最新投稿

用語発明の重要性(続き)

2024年5月27日 (月) 投稿者: メディア技術コース

 2024年の正月は元旦に能登半島地震が起き、正月2日には羽田空港で航空機同士の衝突事故が起きました。
 
 直接の原因は海上保安庁の航空機が管制の許可が出ないうちに滑走路に進入したことです。そのため着陸してきた日航機と衝突しました。海保機が滑走路に進入した理由はその後のボイスレコーダー解析などで究明が進められ、対策も関係各方面で行われています。
 
 本稿は、この事故について報道を読むうちに、運航規則で使われる用語について私が持った違和感を述べるものです。当初はこの違和感が1月2日の事故の原因の一つではとも考えましたが、よく調べると関連は薄いと思い至りました。そもそも機長と管制官の交信は英語だし、訓練されたパイロットであれば用語の意味を誤解することは考えにくいです。しかしながら、重要な用語に違和感があることには変わりありません。ここでは、概念に名前を付けるという一般的な知的作業にまつわる一事例として考察してみます。
 
 私が違和感を持った用語は「滑走路停止位置」です。これは"滑走路の中にある停止位置"だという誤解を招く可能性があるのでは、という疑問です。
 
 国土交通省による航空保安業務処理規程によれば「滑走路停止位置(Runway-holding point)」は以下のように定義されています。
 
 『航空機又は車両が滑走路手前で停止及び待機する場所であって、当該滑走路に接続する誘導路上における位置。』
 
 滑走路「手前で」停止する場所であるにもかかわらず、「手前」が省略された用語になっています。初めて聞けば滑走路の中にある場所と誤解してもおかしくはないです。頻繁に声に出し安全にとって決定的に重要な用語が、第一印象として反対の意味を与える可能性を持つのは筋が悪いと言わざるを得ません。
 
 もちろん徹底的な訓練を受けた人たちは「滑走路停止位置」と聞けば反射的に滑走路手前であると認識することは疑いないことです。しかし、何らかの状況で集中が途切れているときに「滑走路停止位置」に対して、初めて聞く一般人と同じ誤解をして運航してしまう可能性はゼロとは言えません。交信は英語でも、runway-holding pointと聞いて日本語の用語を想起して誤解することも、集中が途切れた状態であれば考えられます。
 
 そのようなことを考慮すれば「滑走路停止位置」ではなく「滑走路進入停止位置」あるいは「滑走路手前停止位置」の方がよいかもしれません。用語が長くなるデメリットはあります。頻繁に使う用語であることを考えるとこのデメリットは大きいでしょう。それにも増して誤解を招く余地を皆無にすることを優先するのであれば、「進入」や「手前」という単語を挿入することは検討に値すると思います。
 
 前回のブログでは概念に付ける良い名前の条件として
 
(1) 短い
(2) 対象物の特徴を具体的に表す
(3) そもそも何の一種なのかの前提を示している
(4) 対象物の利点ができればわかる
(5) 検索しても出てこない
(6) 誤解を生じさせない
 
を挙げました。今回注目した「滑走路停止位置」は、上記(2)については「滑走路」「停止」という明確な単語が盛り込まれています。そして(3)については「位置」という単語で終えておりこれも明確です。(1)の短いというのは7文字なのでやや当てはまらないかもしれません。ただ(2)(3)の利点が大きいなかでは短く収めています。(4)(5)に関しては航空保安業務のマニュアルで使う用語であれば考慮の必要性が小さい条件です。
 
 問題は(6)の誤解を生じさせないという条件です。用語利用者は訓練を受けた専門家なので定義を明確にして繰り返し教育すれば誤解は生じない、という趣旨でしょう。しかし、言葉は常に理詰めで解釈されるという前提は危険な場合があることも事実です。もし上記で私が提案したように「進入」あるいは「手前」を挿入すれば(6)の条件もクリアします。ただし(1)の条件を棄損するため、検討時には(1)と(6)のトレードオフをよく考える必要があります。
 
メディア学部 柿本正憲

参考記事:
用語発明術(2024年2月24日)
用語発明術の重要性(2024年2月25日)

デジタル時代のコミュニティ-3

2024年5月17日 (金) 投稿者: メディア社会コース

メディア社会コースの進藤です。

今週はデジタル時代のコミュニティについてお話をしていきます。

今回はその3回目です。

今回は,コンテンツファンのコミュニティについて述べます。

コンテンツビジネスを定義するならば,「人間の創作活動の成果,芸術作品として著作者が創作した著作物(たとえば,マンガの原稿,映像,ソフトウェア等)を核に,コンテンツ(たとえば,書籍としてのコミックス,映画,ソトウェア製品等),すなわち製品をコンテンツホルダ(出版社,映画会社など)がつくり,その製品を著作権法上の権利をもとに,戦略的に,様々な形態に変容させ,かつ,物語を拡張させて,多様なメディアに流通させること」ということができると思われます(進藤,2009)。インターネットやソーシャルメディアの発展により,コンテンツファンは受動的で孤立した存在ではなく,能動的で繋がりを持つ人々になりました。そして生活者のコンテンツに対する強い感情的愛着をうながし,そのことによって,さらに売上を増やす方向に考え方が重要になっています(ジェンキンズ,2021)。

<引用・参考文献>

進藤美希(2009)『インターネットマーケティング』白桃書房

ヘンリー・ジェンキンズ,渡部宏樹・北村紗衣・阿部康人訳 (2021)『コンヴァージェンス・カルチャー ファンとメディアがつくる参加型文化』晶文社

デジタル時代のコミュニティ-2

2024年5月15日 (水) 投稿者: メディア社会コース

メディア社会コースの進藤です。

今週はデジタル時代のコミュニティについてお話をしていきます。

今回はその2回目です。

今回はプロシューマーのコミュニティについて見ていきましょう。プロシューマー(prosumer)とはproducerとconsumerからなる造語で,生産と消費とを一体化し, 消費するだけでなく創造をも行う生活者のことを意味します(トフラー,1982)。

このプロシューマーのコミュニティの代表例として,フリー/オープンソースソフトウェアのコミュニティがあります。フリー/オープンソースソフトウェアは現代社会の重要なシステムに広く採用されているソフトウェアです。フリー/オープンソースソフトウェアは,企業のなかから生まれたものではありません。個人が生み出したものであり, ハッカーによる自発的な開発活動が,コミュニティを舞台にして行われています(井田・進藤,2006)。

<引用・参考文献>

アルビン・トフラー, 徳岡孝夫訳(1982)『第三の波』中央公論新社

井田昌之,進藤美希(2006)『オープンソースがなぜビジネスになるのか』毎日コミュニケーションズ

デジタル時代のコミュニティ-1

2024年5月13日 (月) 投稿者: メディア社会コース

メディア社会コースの進藤です。

今週はデジタル時代のコミュニティについてお話をしていきます。

今回はその1回目です。

コミュニティの形や役割は時代と共に変わってきました。20世紀半ばまでのコミュニティは,地理的に近くにいる人々と共に,食料の生産・獲得活動などを行うために形成するものでした。近くの地域の人々とコミュニティを形成していたのは,個人が自由に使えるメディアが未発達であったために,遠隔地にいる人々と連絡を取り合うことが難しかったためです。

しかし,インターネットの登場は,この状況を大きく変えました。インターネットほど,個人を一対一のみならず一対多,多対多でリアルタイムにつなぎ,多くの人が参加するコミュニティを円滑に運営可能にするメディアはありませんでした。インターネットは,コミュニティから場所の制約や古いしがらみをとりはらい,グローバルな広がりを与えました。

IVEC2024 榎本の発表

2024年5月10日 (金) 投稿者: メディア技術コース

さて、いよいよ発表のお時間となりました。

 

タイトルは、

Chronological Changes in the Form of Festival Preparation Works and their Influence on the Local Community Bonds

(祭りの準備作業の変遷が地域コミュニティの絆に及ぼす影響)

共著者は千葉大学の伝康晴先生です。

4_20240512162701

お祭りの作業の簡略化が、コミュニティの結束も揺るがすのではないか?というお話です。

 

5_20240512162901

11年間撮りためた膨大なデータを使って分析しますよ。

9_20240512163001 10_20240512163001 11_20240512163101

12_20240512163101 13_20240512163101 14_2024051216310115_20240512163101

16_2024051216310117_20240512163201 15_20240512163101

18_20240512163201 19_20240512163201

  • 時間と労力のかかる作業
  • 辛くてしんどい作業

→ 「率先して自分が動く・手を抜かない・文句を言わない・おっさ(後輩)を慮る」ことをおっさ(後輩)が教わる

→ その後の生活でも、この気質が残る

 「祭りを終えて一人前の男」互いを思いやる心

→ 辛い裏方作業をこなした後に、祭りの爆発的な楽しさがある

ところが、

⇨ 作業の簡略化

⇨コミュニティ成員たちの絆や一人一人の心持ちを変えていくかもしれない

 

というお話でした。

 

質問1(司会者の方)「virtual miseumを作ると原稿には書いてあるが、それは具体的にはどういうものか?」

答え:11年間のビデオをたとえば自動で3DCG化して展示する、祭りの準備作業の等身大のCGの中に見をおけば、当時の激しさや辛さや人々の気持ちを追体験できる。特に野沢はスキー観光が盛んで、オーストラリア人や中国人や韓国人など海外からの来訪者も多い。そういった人々が祭りの雰囲気を追体験できるようになる。また、いつか祭りが廃れてしまっても、この時代の人々はこうやって生きていたのだという歴史的資料になる。

質問2(大淵先生) 「コミュニティの絆が変化したことをどうやって証拠立てるのか?」

大淵先生の学生さんが同じ部屋で発表していたので、大淵先生にも聞いていただけました。

答え:単に準備作業を撮影しているだけでは精神的な変化を追うのは難しいが、インタビューも併用することで随時内面の状態をモニターする。また、祭りの最後に感動して泣いている人が何人いたかなど数えることでも具体的な証拠になるのではないか。

 

お二方ともとても的を得た質問をしてくださったので、学会全体から見ればアウェイ感のあったこの発表ですが、なんとか収まりがつきました。ご質問いただいたお二人に感謝です。

«IEVC2024 会場 Electrical Engineering Bldg.