« 五寸釘に見る人の知恵 | トップページ | スコットランドのAbertay大学のゲーム教育紹介と国際交流 »

メディア学部主催 「特別シンポジウム21世紀を切り開く、社会起業家たちの挑戦」の開催 ソーシャル・メディア・サービスコース

|

メディア学部主催 「特別シンポジウム21世紀を切り開く、社会起業家たちの挑戦」が東京工科大学蒲田キャンパス、片柳記念ホールにて2012年9月30日に行われました。メディア学による社会問題の解決アプローチを探る、をテーマに国内外で活躍するソーシャルアントレプレナー(社会起業家)をゲストに迎え開催されました。

シンポジウムの展示会場には、講演者、大田区、メディア学部、デザイン学部から多くのポスターが用意され会場は来場者の交流になりました。特に大田区からは大田の「地域力」を活かした被災地支援や大田の町工場の挑戦に関するポスターが用意され今後の大学との共同研究が楽しみです。

シンポジウムはメディア学部飯田仁学部長教授 講和から開会しました。東日本大震災後、エネルギー、医療、環境、教育や福祉など様々な分野で革新の必要性が明らかになり、メディアもより良い社会の構築のための技術開発と応用研究が重要となっています。本学では、メディアを取り巻く環境の変化に対応し、4つの新しいコースの2012年4月から執行されています。特に本シンポジウムの企画に携わったソーシャル・メディア・サービスコースではより幸せな社会を実現するための技術開発やサービスを行うための人材育成に力を入れているとの説明がありました。

シンポジウムの総合司会は、メディア学部飯沼瑞穂准教授です。基調講演では、メインゲストに、インドで低価格の白内障治療法を確立し、世界的に有名な社会起業家であるデビッド・グリーン氏と、国内で社会起業家教育を主導する慶應義塾大学教授の金子郁容氏を迎えて、企業とビジネスによる社会貢献の実践例と成果を紹介がありました。

金子郁容氏は、ソーシャルイノベーションの事例と近年金子氏が被災地で実験的に実施している遠隔医療について述べ、 観客とインタラクションや事例の紹介を取り入れながら分かりやすく説明されていました。

デビッド・グリーン氏は、「人間味のある資本主義」を根底としたソーシャル・ビジネスがどのように成り立つのか、その可能性についてインドにおける白内障治療の成功例を基に説明されました。

基調講演後、金子氏とグリーン氏によるディスカッションが打ち解けた雰囲気の中行われ、金子氏が「デビッドさんは学生時代どのような学生でしたか?」など会場の学生の興味を引く質問も問いかけられ、それに対しデビッドさんは「普通の学生でした。植物学、宗教学など興味のある科目ばかり履修していましたよ。」と答えるシーンもあり会場は和やかな雰囲気です。

スマートフォンやインターネット電話などの新しいメディアを活用することで、フィリピンの貧困問題解決や手話利用者支援で成果を上げる二人の若手社会起業家と、「アショカ東北ユースベンチャー」に参加する高校生達をパネリストにして、その取り組みと、社会起業家教育の発展性についてディスカッションを行いました。パネルディスカッションは、メディア学部松橋崇史助教の進行です。

大木洵人氏(株式会社シュアール代表取締役社長)は実際に手話利用者がどのように手話通訳サービスをタブレットPCで遠隔映像を介して利用できるかをデモンストレーションを行いました。

山田貴子氏(株式会社ワクワーク・イングリッシュ代表取締役)はフィリピンの孤児院にいる子供たちがどのように英会話の教師としてスキルを身につけ、日本にいる子供たちにインターネット電話と映像を使い英会話の授業を行っているのか、ビデオを見せながら紹介をした。

林賢司氏(アショカジャパンプログラムアシスタント事務局)は高校生たちがどのように社会問題と向き合い、未来に向け解決策を模索しているかを説明し、2012年アショカ東北ユースベンチャラーの青島勇太氏が自身の夢を語りました。

当日は台風に見舞われ、交通機関に運休が生じたにも関わらず会場は120名以上の来場者が参加し無事終了。

パネリスト、金子郁容氏そしてデビッド・グリーン氏全員が、最後には舞台の上に建ち、来場者の方々から鳴りやまない拍手を受け祝福され、感動的な最後でした。

イベント」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

« 五寸釘に見る人の知恵 | トップページ | スコットランドのAbertay大学のゲーム教育紹介と国際交流 »