« おもしろメディア学 第51回 データから社会の動きを探る技術 | トップページ | おもしろメディア学 第52話 映画やアニメのCG制作の「水平統合」と「垂直統合」 »

メディア専門演習「CGアニメーション」:モーションキャプチャの利用

|

キャラクタアニメーションは、魅力的な 映像コンテンツを制作するために重要な要素です。キャラクタを活き活きと描くためのコツとは、人間の動作の分析と、その誇張・省略です。このような分析やソフトウエアの使い方を学んだ後の第5回演習では、ディジタルモーションキャプチャスタジオでモーションキャプチャの利用方法を学ぶとともに、学生が演者となり、動きの計測が行いました。写真は動きを計測している様子、計測した動きデータを確認している様子です。

Img_3556

Img_3560

 

Img_3563

Img_3567

Img_3566

本演習では、既存作品の分析や作品制作実習を通じて、アニメやゲームなどのエンターテインメントコンテンツにおけるキャラクタアニメーションの本質を理解し、良質なキャラクタアニメーションを効率的に制作するための知識と技能を習得することを目的とします。アニメーション制作全体ではなく、キャラクタの演技設定について集中的に学び、こだわりの作品を目指します。やる気さえあれば初心者でも良い作品を作ることができますし、将来プロを目指す方にとっても貴重な経験となります。

本演習では、5名のチームを編成して、1分間程度のオリジナルアニメーション作品を制作します。キャラクタアニメーションの設定には、次世代のキー技術であるモーションキャプチャを活用します。演習では、作品制作に必要なCGソフトウェアの扱い方だけでなく、本演習の最大の目的であるキャラクタアニメーションのこだわりのポイントや、それらを実践するための説明を行います。
川島基展演習講師、早川大地演習講師がそれぞれの専門的な活動をもとに、わかりやすく熱心に指導しています。

■今までブログで紹介した記事

CGアニメーション系の演習紹介 (川島基展 兼任講師/演習講師) 2011.04.17
http://blog.media.teu.ac.jp/2011/04/cg-4bb8.html

コンピュータグラフィックス、ゲーム、CGアニメーションの教育について  2011.10.07
http://blog.media.teu.ac.jp/2011/10/cg-0e07.html

プロジェクト演習(CGアニメーションディベロップメント,キッズアニメーション)の紹介 2013.08.04
http://blog.media.teu.ac.jp/2013/08/cg83-5639.html 

プロジェクト演習と専門演習CGアニメーション制作関係の演習の紹介 2013.08.04
http://blog.media.teu.ac.jp/2013/08/cg83-4726.html

オープンキャンパスで、CGアニメーションとキャラクターメイキングを紹介 2014.07.20
http://blog.media.teu.ac.jp/2014/07/cg-9369.html

メディア学部 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

« おもしろメディア学 第51回 データから社会の動きを探る技術 | トップページ | おもしろメディア学 第52話 映画やアニメのCG制作の「水平統合」と「垂直統合」 »