« Twitterというメディア(2):リツイートの効用 | トップページ | 文部科学省助成の「ゲーム開発教育プロジェクト」 »

アジア人財資金構想事業 第1回公開講座

|

アジア人財資金構想事業 平成22年度 第1回公開講座


『TIFFCOMにみるドラマコンテンツの現在 ~日本人の視点・留学生の視点~』

http://www.teu.ac.jp/karl/events/2865/019283.html

この度、本事業の一環として、今年度第1回目の公開講座を開催いたします。去る10月25日から4日間、六本木ヒルズにて「TIFFCOM2010」(東京国際映画祭(TIFF)に併設して開催されるアジア最大規模のコンテンツマーケット)が開催されました。

近年、韓国勢、中国勢、タイ勢など、アジアのコンテンツ制作もその様相を変化させてきています。本公開講座では、「TIFFCOM2010」に運営スタッフとして参加したアジア人財の留学生と共に、TIFFCOM現場での様子や、各国のコンテンツ事情などを交えて、アジアのドラマコンテンツの現状について紹介いたします。また、終了後は懇親会を行います。

■日時:平成22年11月26日(金)
    15:45(開場・受付)
    16:00(開始) ~18:00(終了)
    18:15(懇親会:参加費1,000円)

■場所:東京工科大学 片柳研究所棟2F KE202講義室

■お申し込み、お問い合わせ:クリエイティブ・ラボ
(c-consortium@so.teu.ac.jp) www.teu.ac.jp/clab/

イベント」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

« Twitterというメディア(2):リツイートの効用 | トップページ | 文部科学省助成の「ゲーム開発教育プロジェクト」 »