最新投稿

招待講義 風とつばさ 水谷衣里氏「ソーシャルビジネスについて」

2018年11月16日 (金) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、社会メディアコースの飯沼瑞穂です。

社会メディアコースでは3年生後期の専門科目に、ソーシャルアントレプレナーシップという授業が開講されています。ソーシャルアントレプレナーシップとは社会起業家精神を指します。
多くの社会起業家達は、起業という形で社会課題を解決しさらには、社会の仕組みを変えることを目標にしています。この授業では、ソーシャルビジネスなどについて学びます。ソーシャルビジネスとは、利益を追求することよりも社会課題の解決を優先するビジネスのことを
差します。多くの課題が社会には存在しますが、NPOなどの非営利団体が直面する問題は、資金不足や寄付に活動の存続が依存していることがあげられます。その点、ソーシャルビジネスは、持続可能な形で活動を収益性を上げながら行うことができるという利点があります。
Img_2674_2_7
水谷衣里 講師
今回この授業に、株式会社風のつばさの代表取締役を務めている水谷衣里氏をお招きして講義を行っていただきました。水谷さんは以前東京工科大学で講師として教えていた経験もある方です。 今回はソーシャルビジネスとは何か、成功事例や、ソーシャルビジネスを成功させるためには何が必要なのか、など話していただきました。ソーシャルビジネスの成功事例として聴覚に障がいをもつろう者のための遠隔手話ビジネス、シュアールShuR、などの紹介をしていただきました。ShuRはITを使った手話の通訳のサービスを提供しています。水谷氏がビジネス立ち上げ期から関わっていらした事例の紹介でした。学生同士のディスカションを中心とした活発な講義となりました。ソーシャルビジネスの成功例などに興味のある方は、是非、以下のサイトを見てみてください。
                                        文責:飯沼瑞穂

メディア学部・研究紹介動画撮影レポート

2018年11月15日 (木) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部新任の森川です。

みなさんは東京工科大学公式ウェブサイトの、メディア学部ページ内にある、研究紹介動画をご覧になったことがありますか?

現在公開中の動画はこちら

先日、ここに公開する新たな動画の撮影を行いました。

今回メインで登場するのは、本学が採用している学士修士一貫プログラムでこの秋から大学院生となった優秀な学生たち。

彼らの研究の概要を、カメラの前で、時に画像や動画を使いながら説明してもらいました。

研究テーマは、ゲーム関連から健康関連、広告や農業に関することまでさまざま。

 

最初は「緊張する~」と言っていた学生たちですが、不思議なことに、カメラの前ではそんなことおくびにも出さず、はきはきと滑舌良く研究の話をする姿が印象的でした。

私にも経験がありますが、研究に自信があればあるほど、また、研究が好きであればあるほど、研究の話になると饒舌になってしまうんですよね。

学生たちの生き生きと語る様子を見て、研究は楽しい、と思ってくれる学生が、これからひとりでも増えるといいな、と思いました。

今回の動画を見て、彼らのような研究がしたい、研究って楽しそう!と思った高校生の皆さん、是非我が東京工科大学の門を叩いてください。

さらに、研究の道に興味を持った、という在校生の皆さんは、大学院進学や学士終始一貫プログラムへの挑戦を考えてみてはどうですか?



Img_7989


 

Img_7997


 

Img_8002


 

Img_8006

 

 

(メディア学部 森川美幸)

逆引き辞典全面協力SDGs高校生のWeb記事に紹介されました

2018年11月14日 (水) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア社会コースの飯沼瑞穂です。

SDGs関連の活動と研究が紹介されました。 以下がその、紹介記事です。
Sdglogoja
SDGsとは国連が2015年に採択した持続可能な開発目標ですが、社会メディアコースでは、開発目標に関連する題材を取り扱ってきました。特に、メディアやコンテンツを活用した   社会課題の解決に関する研究が今後必要となってきます。課題に関する認知度を上げたり、課題解決に必要な人材育成に役立てたり、課題解決そのものの技術を支えたりと、さまざまな方法がありえるでしょう。特に、教育の場面ではメディア活用は重要性を増しています。例えば遠隔授業の実践や、ITリテラシーの向上など教育面でICT(Information Communication Technology) はとても重要です。教育格差の問題にもITリテラシーの課題は関連しています。社会メディアコースでは持続可能な開発に向けた研究を行っています。
文責:飯沼瑞穂

ソーシャルビジネスに関するノルウェーで開催された国際学会に参加

2018年11月13日 (火) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、社会メディアコースの飯沼瑞穂です。
先月、ノルウェー、オスロの国際学会で発表をしてきました。
ICSR  という学会でBI Norwegian School というビジネススクールで行われました。
BINorweigian Schoolはオスロ―の近郊にある大学で、ノルウェーでは最大のビジネススクールでヨーロッパでは2番目に大きい経営大学だそうです。 
近年、世界で企業の社会的責任の重要性が増していますが、国連のSDGsの採択も後押しする形となり、グローバル企業は率先してCSR(Cooperate Social Responsibility)活動を行うようになりました。国際学会では、グローバル企業のCSR活動に関する近年の動向や、ソーシャルビジネスに関する研究の発表が行われました。特に、企業による新しい価値の創造や、社会との共通の価値観をだれがどのように構築していくのか、など価値創造に焦点を当てた学会となりました。
今回、私が発表した内容はソーシャルデザインと日本における、ソーシャルビジネスについてですが、日本からの発表は私だけだったため日本の企業のCSRやソーシャルビジネスに関する質問が多かったです。
Img_6120_3
 
オスロ―は、ノーベル平和賞の授与式が毎年行われることでも有名です。オスロ―の海に面した美しい港に、ノーベル平和賞センターがあります。学会の合間を見て、こちらの資料館にも足を運びました。今年のノーベル平和賞は、性暴力と戦う2人の活動家が授与しました。一人はイラクのテロ組織ISISによる性暴力の被害者でもあるナディア・ムラド氏、もう1人はコンゴで被害者女性の治療と支援を取り組む医師デ二・ムクウェゲ氏です。
私が滞在していたちょうど1週間前に授与の発表があったため、ノーベル平和センターでも
2人についた資料が配られていました。今年は#Me Too運動もあったことが授与に影響を与えたようです。
Fullsizerender_1_3
ノルウェー人の学会主催者の方が市内を案内してくださいました。オスロ―市内は、静かで穏やかな空気が流れており、市民が楽しめるオペラ劇場や美術館、カフェやショップ、小さな公園と王宮がそろっています。彼女が、”ノルウェーの地下鉄は市内へと人を移動させるために出来ていないのです。美しい自然がオスロ―を囲んでいますので、週末には市民が地下鉄に乗って気軽にスキーにいったりハイキングを楽しめるように、市内から郊外へと人を移動するために地下鉄はデザインされています”と言っていたのが印象的でした。数日間の滞在ですが、SDGsランキングNo1の国らしい発想だと思いました。
Img_2653_2
オスロ―港
文責:飯沼瑞穂

NICOGRAPH2018で、演技の声のリアリティについて発表しました

2018年11月12日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

以前の記事に続き、NICOGRAPH2018での当研究室からの発表を紹介します。今回の発表は、伊東彩織さんの「音声からの疲労度検出に用いるデータ収集方式の比較検討」です。前の記事で紹介した二人と同じく、伊東さんも「先端メディア学/先端メディアゼミナール」の受講生でした。2年前期に始めたテーマを、1年半かけてじっくり仕上げたのも同様です。

Nico3

このテーマでは、最初に「疲れた人の声ってどんなふうに変わるんだろう?」と興味を持ち、3コマ270分連続で行う演習の教室に行って、演習開始前(疲れてない)と演習終了後(疲れてる)に大勢の学生の声を録音させてもらいました。その声の分析を進めていくうちに、もっと多くのデータを使って分析してみようということになり、今度は研究室のメンバーで「疲れた感じの声を演技で出してみて、それを録音しよう」ということを行いました。

ところが、この2種類のデータを分析してみたところ、どうも辻褄が合いません。演習前後の声の自動分類ができるモデルを作っても、演技の「普通の声」と「疲れた声」はちっとも分類できないのです。逆も同様です。このことから、「疲れたように演技した声は、本当に疲れたときの声を必ずしも再現しているとは言えない。研究に際しては注意が必要である」という結論を定量的に導き出したのです。

音声から話者の心理状態を推定しようという研究は、いま学会で非常に盛んに行われています。しかし、演技音声を何も疑わずに使っている研究例も多く、そんな中で一石を投じることができる発表だったのではないかと思います。音声研究に限らず、データの正当性を疑うというのは、非常に重要なことですね。

«NICOGRAPH2018で、足音の分析について発表しました