最新投稿

【Vocagraphy!の使い方②】「でんわ」と聞いて、何を思い浮かべる? 複数の写真を一つのカードに入れる方法。

2022年6月25日 (土) 投稿者: メディア社会コース

皆さんは、「でんわ」という言葉を聞いて、どんな絵を思い浮かべますか?上の写真のような昔の電話がパッと頭に浮かぶ人はあまりいないですよね。今だとスマホを「でんわ」と呼びますね。少し前ならガラケーでしたね。さらにその昔は、公衆電話に長蛇の列が出来ていたものです。

では、子どもはどうやって「でんわ」という言葉を最初に覚えているのでしょうか。電話が何なのか意味を理解しているとは思えません。スマホが電話となった今の時代、大人でも説明するのが難しいですよね。

▶︎なぜ複数の写真を使うの?

聞こえる子どもであれば、親がわざわざ教えなくても「でんわ」という言葉を自然に覚えます。小さいお子さんでも、手を耳のあたりにあてて「でんわ」と発語します。「おじいちゃんとおばあちゃんから電話だよ」と四角い物体を渡されて声が聞こえてきたり、パパやママが電話をしていて「ちょっと待って、いま電話してるから」と構ってもらえなかったり、そんな体験と「でんわ」という音が結びついて、言葉を覚えているのでしょう。

音声で言葉を覚えるのが難しい子どもの場合、視覚的に覚えやすい工夫をしてあげると言葉を覚えやすくなることがあります。Vocagraphy!では、一つのカードで一つの言葉を覚えますが、複数の写真を読み込むことが可能です。お子さんが喜びそうな工夫をすることで、楽しく言葉を覚えることができます。

▶︎カードに複数の写真を入れる方法

カードの作り方は前回のブログでご紹介しましたので、そちらをご確認ください。

さて、カードを作ったら、次の2ステップで写真を追加してみましょう。

  1. 写真の上を左にスワイプする

  2. 「+」をタップして画像を追加する

簡単ですね。画像は10枚まで追加することが可能です。「でんわ」というカードに写真を4枚入れる動画をご覧ください。

動画はこちら>
https://vimeo.com/698897335

▶︎どんな使い方が出来るでしょうか。

では、どんな場面でこの機能を使えば良いのでしょうか。私の経験談をご紹介します。

(1) かわいいイラストと実際の写真で結構違う罪な動物たち

さて問題です。キツネはどれでしょうか?
全て答えてください。

画像

答えは①と③ですね。皆さんは、どんな順番で答えを導き出したでしょうか。

①はキツネっぽいな。
②はどうだろう。キツネっぽいけど、犬かな。
③は・・・・犬っぽいけど、キツネだな。
④は明らかにネコじゃん。でも、①に似てるな・・・・・。

絵を見て、これまで見た絵本や実物と照合し、記憶された動物の名前を引っ張り出してくる作業をしたのだと思います。体に染み付いた言葉は、そんな手順を意識することなく、パッと言葉が出てくるでしょう。

市販の言葉カードだと、①のように可愛らしいイラストのものもあれば、③のように本物そのものの写真やイラストもあります。どちらもキツネだと覚えてもらうには、アプリに両方の写真を入れると良いでしょう。

(2) オリジナル言葉カードの原点は「ラーメン」

娘がなかなか覚えられなかった言葉の一つに「ラーメン」がありました。市販の言葉カードに書かれているイラストには、大人が食べる本格的なラーメンが書かれており、チャーシュー、なると巻、ネギなどがトッピングされています。3歳くらいの子どもがそのようなラーメンを食べる機会はなかなかありません。

そこで、週末に私が作ったラーメン(コーン、キャベツ、タコさんウインナーなどをトッピングしたもの)を写真に撮って印刷し、言葉カードの上から貼りました。すると、ラーメンが好きな娘は、すぐに覚えることが出来ました。

この時にアプリがあったら、家で作ったラーメンの写真と、言葉カードのラーメンのイラストと、カップラーメンの写真などを入れたでしょう。今考えると、アプリで1つの言葉に複数の写真を取り込めるようにした原点は「ラーメン」だったのかもしれません。

(3) 抽象的な「上位概念」を覚える

色の名前を覚えるとします。「赤」「青」「黄」などの折り紙を写真に撮って、カードを作ると良いでしょう。でも、言葉をこれから子どもにとっては、それだけでは不十分です。これでは、折り紙の場合に使う言葉だと思ってしまうからです。

画像

「赤」であれば、「トマト」「いちご」「赤信号」「ポスト」などの写真も入れれば、なんとなく「色」という上位概念があることを認識します。「赤」「青」「黄」に対して、「色」という上位概念があることも覚えます。

「色」以外にも、例えば「かたち」というフォルダに、「まる」「さんかく」「しかく」というカードを作ります。「まる」であれば、トマト、ボール、お皿などの写真を入れます。

トマトは「赤い色」で、「形は丸」なんだな。

アプリで写真と言葉を繰り返し見ていると、このような事に気がつくでしょう。

他にも「味」「季節」「におい」など、さまざまな上位概念を知る事で、覚えた言葉同士が有機的に結びつきあい、単語を組み合わせて短い文章を作ることができるようになります。

▶︎まとめ

フォルダや複数の写真を使えば、抽象的な「上位概念」と具体的な「下位概念」を直感的に理解できます。言葉を暗記するだけではなかなか定着しないので、多面的に言葉をとらえ、日常生活で意識して使うことをオススメします。そして、なるべく子どもが喜ぶ写真を使い、楽しく言葉を覚えましょう!

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

【Vocagraphy!の使い方①】とっても簡単な、最初にやるべき5つのステップ

2022年6月24日 (金) 投稿者: メディア社会コース

Vocagraphy!はいろいろな使い方ができます。もともとは、難聴児の言葉の療育を想定して開発しましたが、聞こえる子どもたちが勉強に使っても良いですし、大人が外国語を覚える時に活用することもできます。

あなたの覚えたい言葉を写真と一緒にカードにして、毎日ながめて、クイズをして覚えたか確認します。電車やバスに乗っている時やちょっとした空き時間にVocagraphy!を使ってみましょう。

⑴覚えたいモノの写真をとる

まずは覚えたい(子どもに覚えて欲しい)モノの写真をとります。ここでは、難聴児の療育を想定して、子どもに覚えさせたいモノを例にあげます。

Vocagraphy!で写真の撮影はできませんので、スマホに予めインストールされているカメラアプリ等で撮影してください。覚えるモノを1つずつ写真にとります。撮影の際は以下の3つのポイントに気を付けてください。

  1. 覚えたいモノを1つずつ撮影する

  2. 背景はなるべく無地にする

    • 写真と言葉を直感的に結びつけるために、余計なモノが入らないように気をつけましょう。

  3. 画面の中央に覚えたいモノが写るようにする

撮った写真をそのまま使えるのが一番効率が良いのですが、必要に応じて明るさを調整したり、トリミングして大きさを変更したりしてください。

⑵フォルダを作成する

では、いよいよVocagraphy!を立ち上げましょう。

  1. 左下のカードの形をしたボタンが青くなっていることを確認します。

    • 青くなっていない場合はタップしてください。

  2. 左から2番目の「+」ボタンをタップします。

  3. 「新規フォルダ」を選択します。

  4. フォルダ名を入力し、「完了」をタップします。

これで、フォルダが出来ました。作ったフォルダを1回タップして、フォルダの中に入ります。動画でも手順をチェックしてみましょう。

動画はこちら>
https://vimeo.com/697221333

⑶カードを作成する

では、覚えたい言葉のカードを作っていきましょう。

  1. 左から2番目の「+」ボタンをタップします。

  2. 「新規カード」を選択します。

  3. カード名(覚えたい言葉)を入力し、「完了」をタップします。

    • 空欄のまま「完了」をタップすると、「カード」という名前のカードが作成されます。名前は後で変更することが可能です。

  4. 上部のカメラマークをタップします。

  5. 使いたい写真を選択します。

これでカードが出来上がりました。

この作業を繰り返して、覚えたいカードを全て作りましょう。

動画はこちら
https://vimeo.com/697221312

⑷カードを見て言葉を覚える

Vocagraphy!は、いつでも、どこでも、楽しく言葉を覚えるために開発されました。必ずしも机に向かって、えんぴつを持って、紙に書いて覚える必要はありません。特に小さいお子さんは長い時間集中力を保つことは難しいでしょう。しかし、アプリなら子どもは喜んで操作します。クイズをやるとなれば、さらにモチベーションはアップします。

電車やバスの中で、カードを次から次への見るだけでも構いません。子どもが言葉を覚えるのに必要なのは「言葉のシャワーを浴びさせること」だと言われています。聞こえなかったり、聞こえにくかったりするのであれば、目から「言葉のシャワー」を浴びさせれば良いのです。写真と言葉の組み合わせで、目から言葉のシャワーを浴びせましょう。

動画はこちら>
https://vimeo.com/697225810

メモに書いた言葉は、日常的に使いましょう。今回の例で言えば「かみ」という名詞や、「きる」という動詞、そして「を」という助詞はまだ理解していないかもしれません。しかし、聞こえる子どもたちは、意味が分からなくても繰り返し聞いたり、発話したりすることにより、自然にそれらを覚えていき、そして意味もなんとなく理解します。

難聴の場合は、「紙を切る」ような場面になったら、文字を見せたり、指文字を使って、これらの言葉と体験を結びつけると良いでしょう。そして、隙間時間にアプリでまた「見る」ことにより、言葉を定着させることにつながります。あなただけのオリジナル教材カードを作りましょう。

⑸クイズをする

カードを作って言葉を覚えたら、クイズをして確認をしましょう。

  1. 一番右の「Q」ボタンをタップします。

  2. クイズをしたいカードを選択します。

  3. 答えを声に出したり、紙に書いたりして、回答します。

  4. 「?」をタップして答えを確認します。

  5. 下部中央の「評価ボタン」で「正解!」「おしい!」「また頑張ろう!」のマークを選択します。

  6. 「>」ボタンをタプして、次のクイズに答えます。

以上の作業を繰り返して、楽しく言葉を覚えましょう。

動画はこちら>
https://vimeo.com/697263822

▶︎まとめ

これらの5つのステップを覚えて頂ければ、Vocagraphy!を使って楽しく言葉を覚える毎日が始まります。工夫次第であなただけのオリジナル言葉カードを、いつでも、どこへでも、持ち運ぶことができます。

いろいろな体験と言葉をつなげるためにも、買い物に行った時、公園に遊びに行った時、旅行に行った時など、さまざまな場所で写真を撮っておきましょう。

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

【多様性について考える④】当事者が1歩踏み出す勇気が多様性を生み出す

2022年6月23日 (木) 投稿者: メディア社会コース

当事者が1歩踏み出す勇気が多様性を生み出す

バークレーのスロープにしても、娘が地域の小学校に通っていることにしても、当時者が1歩前に踏み出したことにより、それ以外の人が「課題」に気づき、それに対する「行動」に繋がっていることが分かります。もし、1歩踏み出す勇気がなければ、それらの「課題」を多くの人が知る機会が失われていたでしょう。

「課題」に気づくことはとても重要です。例えば、学校の教室にゴミが落ちていたとします。それを拾うか、知らないふりをするかで、学校が清潔に保たれるかどうかが決まるでしょう。学校がゴミだらけになれば、外から来た人は「汚い学校だな」と感じるでしょうし、ゴミがなければ「キレイな学校だな」という印象が残るでしょう。学校全体の印象が、たった一人の気づきで決まるかもしれません。

私は難聴の娘を育てている中で、言葉を覚えることに困難を感じました。日常生活で覚えて欲しいものがあっても、なかなか覚えてくれません。そこで、思い切ってアプリの開発を思い立ったのでした。

Vocagraphy_omote

通常は紙の言葉カードを使ったり、ドリルを見ながらノートに書いたりして言葉を覚えます。もちろん、そのような従来の学習方法は重要ですが、子どもの集中力は長くは続きませんし、いつでもどこでも学習できるわけではありません。しかし、スマホアプリにすることで、子どもは自ら進んで操作をしますし、移動中やちょっとした隙間時間に使えるので、学習する時間が必然的に増えます。

子どもが言語を上達させるには、言葉のシャワーを浴びせることが大切だと言われています。つまり重要なのは従来の学習方法にこだわる事ではなく、子どもが言葉と触れ合う時間を増やすことです。音声で言葉を聞き取れないなら、視覚的な情報を増やして学習すれば良いと考えました。

アプリをリリースすると、難聴児だけではなく、発達障害を持つ保護者の方や大人の方でも失語症でリハビリをしている方などが、このアプリを必要としていることが分かりました。さらに、障害のない人々も、外国語を覚えたり、専門用語を覚えたりするのにも使えることが分かってきました。

私はこのアプリがカーブカットにおける「コンクリートの塊」となり、多くの方々の助けになることを望んでいます。そして、誰もが辛い思いをすることなく、どんな人も言葉を楽しく学べるような社会にしたいと思います。

詳しくはホームページをご覧ください。

Vocagraphy!

 

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

【多様性について考える③】情報の可視化が多様性を生む

2022年6月22日 (水) 投稿者: メディア社会コース

情報の可視化が多様性を生む

娘の学校では情報をなるべく可視化するようにお願いしていますが、それらの配慮は難聴児だけのためでしょうか。最近では多様な発達障害のお子さんもいらっしゃいますし、障害がなくても情報を可視化してもらうと理解が進みます。

音声言語はとても曖昧な情報です。例えば、「かんき」と聞くと、今のご時世では「換気」を思い浮かべるかもしれませんが、「歓喜」「寒気」などもあります。大人になれば前後の文脈から自然と意味を推測しますが、言語が発達途中の子どもや聞こえにくい難聴児は、その1つの単語が分からなくなることで、言っていること全てが理解できなくなることもあります。

本学で私が担当する音楽産業入門では、150人ほどが受講しています。その授業でスマホアプリを使ってリアルタイムに字幕をつける実験をしてみました。難聴の学生は一人もいません。学生に字幕があった方が良いかアンケートをとったところ、8割以上の学生が「字幕があった方が授業をより理解できる」と回答しました。音声で聞いている内容がより明確になることや、聞き逃したところを見返すことができるメリットがあるようです。

001_20220613214801

「情報の可視化」は、カーブカットにおける「コンクリートの塊」と同じように、多くの人を助ける鍵になるのかもしれません。すでにスマホアプリで話している言葉を簡単にテキスト化できる時代になりましたし、それを多言語に翻訳することも可能です。聴覚障害の有無だけでなく、言語の壁さえも超えてコミュニケーションを可能にするツールとなるでしょう。

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

【多様性について考える②】聞こえる子どもたちと一緒に学ぶことを選択した娘のケース

2022年6月21日 (火) 投稿者: メディア社会コース

聞こえる子どもたちと一緒に学ぶことを選択した娘のケース

私の娘は難聴で、両耳に人工内耳をつけて聞こえるようになり、地域の小学校に通っています。このように障害児とそうでない子どもたちを一緒に教育することをインクルーシブ教育といいます。

生まれてくる子どもの1000人に1人が先天性難聴児とされています。娘が通う学校はこの地域では児童数が多い方なので1学年に150名ほどいます。同じ規模の学校7校の中に難聴児は1人しかいない計算になります。そのため、聞こえる子どもたちが難聴のある子どもに出会う確率はとても低いことになります。

障害がある子どもは適切な教育を受けるために、入学前に地域の教育委員会に就学相談を申し込む必要があります。難聴児の場合、特別支援学校のいわゆる"ろう学校"、地域の小学校に特別支援学級があればその学級、ない場合は近隣の学校に設置されている特別支援教室に通うという選択肢があります。ちなみに、我が家から一番近いろう学校はバスと電車を乗り継いで45分くらいのところにあります。同じ学年の児童数は2、3名です。丁寧な教育を受けるにはとても良い環境ですが、多様な子どもたちがいることを知るためには、もう少し人数の多い学校に行かせたいという気持ちがありました。

我が家の場合、長女と一緒に学校に通わせたかったのが第1の理由ですが、社会に出た後のことをイメージすると、聞こえる子どもたちと一緒に過ごして欲しいと考え地域の小学校に通うことにしました。娘は人工内耳が有効なタイプの難聴で音が良く聞こえているので、このような選択が出来たのでしょう。とはいえ、難聴であることには変わりませんので、聞こえにくい場面がありますから、学校ではいろいろな配慮をお願いしています。

また娘は週に1回、別の小学校に設置されている「聞こえの教室」に通っています。そこでは、発音の練習、言葉の勉強、音声言語でのやりとりなど、難聴児が苦手なことを個別指導してもらいます。詳しくは先日取材して頂いた「手話を知ろう! (知ろう!あそぼう!楽しもう!はじめての手話①)」で4ページ使って紹介されていますので、学校の図書室などで探してみて下さい。

通常の授業では、席を前から2番目にしてもらったり、なるべく黒板に文字を書いてもらったり、ディスプレイを使って視覚情報を使ってもらったりといった情報保障をお願いしています。複数の人が同時に話していると、いくら人工内耳をしていても聞き取りにくくなります。そのため、発言は一人ずつしてもらうように先生を通じてクラスの子どもたちにも伝えています。

娘も聞こえにくいながらに頑張っており、それを受け取ったのか周りの子どもたちはとても理解を示してくれています。聞こえやすいようにゆっくり話してくれたり、発言を繰り返してくれたり、子どもたちは自然と難聴について学んでくれています。

娘が聞こえる社会に飛び込んだことで、化学反応のように多様性のある環境が生まれているのを肌で感じています。一番仲の良い友だちは娘が教えた指文字を覚えてくれたので、先生の言葉が通じなかった時は指文字を使って通訳してくれることもあるそうです。友だちは毎年増え続け、とても楽しく学校に通っていますから、私たちの選択は間違っていなかったのだと確信しています。

一人がほんの少し勇気を持って一歩前に出ることで、波紋のようにその輪が広がっていくのですね。

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

«【多様性について考える①】カーブカット効果から学ぶ