« 数学は文学より難しい? | トップページ | 日本最大級のサービスアプリケーションコンテスト(MashUp10)でメディア学部教員と学生がダブル受賞の快挙! »

あなたもガンダムが5分でできる!そんなうまい研究です。(NICOGRAPH2014研究発表)

|

今年卒業した辻翔太君が、2014年11月4日に行われた芸術科学会主催のNICOGRAPH2014(愛知工業大学にて)でポスター発表をしました。

Img_3673

Img_3632

研究題目と著者はつぎのようです。
3Dパーツを用いた人型ロボットデザインのシミュレーションシステムの開発
辻翔太(東京工科大学), 茂木龍太(首都大学東京), 兼松祥央(首都大学東京), 三上浩司(東京工科大学), 近藤邦雄(東京工科大学)
概要:
「本研究では,3DCGモデルのロボットのパーツを組み替え,変形させ,任意の角度から見ることができるシミュレーションシステムの開発を目的とする.この目的を達成するため,既存のアニメに登場するロボットのパーツを分析し,パーツのパターン化とこれらの3次元モデルを制作した.これをもとに3ds Max上でシミュレーションシステムを構築した.」

Img_3642

Img_3646

紅葉が始まった素敵なキャンパスの大きな教室で2分間のプレゼンを行った後に、ポスターを前に多くの方の質問に丁寧に答えていました。

Img_3649

Img_3647

(メディア学部 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

« 数学は文学より難しい? | トップページ | 日本最大級のサービスアプリケーションコンテスト(MashUp10)でメディア学部教員と学生がダブル受賞の快挙! »