最新投稿

[シリーズ難聴-4]メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」スタート

2019年11月18日 (月) 投稿者: メディア社会コース

本日より7回にわたり「シリーズ難聴」を連載します。メディア学部設立以来初めてとなる聴覚障害支援に特化した演習が10月から始まりました。工学系の大学で聴覚障害と関連した演習を行う例はあまりありません。しかし、メディア技術が導入しやすい時代になったからこそ、専門を超えて新しいアイディアを生み出すことが大切だと考えています。医学と情報工学は分野が離れているだけに、その接点を探るのはなかなか難しいものです。しかし、医学というのは自分の体に関係するもの、情報工学もスマホなどを通じて日常的に触れているものです。それらの接点が自分にあると考えれば、様々な可能性が見えてくるでしょう。

ブログ「[シリーズ難聴-2]情報工学系のメディア学部で聴覚障害支援の演習をやる意義。」でも述べたように、この演習ではまず聴覚障害への理解を深めることから始めます。耳栓をして聞こえにくい状況を体感したり、手話や指文字を使って聴覚に頼らないコミュニケーションを体験したり、補聴器や人工内耳についてインターネット調査を行ったりします。その後、音声をリアルタイムにテキスト化するアプリや、音声を振動に変換して伝えるデバイスなど、現存する聴覚障害支援ツールを実際に使ってみます。最後に、聴覚障害支援に相応しく新しいアイディアを提案します。

今回は、初回に行ったフィールドワーク「聞こえにくい状況の体験」についてお伝えします。

Fig1001

図:「フィールドワーク」の授業資料

図のように、研究室(①)で耳栓をしてスタートし、キャンパス全体を歩いてまわります。耳栓をすると、早速エアコンの音や(あえて流していた)音楽の音が小さくなり、ほとんど聞こえなくなります。次に廊下に出て歩いてみます。耳栓を外すと足音が聞こえますが、耳栓をするとほとんど聞こえません。

耳栓をしてエレベータ(②)を待っていると、いきなりドアが開きます。機械音がほとんど聞こえないからです。エレベータの中のアナウンスは意外と聞こえました。声の周波数は人間にとって聞こえやすい音域のため、耳栓をしても聞こえるのですね。その後、建物の中から外に行くと(③)何か違和感があります。普段は環境音によって屋内と屋外の雰囲気を感じ取っているのが、耳栓をしているとその違いを感じないのです。

その後、いつものキャンパスを歩いていると(④)、中には友達とすれ違う人もいます。しかし、相手が何を言っているのか分かりません。後ろから声をかけられても分からないでしょう。コンビニや食堂(⑤)を通り抜けたところに庭園(⑥)があります。耳栓をとってみると、鳥のさえずりや虫の鳴き声が聞こえます。遠くでは芝刈り機のような大きな音も聞こえます。聞こえないくい状況では、これらの音もほとんど聞こえません。

最後に片柳研究所のロビー(⑦)に行きました。そこは2階までが吹き抜けになった教会のような空間で、普段なら音が響き渡るのが分かります。耳栓をしていると、天井の高さや硬い材質で出来ているロビーの雰囲気を感じとることが難しいことが分かります。

終了後のレポートでは、「普段いかに音による情報に頼っているかが分かった」「聞こえないと不自由を感じることを初めて実感した」といったようなコメントが見受けられました。

さて、次回のブログでは、聴覚障害者のコミュニケーション手段の一つである「指文字」の演習についてお伝えします。

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

NICOGRAPH発表報告: 好きな言葉でシンセサイザーの音を作る

2019年11月17日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

先日開催されたNICOGRAPHは、私の研究室で毎年多くの発表を行っている学会のひとつです。今年も、大学院生と学部生で合計5件の発表を行いましたので、このブログで何回かに分けて紹介させていただこうと思います。

Meinicke

1件目は、大学院生のマイニッケさんによる「自然言語で操作するシンセサイザーのための音色データベース分析」という発表です。シンセサイザーで音を作るときは、多数のつまみやスイッチを調整してパラメーターの値を決める必要があるのですが、慣れていない人には難しいものです。そこで、なんとなく思いついた単語を入力すれば、それがどんな単語であっても、その印象に一番近い音を見つけてくれるようなシンセサイザーを作りました。

マイニッケさんは、この研究で学部の卒業論文を書き、3月には学会発表もしています。4月からは大学院生として研究を続け、入力単語の分析のための自然言語処理や、シンセサイザーの中に用意するデータベースなどについて、様々な改良を加え、今回の発表に至りました。今回は発表に加えて実機でのデモもあり、完成度の高さをアピールできる機会になったのではないかと思います。

セブ島日誌2

2019年11月16日 (土) 投稿者: メディア技術コース

2019.10.24 19:00

 

市内観光も済ませ,日暮れが近づいてきました.

みんな,飛行機の機内食(11:00頃)を食べて以来何も食べていないのでお腹がペコペコです.

 

夕食はやはりフィリピン料理が食べたいところです.

 

ガイドブックに「レチョン」というのがフィリピンの伝統料理であると書いてあります.同行の先生がwebで調べた所,`House of  Lechon’というレストランが有名だそうです.レチョンが何かも分かりませんが行ってみることにします.

 

サン・ペドロ要塞で「Grab」アプリを使ってタクシーを呼びますが,中々来てくれません.途中,流しのタクシーが2台来て「乗るか?」というのを断っています.我々は5人です.グラブには6人乗りの車を依頼しました.ところが,”We are busy. Sorry.”的なメッセージが表示され,来てくれないことが分かります.こんなことなら流しのタクシーを捕まえておくのでした...

 

車通りに出てタクシーを止めようとしますが,どれも乗客が既に乗っているタクシーです.まだ,さっきのサント・ニーニョ教会まで戻った方が観光客がたくさんいたので,タクシーもいるのではないかと戻ります.しかし,なかなか空のタクシーが来ません.来しなに降ろしてもらったマゼラン・クロス前の道路に出ます.何組かタクシーを拾おうとしている人たちがいますが,捕まえられずにいるようです.もう一度,Grabでタクシーを呼ぶことにします.ただ,どこに来てもらうか場所の候補が出るのですが,どれがどこなのかよく分かりません.もたもたしているうちに,タクシーが走っていたのでとりあえず手を上げてみました.すると,なんと止まってくれました.

 

しかし,どうみても普通の5人乗りのセダンです.2人が後に残り,先に3人でレストランへ向かってもらうことにします.しかし,その止まったタクシーの運転手が「5人乗れる」というのです.むりやり後部座席に4人乗り込みます.いざ,`House of  Lechon’へ.

 

`House of  Lechon’は有名店だけあってセブ島に5件あります.そのうちの本店であるホテル近くのお店を指定したつもりでした.観光には来ていなかったのですが,知り合いの博士課程の学生がそのお店で落ち合う予定になっています.ところが.到着したのは支店のRobinson Galleria いという シッピングモールの中にある`House of  Lechon’でした.

 

私達はもう腹ペコです.とりあえずは`House of  Lechon’に居るわけです.本店で待ち合わせをしている学生に「違う Lechonに着いたから,私達はこちらで食べます.君は,そこで一人で食べるかタクシーでこっちへ来るかだ」とメールしてもらいます.

 

いよいよ,夜ご飯です!

 

まずはビールにて乾杯!

 

Dsc07061 

 

Lechonとは,皮を香ばしく炭火で焼いた豚のことでした(正式には子豚の丸焼き).ノーマルとスパイシーを1/2ずつ頼みました.どちらも美味しい!

Dsc07063

 

分かりづらいですね.

こちらのページが分かりやすかな.

https://www.facebook.com/RobinsonsGalleriaCebuOfficial/posts/house-of-lechon-is-now-open-at-the-1st-level-verandah-of-robinsonsgalleriacebu-f/1934592666569217/

http://3d-universal.com/blogs/2017/03/%E3%80%90lechon%E3%80%91%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%82%BB%E3%83%96%E3%81%8C%E8%AA%87%E3%82%8B%E4%B8%89%E5%A4%A7%E3%83%AC%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%9B.html

Dsc07066 Dsc07067 Dsc07068

大満足の第1夜です.

研究紹介 - Dive2Views:他のカメラの視点にとびこんでいくカメラアプリ

2019年11月15日 (金) 投稿者: メディア技術コース

前回の学会記事(ADADA Japan)で2件の発表が受賞した興奮で研究の内容に触れることを全く失念しておりました。ようやく我に返ったところで、すこしは真面目なことも書かなくては。ということで今回はそれらの研究内容について若干ご紹介したいと思います。

 

Dive2Viewsというのはカメラアプリです。起動すると映像が写り、画面をタップすると写真や動画が撮れるという点では普通のカメラアプリです。ところが、同じアプリを起動している他のデバイスを画面に捉えると、そのカメラで撮影している映像が画面に映るようになり、それを撮影できるようになります。まるで、他のカメラ映像(View)に飛び込んで(Dive)いくような感覚を与えるということで ”Dive2Views (Dive to Views)” と名付けました。Views と複数になっているのは、他のカメラが複数あってもそれらを画面に捉えることで次々と異なる視点を自分のものにできるからです。

 

Screen-shot-20191112-at-172134 Screen-shot-20191112-at-172151

 

なぜ、こんな仕組みを考えたのかというと、写真を撮るときに撮影したいものをうまく捉えられない場合がありますね。例えば、サッカー観戦でスタンドに居て、遠くの選手の写真を撮りたいなんてときや、テーマパークのパレードでお気に入りのキャラクターの写真が撮りたいのに前に大勢の人が居て視界を邪魔しているような場合です。そうしたときに、もっと近くに居る人の場所で撮影できたらといいとは思いませんか?実際にその場所に移動するのは難しいので、いい場所で撮影している人のカメラ画像を奪ってしまおうと考えたのです。何人もの人が前方でカメラを構えていたら、一番良さそうな位置のものに狙いをつけて、そのカメラを画面に捉えればいいのです。

 

このような仕組みを技術的に実現するのは、両方のカメラ(のデバイス)の間で映像を送ればいいのですが、ここでは、どうやってそのような仕組みを利用できるようにするのかについて工夫をしました。普通に考えれば、メニュー画面で接続するカメラを選択すればいいのですが、それだと撮影するのを一旦やめて、メニュー画面を開いて選択をしなければなりません。撮影しているままで別のカメラ映像を利用できるようにしたかったのです。そこで、撮影中にカメラで他のカメラを捉えれば、そのまま映像が切り替わって撮影を続けられるようにすることを考えました。

 

 

Screen-shot-20191112-at-172209

 

先にも書いたように、同じことを実現するのにはメニューや映像のサムネイルの一覧から選択するような方法がいくらでもあります。ここでの研究テーマは、ただし、機能の実現それ自体ではありません。技術をどのような方法で使えるようにデザインするのか、ということが我々の研究室で考えているテーマです。「カメラで他のカメラを捉えることでその映像を乗っ取る」というのが、この研究で創り上げたい体験なのです。そういうことができたら、撮影する行為を中断しなくてすむというだけでなくなんとなくワクワクとした感じを持ちませんか?そういうことが出来て欲しいと思うような使い方ではないでしょうか?効率や性能を目指すのではなく、楽しかったり面白かったり感じられるような使い方をデザインする、というのも立派な研究になるのです。

 

 

 

太田高志

セブ島日誌1

2019年11月14日 (木) 投稿者: メディア技術コース

2019.10.24 15:30

 

フィリピン航空にて出発.

Dsc07005

セブ島にやってきました.

Unadjustednonraw_thumb_cc4 Unadjustednonraw_thumb_cc7

Oriental COCOSDA という国際会議に参加するためです.COCOSDAは International Committee for the Co-ordination and Standardisation of Speech Databases and Assessment の略で,言語データのデータベース化と評価を手とした国際会議です.

http://www.orientalcocosda2019.org.ph/

 

開催される場所は,アジアの様々な(リゾート)国です.国際会議にしては珍しく,東南アジアの方たちの参加率が高いです.

 

さて,本日はただの移動日ということで到着すればo.k.でした.日本を9:35に出立して,到着が13:30頃でした.時差が1時間あるので,飛行時間は5時間です.お食事を頂いて,すこしうとうとしたらすぐに着いてました.

 

空港はマクタン島というところにあり,会議の会場とホテルがあるセブ・シティまではタクシー移動です.セブ・シティの目の前の島のように思ってましたが,渋滞もあり1時間ちょっと,1300ペソかかりました.1ペソはおよそ2.5円なので,4225円です.日本の感覚で言うと,安い?

 

宿はHarolds Hotel というところです.

 

チェックインして,市街を少し観光してみます.

 

タクシーですぐに行ける所に,マゼラン・クロス,サント・ニーニョ教会,サン・ペドロ要塞というのがかたまってあります.

 

地球の歩き方によると,マゼランクロスはあのマゼランが1521年に造ったそうです.木でできた十字架なんですが,これを煎じて飲むと病気に効くと信じられていて,少しずつ減っていっていたそうです.現在は,硬い木のカバーがかかっています.

Dsc07022 Dsc07021

 

サント・ニーニョ教会はフィリピン最古の教会(1565年建造)で,マゼランがセブの女王に送った幼いキリストの像が納められているそうです.

 Dsc07025Dsc07032Dsc07031

サン・ペドロ要塞は,スペイン統治時代にオスラムの海賊がら防御するために造られ(1738年),こちらもフィリピン最古の要塞らしいです.第2次世界対戦中にはの本軍による捕虜収容所として使われていたそうです.

Dsc07042 Dsc07052 Dsc07055Img_5852

面白かったのが,要塞の前の広場で,いくつものグループが様々な種類のダンスを踊っていたことです.ジャズダンスみたいなのもあれば,体育祭でやる行進曲みたいなのもありました.何の集まりかはよくわかりませんでした.感じとしては,ジムでやるスタジオレッスンに近いです.それぞれにインストラクターがいて,その指示のもとにみんなが曲にあわせて踊るという.

 

«メディア学部ではこんな研究もできる!