« 「現代音楽」を聴きに行こう! | トップページ | スウェーデンのゴットランド大学教授がメディア学部のゲーム教育を視察 »

CEDEC 2011のインタラクティブセッションにおいて大学院生ケネス・チャンらが受賞

|

ゲームの研究や開発に関する大きな会議であるCEDEC2011が2011年9月に横浜パシフィコで開催されました。メディア学部の教員や学生も多数の研究発表をしました。もちろんゲームの研究や産業界の動向を知ろうと多くの3年生以下の学生も参加していました。


インタラクティブセッションにおけるポスター展示


インタラクティブセッションにおけるポスター発表


ゲームデザインのための脳波計測システム

このCEDEC2011のインタラクティブセッションで、メディアサイエンス専攻2年生のケネス・チャンらが「The Mystery of Player Experience - 脳波分析を通じて更なる理解へ」を発表しました。この研究では「プレイヤー体験とは何か」という問題に対して、プレイヤーの脳波の分析を通して得られた、プレイヤー体験とゲームデザインに関する知見を紹介し、プレイヤー体験に対する理解を深めることを目的としています。発表では、研究者と開発者両方を対象にして、プレイヤーの脳波データの分析を通して「プレイヤー体験とは何か」、そして「プレイヤー体験を操作するには?」という二つのテーマをめぐった報告と考察について紹介しました。



この研究発表に対して、審査委員や参加者の投票により、第3位という結果を得ることができました。この栄誉に対してCEDEC運営委員会より、表彰されました。



■インタラクティブセッション賞受賞 受賞

受賞者:ケネス チャン 三上浩司 近藤邦雄



論文題目:「The Mystery of Player Experience - 脳波分析を通じて更なる理解へ」


インタラクティブセッションの投票結果


CEDEC2011のインタラクティブセッション 第3位 表彰状


表彰状をもつケネス・チャン


CEDEC2011の研究発表紹介記事

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 「現代音楽」を聴きに行こう! | トップページ | スウェーデンのゴットランド大学教授がメディア学部のゲーム教育を視察 »