« 自然な音は不規則? | トップページ | おもしろメディア学 第23話 音名のはなし【その1】:「ドレミ」は何語? »

この夏も、夏休み子どもいちょう塾「きみもゲームクリエイター!」を開講しました!

|

 メディア学部・次世代ゲーミフィケーション研究室の岸本です。
 7月27日(日)、大学コンソーシアム八王子主催の「夏休み子どもいちょう塾」にて小学生向けワークショップ「きみもゲームクリエイター!」を行いました。「子どもいちょう塾」での開講は昨年に続き2回目で、今回は6倍の抽選で選ばれた地元八王子の小学生(4~6年生)20名が受講しました。

140727icho10

 今回の内容は、7月6日に足立区ギャラクシティで行ったワークショップと同じ体を使った「紅白まんじゅうを分類しようゲーム」とパソコンを使った「Global Mathのゲーム体験」を組み合わせたものです。小学3年生が中心だった前回に比べ参加者の学齢が高いため、出題レベルを調整するなど工夫をした結果、「遊びながら勉強ができて良かった」「学校の授業の復習になった」などの感想をいただくことができました。

 

 また、前回の反省を踏まえてスタッフ役の研究室の学生たち(4年生4名)もレベルアップしており、準備段階から当日の運営まで安心して任せることができました。
ゲーム制作を学ぶ学生にとって、プレイヤーの反応を直に見聞きできる機会は貴重なものです。また、立場の異なる大勢の人が関わるイベントに携わることで、社会の一員としての自覚と自信を身につけることができます。これからもこうした学外活動の機会を積極的に設け、学生たちと共に参加していきたいと思います。

 

スタッフの学生4名が、会場の準備

140727icho2

「紅白まんじゅうを分類しようゲーム」に手を挙げて答える小学生たち

140727icho3

 

 
出題チームは、ペアで分類問題を考えて出題

140727icho5_2

 
それに対して、回答チームは問題に答える

140727icho6

 
小4の算数で学ぶ「立体の展開」がゲームで学べる、Global Mathの『LOGIQ(ロジキュー)』をプレイする小学生たち

140727icho7

 
最後にスタッフ4名と私で、記念撮影

140727icho8

 
 
Facebookページ 次世代ゲーミフィケーション研究室

 

教員紹介 岸本好弘

高校生向け」カテゴリの記事

« 自然な音は不規則? | トップページ | おもしろメディア学 第23話 音名のはなし【その1】:「ドレミ」は何語? »