« 未来のゲームはどこへ? | トップページ | オープンキャンパスで水口哲也氏と対談「未来のゲームはどこに向かうのか?」 »

「大学生音楽産業フォーラム02 〜大学連携による音楽産業活性化〜」

|

日時:6月26日(日)開場13:30 開始14:00〜終了17:00



場所:八王子市学園都市センター 第5セミナー室



入場料:無料(事前申し込み必要)



事前申し込みはこちら http://www.teu.ac.jp/music/



<概要>



今回が2回目となる「大学生音楽産業フォーラム」では、昨年から開始した関東・関西の三大学による連携プロジェクトの紹介、各大学における音楽を通じた教育内容の比較、そして大学連携によって音楽産業や地域を活性化する構想について語ることにより、さらなる連携の輪が広がることを期待する。



<経緯>



ミスチルのプロデューサー・小林武史が主宰する烏龍舎でシンセサイザープログラマー兼海外マネージャーをしていた吉岡英樹が、転職した東京工科大学メディア学部で、2年前にTUT MUSIC SUPPORT(以下TMS)というプロジェクト演習を始めたのがそもそもの始まり。TMSは、吉岡先生の周辺にいたデビュー前のアーティストや学内外からオーディションしたグループなどを、工科大の学生が主体となってプロモートし、それを通して学生の企画力や問題発見・解決能力を伸ばすことを目的としたもので、ほとんど実際のプロダクション会社のような組織を持っている。支援アーティストである「ダイスケ」(メディア学部在学生)は、今年2月にEPICレコードジャパンよりメジャーデビューし、テレビやラジオに出演するなど活躍中である。

東京工科大学で吉岡英樹とともにTMSの立ち上げと運営を一緒にやってきた文化人類学者の大山昌彦と、京都精華大学人文学部でポピュラー音楽を教える安田昌弘が以前からの知り合いだったこともあり、TMS的なことを京都でも出来ないかと模索していたところ、さらにそこに「初音ミクでゼミをする先生」として有名な大阪電気通信大学の山路敦司が参加し、話を進めるうちに、TMSのアーティストを中心に、関西の面白そうなアーティストも集めて、来年京都でライブイベントをしようということになった。関東のアーティストを関西で売り出したり、逆に関西のアーティストを関東でブレイクさせるには、どんなやり方が考えられるんだろう? そんな疑問を軸に、日本のポピュラー音楽のこと、地域文化のこと、音楽産業のこと、情報通信技術のことなんかを考えて行きたい。



<当日の流れ>



1)音楽産業に関連した教育及び研究の紹介(60分)スピーカー:大山 昌彦、加藤 綾子



2)関西での大学連携及び音楽業界との連携の紹介(60分)スピーカー:安田 昌弘、山路 敦司、谷口 文和



3)産官学連携による地域活性化〜八王子から音楽シーンを盛り上げる〜(60分)スピーカー:吉岡 英樹、松本 賢、小澤 尚弘



詳しくはこちら http://www.teu.ac.jp/music/forum02.html

イベント」カテゴリの記事

« 未来のゲームはどこへ? | トップページ | オープンキャンパスで水口哲也氏と対談「未来のゲームはどこに向かうのか?」 »