« スマートフォンアプリ制作 | トップページ | 大学院生のゲーム企業におけるインターンシップ活動の紹介 »

大学院生のゲーム企業におけるインターンシップ活動

|

家庭用ゲームソフト企画・開発を主な業務にしている株式会社サイバーコネクトツーでインターシップを行っている大学院生の活躍を紹介します。



大学院メディアサイエンス専攻のヒダヤト・リアンティさんはアジア人財プロジェクトの国費留学生として、インドネシアのバンドン工科大学芸術学部から本学の大学院に入学しました。大学院における研究テーマはキャラクターメイキングで、アニメやゲームに登場するキャラクターデザイン支援手法です。この研究活動の経験を活かして、ゲーム関係の企業のインターンシップを希望しました。インターンシップの活動では、アイデアからデザインの工程を中心に担当しているとのことです。7名のチームでチームのまとめ役、デザイン、プログラミングなどを分担して、インターン期間中にゲームを制作します。リアンティさんの投稿記事は下記のとおりです。



リアンティさんの記事:http://www.cc2.co.jp/intern_blog/?p=187



ゲーム会社のインターンとしてさまざまな経験をしているところですが、大学院における研究活動がうまくいかされているようです。

リアンティさんは英語も堪能で、SIGGRAPHAsiaの学生ボランティアとして昨年、今年と参加します。昨年のボランティアの様子は、

「CGの国際会議SIGGRAPH Asiaにおける学生ボランティアの経験」

http://blog.media.teu.ac.jp/2010/12/28/708/

のブログ記事にあります。

株式会社サイバーコネクトツー: http://www.cc2.co.jp/



インターンシップブログ:http://www.cc2.co.jp/intern_blog/?p=187

指導教員:近藤邦雄、三上浩司

雑感」カテゴリの記事

« スマートフォンアプリ制作 | トップページ | 大学院生のゲーム企業におけるインターンシップ活動の紹介 »