最新投稿

鉄道好きの人生(その5)「小さな旅」

2021年9月25日 (土) 投稿者: メディア社会コース

筆者の鉄道好きの絶頂期の一つは、国鉄が最後の輝きを放っていた昭和40年代であった。筆者が小学生の頃である。当時、小学生時代の中でも最も好き放題していた、中学年、3〜4年生であった。当時筆者には友人の同級生M君がいた。そのM君と土曜日の午後は毎週のように小さな旅をしていたのである。

余談であるが、M君は大変勉強ができ(しかも今でいうイケメンで、スポーツ万能、バイオリンも奏で、漫画の主人公のようである)、またお母さんは大変教育熱心な方であったので、よく筆者が遊びに迎えに行くと「今日も遊びに行くの」と言われたものである。当時の筆者には事情を斟酌する心得はなく、いつも屈託なく「はい!」と答えていた。

学校から帰宅して昼食を済ませると寸暇を惜しみ、国鉄千葉駅(現JR千葉駅)に13時前に到着し、10円の切符を片手に、改札を通った。当時の国鉄の最短区間の乗車料金は30円で、子供は10円であった。100円お小遣いをもらってくれば、往復の切符にジュース付きの小さな旅が楽しめたのである。

当時国鉄千葉駅には、東京方面とは反対側に千葉県内を4つの幹線が行き来していた。房総半島を東京湾沿いに走る房総西線(現内房線)、太平洋側を行く房総東線(現外房線)、銚子市に向かう総武本線、そして成田、鹿島神宮方面の成田線である。この4路線には急行列車が運行され、それぞれ「内房」、「外房」、「犬吠」、「水郷」の愛称であった。いずれも総武本線発祥の両国または新宿を始発駅とし、それぞれ、安房鴨川(内回り、外回り)、銚子、鹿島神宮/銚子(成田回り)を結んでいた。

われわれは入場後、構内アナウンスに耳を澄まし、到着する列車のホームに駆けつけ検分し、わずかな停車時間に乗務員と言葉を交わしながら、先頭車の出発音に旅情をかき立てられたのである。当時千葉県内では、房総半島方面は電化が進み、総武本線と成田以降の成田線/鹿島線は非電化であった。急行列車の車両形式は、「内房」、「外房」は湘南色の165系、「犬吠」、「水郷」はキハ28形であった。気動車編成には旧型のキハ55系列の26形、大出力の試作機であったキハ60形が混在することも少なくなかった。またキハ26形の中にはキロ25型グリーン車を改造した普通車もあり、これに乗車した時は少し得した気分になったものである。のちに県内で電化が進展すると、東海道本線から転出した153系も見られるようになった。

なお普通列車では、電化区間がいわゆる横須賀型の111形、旧型の72形等で、非電化では、量産型気動車の先駆けであるキハ17形、外見はよく似ているものの大型車両化したキハ25形、通勤型電車101系の気動車版であるキハ35形、近郊型のキハ45形などがあった。特にキハ35形の900番台はステンレス製で、一際目を引いた車両である。当時気動車王国と謳われた千葉県内の非電化区間の普通列車は、このような多様な車両形式の混成からなり、俗に凹凸編成と呼ばれていたのである。

われわれは、14:07発急行「犬吠」「水郷」(次の停車駅佐倉で切り離し)の発車を見届けると、その後の普通列車銚子行きに乗り込み、10円で行ける四街道駅で折り返し、ブドウ色の旧型国鉄電車72形などで千葉駅に戻った。そして、東京方面行きの三鷹/中野行き101系に乗り換え、西千葉駅で下車し、夕刻の家路に着いた。正確に言うと、10円区間の稲毛まで行き、下車せずに西千葉まで戻るのである。というのは、西千葉/稲毛間には気動車の車両基地があり、車窓から当日最後(往復2回)の車両検分を実施するためである。千葉駅を起点としてバラエティ豊かな車両検分を満喫できる小さな旅であった。

(メディア学部 榊俊吾)

2021年度学会報告2:日本地域政策学会全国研究【熊本】大会

2021年9月24日 (金) 投稿者: メディア社会コース

2021年 6 19日(土)~ 20日(日)に、2021年度第20回日本地域政策学会全国研究【熊本】大会が開催されました。オンライン開催で、当ゼミからは、片山君と、庄司君の2名が学生ポスターセッションに参加しました。通常のポスター発表と異なり、今回は、研究ポスターが当学会のホームページ上で1週間にわたり掲載され、その間、参加者からの質問/コメント等を受け付けるという形式でした。

ちなみに、学会報告では、通常、口頭とポスターの2種類があります。口頭発表は、1人づつ壇上に上がり、持ち時間の中で報告を行い、討論者や座長からの質問、コメントに回答し、さらに会場からの質疑に答えるなど、衆人環境の中で審査が行われる、非常に緊張を強いられるものです。一方で、ポスター発表は長時間(通常60~90)、入れ替わり立ち替わり来場者に説明、質疑に答えていく、討論形式です。口頭発表に比べると、自由に議論が深められ、研究の糧になるものです。理想を言えば、ゼミ生全員に、早い時期にポスター発表で鍛えて、口頭発表で仕上げてほしいと考えています。

https://ncs-gakkai.jp/convention/entry/

20210903-154010

(メディア学部 榊俊吾)

2021年度学会報告1:ビジネス科学学会全国大会

2021年9月23日 (木) 投稿者: メディア社会コース

 2021年度ビジネス科学学会全国大会は、626日(土)に開催校の中村学園大学で実施されました。当ゼミからは2名のゼミ生が参加を予定していました。直前まで現地開催を模索していましたが、開催校の外部者に対する入構制限が解除されず、結局遠隔での参加になりました。

https://businesskagaku-gakkai.org/

2名の参加学生は、当初、福岡市内現地調査も兼ねて宿泊先を確保していました。小生も当ゼミ演習講師の本田先生も現地入りを予定していました。ただ、今後の開催変更や、航空機の減便/欠航に伴うキャンセルも想定されたため、また混雑に伴う感染リスクを避けるため、乗車率の低かった新幹線を利用するつもりでした。余談ですが、筆者は、以前は新幹線をよく利用していました。確かに長時間の移動にはなりますが、出発地/目的地によっては、最低1時間前に羽田空港に向かうのに対して移動時間でも十分対抗できるからです。しかも、新幹線乗車中は、集中できる環境にあり、報告資料も車中で作成できます。福岡はまさにこのような条件を満たしています。

さて、閑話休題。今年は、樋口さんと加藤君が報告しました。当日のプログラムは以下の通りです。参加された先生方から多くのコメントをいただき、また、終了後の会員総会で学会長の片山富弘先生から絶賛されました。小生にとっては、開催校の大学院生のチョウさんと徐先生の事例研究が大変充実していたと思いました。経営系の分野では、やはり実証研究には迫力があります。当ゼミ生もぜひ充実した実証研究で成果を上げて欲しいと思います。

20210903-154545_20210912133401

(メディア学部 榊俊吾)

2021年度卒研生学会報告の見込み

2021年9月22日 (水) 投稿者: メディア社会コース

今年度の学会も、オンライン実施が中心になりそうです。当研究室では、現時点で、例年に準じて以下の参加を予定しています。今年度ゼミ生の中には地域研究を行なっている学生もいるので、現地調査も兼ねてぜひ地方学会に参加できればと考えています。

情報文化学会北海道支部研究会(北大5月→中止)

ビジネス科学学会全国大会(中村学園大626日→遠隔開催2名参加)

日本地域政策学会全国大会(熊本大会619~20日→遠隔開催2名参加)

情報コミュニケーション学会研究会(明治大学7月→遠隔開催、不参加)

情報文化学会全国大会(遠隔10月→遠隔開催3名参加予定)

社会情報学会中国四国支部会(島根大学12月→現地及び遠隔で実施、参加者調整中)

ビジネス科学学会九州支部会(中村学園大12月→現地開催予定)

社会情報学会中国四国支部会(高知大学あるいは香川大学2022.2月→未定)

さて、学会に参加するにあたって、現地と遠隔では、当然それぞれに長所短所があります。昨年の経験からは、いずれも学会報告という審査面での優劣はないように思います。現地参加では、学生にとって、やはり(初対面の)参加者を直接目の前にして相当の緊張を強いられます。一方、遠隔では直接視線を浴びない分、緊張感は少しほぐれるようです。その意味で学会という敷居は少し低く感じられるかもしれません。また、質疑の時間等も十分に確保されていれば、報告後に充実した議論が行えます。しかし、学生にとって今後の研究の糧になるのは、報告登壇時の質疑に限りません。むしろ、報告後の休憩時間、懇親会等非公式の場において色々な参加者と相対して立ち入った議論を行える点にあります。この点、現時点では現地参加に分がありそうです。今年も日頃のゼミでは得られない知見を学会で吸収してほしいと考えています。

(メディア学部 榊俊吾)

2022年度卒研生選抜

2021年9月21日 (火) 投稿者: メディア社会コース

来年度2022卒研生の募集が6月下旬に実施されました。新たに12名の学生諸君が当ゼミに参集してくれました。今年も募集にあたり、2週間ほぼ毎日遠隔で説明会を実施しました。その大半は筆者が当ゼミの歴代の実績を中心に、研究領域やゼミの運営上の特徴、雰囲気を紹介するものでしたが、今回は2回にわたって現役4年次生のゼミ風景の見学会も実施しました。

実は、昨年はできなかったこのゼミ見学こそ、当卒研の説明会でこれまで歴代にわたって実施してきたもので、その特色を隅から隅まで実感してもらえるものと自負しています。今年配属された学生諸君も現時点で入手可能な情報を最大限活用した上で、合理的な意思決定をしてくれた結果につながってくれていると思います。9月からの助走を経て、当ゼミにまた新たな研究実績を蓄積してくれるものと期待しています。来年度ゼミ生12名の研究テーマは以下の通りです。研究テーマは自らの関心に基づき自由に決める、という当研究室の伝統を引き継ぎ、多様で面白いテーマが並び、大変楽しみです。

4大税理士法人の現状と今後

韓国のエンターテイメント企業(HYBE)のビジネスモデルに関する研究

Mリーグがもたらす麻雀のイメージアップと今後の展望

コロナ禍においてスーパーの現状とこれからのマーケティング方法

自動二輪車の環境規制と現状

アマチュアサッカーの現状と今後の展望

バーチャルYouTuberについて

ゲームやアニメの時代ごとの変化

ファンの布教活動はコンテンツに対しどのような影響を与えているのか

Vtuber 業界の現状と展望

通信販売業界の発展と今後

バーチャルユーチューバーのイベント及びコラボレーションが商品の認知に及ぼす影響 の調査及び研究

(メディア学部 榊俊吾)

«2021年度卒研の紹介