« おもしろメディア学 第12 話 ウソの長さを描くと正しく見える? | トップページ | おもしろメディア学第13話「CGやりたいのにデッサン?ありえねぇ~っ!...って,そうかな?」 »

Gotland Game Conference(GGC)におけるメディア学部長賞の授与

|

2014年5月29, 30日に、メディア学部と提携しているウプサラ大学キャンパスゴットランド(ゲームデザイン学科)でGotland Game Conference(GGC)が行われた。

Dsc_4295

                                会場前の美しい公園

Dsc_3797

              ゲームカンファレンスの会場

Dsc_3832

              会場のロビー

Dsc_3900

このGGCのあとに、芸術科学会主催の国際会議NICOGRAPH Internationalが実施されることから、本学部から6名の教員と2名の大学院生がこのGGCに参加する機会を得た。
プログラムにあるように1年生はテーマパーク、2年生はビックゲーム、3年生はプロジェクトレポートの講義演習の課題として制作したゲームが展示されていた。ゲームは数名の学生のチームで制作している。

Gccgamelist

              ゲーム展示のプログラム
展示されているゲームは、ビデオゲーム、タブレットによるアプリ、Kinectなどの入力機器、自作の機器を利用したゲームなどさまざまな工夫が行われていた。

Dsc_3869

Dsc_3877

              ゲームの展示風景

Dsc_4074_2              表彰式の会場風景

Dsc_4099

Dsc_4101

              スティーブン先生による受賞作品紹介

Dsc_4128

             NICOGRAPHとメディア学部の受賞作品紹介

日本からの表彰は会議の最後に行うこととなり、このセレモニーでは紹介だけであった。
東京工科大学メディア学部 学部長賞 (Dean's Award)
受賞ゲームのタイトル:「Vertgoat」
チーム名:Pantcific Productions(7名の学生)
 
スマホでキャラクターの姿勢を動かし、マイクから入力した声により,可愛いコヤギ(goat)の上下(vertical)の動きを制御するという斬新なゲームです。

Dsc_3858

              受賞ゲーム「Vertgoat」

Dsc_4723

              会議の閉会式で、メディア学部の学部長賞の表彰式


近藤が本学とウプサラ大学の提携のことなどを紹介した後、お土産で持っていった「はぐれスライム」を副賞として贈呈した。ゲーム好きな学生らからは大変な驚きとうれしさがあふれていた表情をしていました。
来年以降もこのような活動を続けていくとともに、東京ゲームショーの展示を行う学生らとメディア学部の学生が交流できるような取り組みをしたいと考えています。
NICOGRAPH Internationalの選定委員らから高い評価を得た次の3つのゲームが受賞した。
NICOGRAPH International Student Game Award

1. Crocodile Chow-Down 

Dsc_3847

Dsc_3883

2. Flash & Crash  

Dsc_3829

Dsc_3843

3. Vertgoat

Dsc_3860

■昨年のGGCの表彰式の風景(2013

お知らせ」カテゴリの記事

« おもしろメディア学 第12 話 ウソの長さを描くと正しく見える? | トップページ | おもしろメディア学第13話「CGやりたいのにデッサン?ありえねぇ~っ!...って,そうかな?」 »