« オープンキャンパスで水口哲也氏と対談「未来のゲームはどこに向かうのか?」 | トップページ | 「アクアプロジェクト」:七夕イベント「サカナ飾りを作ろう!」を開催 »

憧れのゲームクリエイター!

|

ゲーム界のスーパースターが、東京工科大学にやってきました。ミスター・ミズグチ!世界で活躍するゲーム・クリエイター水口哲也さんです。東京工科大学でゲームを学ぶ学生の憧れの人です。

今日の「スペシャル・トークショー」は「未来のゲームはどこに向かうのか?」というタイトルで、これまで常にゲーム制作の第一線で活躍してきた水口さんが、これからのゲームについて語ってくださるものです。メディア学部でゲーム・プロデューシングを担当する三上浩司先生も対談で参加しました。

実は、いままさに水口さんのプレゼンテーションが進行中! このブログは、会場のKCB-01から書いています。まずは、30年間のゲームの歴史をふりかえりつつ、ゲームというものが人間に与える力、影響力を考察しています。水口さんの代表作のひとつ「Rez」は、音楽とリズムがもつ根源的な力を、活用して、プレイヤーの感性に直接働きかけるものだったそうです。このゲームは、世界的なヒットとなりました。



それにしても、ATARI の「PON」を見ると、本当にカワイイ〜! その後の「セガ・ラリー」、「スペース・チャンネル5」と続けて見ると、ゲームというものは、本当にものすごい発展を遂げたんですね! 「スペース・チャンネル5」に、マイケル・ジャクソンが登場するまでの話は、ほんとうにびっくり!レアなお話におどろきました。



これからのゲームは、いままでの「遊び」「オモチャ」の概念を超えて、社会のコミュニケーションを変えて行くエンジンとなることでしょう。ソーシャルメディア、クラウド、といったテーマとならんで、オンラインゲームは、次世代の展開を迎えることでしょう。

(C) UBISOFT

さて、そして世界でヒット中の「 Child of Eden 」の、実演です! 水口さん自身が実演するこのゲームが見られるなんて、すごいラッキーでした! 水口さんから、このゲームをプレイするためのコツをくわしく聞いてしまいましたよ!特に右手の振り方、あげ方が... あっこれは、ぜひ自分で体験していただいたほうがいいのかな!



インタラクティブメディア・コースについて >>>

ゲームの未来を探す研究所が、ここ東京工科大学・メディア学部にあります!

あなたも一緒に、ここでゲームの未来を創造する研究活動に参加しませんか?

ゲームクリエイターをめざす、元気な高校生を待ってますよ!

お知らせ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« オープンキャンパスで水口哲也氏と対談「未来のゲームはどこに向かうのか?」 | トップページ | 「アクアプロジェクト」:七夕イベント「サカナ飾りを作ろう!」を開催 »