« Entertainment Computing 2014で発表します | トップページ | おもしろメディア学 第31話  やってはいけない話・その3 »

八王子まつりで音楽イベントってアリ? or ナシ?

|

お祭りの音楽と言えば・・・・・


そう、太鼓やお囃子ですよね。


では、いわゆるバンドやアイドルといった音楽アーティストたちの音楽を、お祭りのときに歌ったりするのはアリでしょうか?ナシでしょうか?


"キャンぱちフェス in 八王子まつり"では、初日である8月1日(金)の夕方から、音楽イベントを実施しました。大学生アイドル、地元のアイドル、米軍によるジャズバンド、そして地元で人気のあるバンドが2組参加しました。


現役女子学生アイドルの「ゆめ研

Dsc_8108_2

八王子のご当地アイドル「8princess

Dsc_8207



そして、スペシャルゲストの「米国空軍太平洋音楽隊ーアジア “パシフィック・ショーケース”」

Dsc_8373





と、ここまでは順調だったのですが、この後突然の雷雨・・・・・・。
残念ながら、2組のバンドについては残念ながら中止としました、、、、、、、、が!

LIFriends」と「フラチナリズム

Live_rain

2組のバンドが一緒に、雷雨の中、1曲だけ演奏してくれましたww

ちなみに、2組のバンドは同じ事務所ということもあり、良く一緒にライブをやっているようです。これから、メジャーとして活躍するバンドが、こんな目の前でパフォーマンスをしてくれるなんて、、、。これからも八王子を盛り上げてもらいたいですね。


一生記憶に残るライブになることでしょう。


実は、これは初日の夜だからこそ実施することが出来ました。2日目と3日目は山車が街中を練り歩いたり、神輿を担いだりする、いわゆる"神事"なのです。その最中は、お囃子や太鼓で神様を迎えるわけです。


しかしながら、今回のように大学生など若年層が興味のある音楽もアリ、お祭りの意味を勉強しながらお囃子を楽しむのもアリとなれば、より幅広い年齢層の人々がお祭りを一緒に楽しむことが出来るのではないかと思いました。

伝統を継承するには、伝統を守りつつ、新しいことに挑戦することで、次の世代に引き継ぐことが出来るのではないかと思います。

キャンぱちの話し、まだまだ続きます。




<過去の記事>
・八王子まつりに大学生が出店!伝統ある祭りに"よそ者大学生"が入り込めたのか・・・・[  ]

イベント」カテゴリの記事

« Entertainment Computing 2014で発表します | トップページ | おもしろメディア学 第31話  やってはいけない話・その3 »