リズムを直したいときは、例えば7時に起き、太陽の光をしばらく浴びてみてください。天気が悪ければ電灯の光を顔に浴びるのでもいいです。そして夜11時すぎに眠くなってきたらそこを逃さずに床につくのです。試してみてください。
 
 大学での勉強に備えてここ1か月何をやればよいか、と思う人には、平凡ですが本を読むことを勧めます。読むことは基本です。入学後に確実に役に立ちます。
 
 基本中の基本は「眼球の動き」です。小さいスマホに慣れすぎていると、読むための眼の筋肉が衰え、読書スピードが遅くなります。大学で学ぶ際、読むのが遅いのは致命的です。眼球の動きを意識して、少し速めのペースで本を読んでみてください。まとまった時間がありますから多読のチャンスです。
 
 一冊だけ、お薦めの本を紹介します。「AI VS. 教科書が読めない子どもたち」(新井紀子著、東洋経済新聞社)です。
 
 新井紀子先生は、東大入試に合格するAIを開発しようとした方です。そのプロジェクトのことを最初に知ったとき、正直私は「何て胡散臭い学者だ」「できるわけないのに」と思いました。「できるわけない」のは当たっていました。
 
 しかし、新井先生は「胡散臭い」とは真逆の方でした。真摯に、かつ熟慮してプロジェクトに取り組んでおられたのです。どういうことかは読めばわかります。
 
 世の中にはAIに関するあまたの本があります。どれも悪くはないのですが、売らんかなの「煽り」の傾向が強いです。正しく深く理解するにはこの新井先生の本が私の知る限り一番です(この本もカバーや帯は煽りに見えますが、中身はまっとうです)。AIが当たり前になる時代に漠然とした不安を抱いている人でも、安心できるとともに、自分が何をすればいいかわかってきます。
 
 新入生ガイダンスでは、元気でかつ眼球を鍛え上げた皆さんにお会いするのを楽しみにしています。
 
メディア学部 柿本正憲
 

神様が博士になった日(遠藤雅伸さん博士号取得)

2020年4月 2日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

東京工科大学はコロナウィルスの影響もあり,卒業式の式典は中止で学位記を研究室ごとに授与するだけとなってしまいましたが,そこで歴史的な出来事がありましたので報告します.

そう,「神様が博士になったのです」.

神様とは,「ゲームの神様」と称される,遠藤雅伸さん.代表作「ゼビウス」や「ドルアーガ―の塔」など,我々の世代では誰もが一度は名前を聞いたことがある作品かと思います.中でも「ゼビウス」は現在ゲーム業界でも話題になる「メタAI」と呼ばれる技術をいち早く取り入れた作品で,最新の論文でも数多く引用されています.

そんな遠藤さんと知り合ったのは,2011年のCEDEC運営委員会に参加してからです.一緒に「ペラコン」を立ち上げていく中で,産業界の中で大変な実績を残された方でありながら,探求心や向学心も併せ持っていました.私のような若者にも気さくにいろいろなお話をしてくれました.欧米のゲーム研究者が自分の作品を間違った解釈していることに立腹されている姿が特に印象的でした.それなら自分のきちんと研究者になって,当時の開発者として,きちんとした理論などを科学的に明らかにしていきたいということで,学位取得を目指されました.

すでに東京工芸大学の教授に就任されており,実務家教員としては大変高いレベルにあった遠藤さんですが,2014年から本学大学院に進学したいと申し出がありました.実はこの裏に「Dの食卓」の飯野賢治さん(故人)が少し絡むのですが,それはまた別の機会に・・・.

当初は,産業界での実績もあるので博士課程からの入学の可能性もありましたが,研究手法をきちんと学びたいということで,修士課程に入学し,その後博士課程に進学しました.

私も社会人大学院生として,修士課程,博士課程に在籍したため,そのメリットと苦労を両方身をもって体験しております.そんな大変な状況の中,着々と研究実績を生まれていきました.中でも芸術科学会で出版されたジャーナル論文は,年度の優秀論文賞を受賞しました.また,ご自身が研究するだけでなく,東京工芸大学の遠藤研究室の学生たちの研究成果も興味深いものが多く,たくさんの若い研究者,開発者に私が刺激を受けることが多くなりました.

2019endoh03_20200401121201

 

2020年3月,論文誌論文2本(うち1本は出版待ち),著書1件,国際会議査読付き2件と,十分な実績とともに東京工科大学大学院バイオ・情報メディア研究科,メディアサイエンス専攻にて「博士(工学)」を授与されました.

 

2020endoh01

2020endoh02

 

人はいくつになっても研究できることと,産業界や現場で積み上げてきた実績を後世に再現可能な形で残すという,大変素晴らしい実例を示してくれました.

私は,海外の学生や社会人大学院生を広く受け入れるようにしています.それには,私の師匠であった金子滿先生(故人)が本学の大学院立ち上げの時に,モンキーパンチさん(故人),おおすみ正秋さんらのアニメ業界の巨匠たちを受け入れ,彼らの知見を最大限に生かしながら一緒に研究してきた姿が大きく影響しています.また,3月31日で定年退職された近藤邦雄先生の世界中に友達を作る精神も大きく影響していると思います.

私の関連するテーマで現在現場で活躍の皆様,もし,大学院進学などに興味があったらぜひお声掛けください.

 

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その5)

2020年4月 1日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.
現在,日本では新型コロナウィルスの影響が様々なところに出ております.
皆様の平穏な日常が一刻も早く戻りますように,心からお祈り申し上げます.

さて本日のブログは,この新型コロナウィルスが日本で猛威を振るう以前に開催された
令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表紹介・第5弾です.

本日ご紹介するのは,「Neural Responsive Art : BCI を用いたジェネラティブアートに関する研究 [1]」です.

01_20200330083501
図.研究発表中の佐藤君


この研究では,脳からリアルタイムで得られるデータに注目し,脳波データから得られるパタメータを利用して circle や square, triangle のような図形の色や形をパタメータにより変形させ,被験者だけの「そのときの絵」を生成しました.
今後は,HMD(Head Mounted Display)を用いた VR への応用や,画像生成だけでなくインスタレーションのような空間演出への応用などを検討しています.

以下のリンク先より,令和元年度芸術科学会東北支部大会発表報告その1からその4までをご覧いただけますので,
お時間のある時にでも目を通していただけると光栄です.

●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その4)

[1] 佐藤佑哉,伊藤智也,菊池 司,”Neural Responsive Art : BCI を用いたジェネラティブアートに関する研究”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-08,2020.


文責:菊池 司

新型コロナウィルス感染の解析と可視化

2020年3月31日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

現在、感染が広まっている新型コロナウィルス(COVID-19)ですが、その状況を分析するために、たくさんの可視化が行われています。
可視化は様々な情報を視覚的に表すことができるため、文章で説明されるよりも直感的にわかりやすいという利点があります。

ワシントンポストが3月14日に公開したウィルス感染のシミュレーション例は、テレビやインターネットなどで目にした人も多いのではないでしょうか?
https://www.washingtonpost.com/graphics/2020/world/corona-simulator/
「不要不急の外出を自粛してください」といわれても、それによってどのような効果があるのかイマイチわかりにくいですが、シミュレーションを見てみると感染の広がり方の違いは一目瞭然です。

北京大学のVisualization and Visual Analytics研究室では、様々な方法で新型コロナウィルスに関するデータを可視化しています。
https://vis.ucloud365.com/ncov/home_en.html
また、ジョンズホプキンス大学では、世界中の感染者数を可視化しています。https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
いずれの可視化例も、地図上に感染者数をマッピングしたものや、グラフにして表した事例が掲載されています。
これによって、どの地域に感染者が多いのか、どのように感染者数が推移しているのかがわかります。

ジョージワシントン大学では、新型コロナウィルス感染者の肺を実際のデータをもとに可視化しています。
https://www.youtube.com/watch?v=WGZXwZli2hI
これは先の例とは異なり、患者の体内を可視化しています。

他にもたくさんの情報や可視化事例が公開されていますが、残念ながらすべての事例が必ずしも正しいとは言えません。
単純に誤ってしまったものもあれば、意図的に情報をゆがめているものもあるかもしれません。
すべてを鵜呑みにせず、情報を自分なりに解釈し、正しい情報を取捨選択する力を身に着けることがとても大事なのです。

(文責:竹島)

2019年度卒研発表会(三上・兼松研)

2020年3月30日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

そろそろ2019年度も終わり,新年度を迎えようとしています.

近頃はコロナウイルスの影響でみなさんも対応や予防で大変かと思います.東京工科大学でも卒業式をはじめ,各種イベントが中止になり,個人的にもとても残念に思っています.

4月からの新入生のみなさんも,今年は特殊なスケジュールになりますので,大学からの案内や大学webサイトの情報をよくご注意いただければ幸いです.

 

少し前の話になりますが,私が所属する三上研では2019年度卒研生の最終発表会が行われました.

今年度は3年生の創生課題(各研究室ごとで設定される課題に沿って調査などを行う,プレ卒研のようなものです)の発表会も同日に行ったこともあり,例年よりも学生同士の意見交換や交流が活発に行われていました.

これから卒業研究に取り組む3年生にとっても,先輩たちの研究の良いところも悪いところ(笑)もよく掴めて,良い刺激になったのではないかと思います.

2_20200330014201 3_20200330014201

また,本来であれば,今年度も多くの卒研生が学会で研究成果を発表する予定でした.たとえこの先研究とは無縁な道を進む学生であったとしても,様々な人の前でプレゼンを行う機会は社会人に必要なスキルとしても良い経験になりますし,大学生活の集大成として苦労してまとめたものを発表すること自体,良い思い出になったはずです.それ故に3月の学会発表などが軒並み中止になってしまったことは残念でなりません.しかし,これまでの卒研生の努力は本物ですので,ぜひこれまでの「苦労」をバネにそれぞれの道で皆さんの力を発揮していただきたいと思います.

 

さて,上にも書いたようにコロナウイルス対策でみなさん色々苦労されていると思いますが,私もコロナウイルスではないのですが,橈骨神経麻痺というものにかかってしまいました.これは上腕の神経を圧迫することが原因になるのですが,電車のポールにもたれかかって寝てしまったサラリーマンがなることも多いようです.新年度から電車通学を始める新入生の方も多いと思いますが,ご自身の健康には十分注意して,楽しい大学生活を送っていただければと思います.

(文責:兼松祥央)

«デジタルマーケティングについて その7 3月29日12時掲載