« 卒業研究紹介~ビブラートはいくつまで数えられるか? | トップページ | 本ブログの再開 »

オトメのチカラ

|

Media Contents Selection 2011



メディア学部の元気な女子学生たちをご紹介します。



メディア学部では毎年、卒業研究の成果を中心とした展覧会『メディアコンテンツ展(MC展)』を開催しています。今年は残念ながら作品展示はできないのですが、現在、展覧会パンフレットに相当する作品集冊子 "Media Contents Selection 2011" を制作しています。





毎年、パンフレット冊子は学内で学生たちが主体となって制作し、印刷業者に印刷と製本を依頼して「ちゃんとした」冊子を作っています。今年は演習講師の高橋先生の指導の下、2年生の女子学生5名が制作に取り組んでいます。このブログをご覧の皆さんはIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)というソフトの名前を聞いたことがあると思います。制作作業ではこれらのソフトを使って作品紹介のページを作っています。



作業は昨年12月にメンバを募集するところから始まり、今年に入って、メンバ内での基本デザインの検討を経て具体的な作業が始まりました。冊子には、大部分を占める卒業研究の成果と、メディア学部の様々な演習の成果作品が収録されますが、4年生の卒業研究が終わったのが1月の末です。それから、写真などの素材集めをして、2月の間、彼女たちは春休み返上で猛烈に作業をこなしました。ソフトの使い方は知っていても、印刷所で印刷・製本される冊子を作るのはみんな初めてです。気を付けなければならないことや様々なルールがたくさんあり、データや原稿の変更なども入ってきて悪戦苦闘の連続でしたが、数回の校正を経てやっと完成間近までこぎつけました。そして、実は、今回印刷を担当してくれる会社の営業マンもメディア学部のOBというオマケつきです。今回の作業をやり遂げたことは、彼女たちの大きな自信につながるでしょう。メディア学部ではこんなチャンスがあちこちに転がっています。アンテナを張っていて手を挙げればよいだけです。



今年の冊子はさまざまな工夫がちりばめられた素敵な仕上がりになっています。そして、映像つきです! 実は別働隊が映像制作を並行して進めているのですが、それについては別に書きます。



冊子にどのようにして映像を付けているのか、それはパンフレット冊子をお手にとってのお楽しみです。この冊子は3月26日のオープンキャンパス(八王子)で配布されます。みなさん、ぜひオープンキャンパスに足を運んでいただき、彼女たちの力作を、そして、冊子の中で紹介しているメディア学部の学生の様々な成果をご覧ください。彼女たちに負けない元気なスタッフがお待ちしています。

お知らせ」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 卒業研究紹介~ビブラートはいくつまで数えられるか? | トップページ | 本ブログの再開 »