« メディア学部の卒業研究プロジェクト紹介 | トップページ | メディア学部から新年のごあいさつ »

高校生のためのメディア学部専門科目紹介

|

皆さんこんにちは。

これまでの記事で、メディア学部の専門カリキュラム全体の話コース配属の話、3コース(コンテンツ技術社会)の紹介をしました。今日は、専門の講義科目がどんな分野をカバーしているかを表にして紹介します。皆さんが興味を持つ分野でどんな講義が聴けるか、参考にしてください。

メディア学は新しい分野ですから、従来の多くの学問領域にまたがっています。そのため、1年生のうちから多くの専門科目をメニューとして用意しています。2年前期までは広い分野から自由に選択し、配属コースを2つに絞った2年後期からは、コース推奨科目数の必要単位数(選択必修)の要件が少し出てきます。

他大学の専門カリキュラムを見た人は気づくと思いますが、これだけ豊富なメニューから選択できる学部はなかなかありません。しかし、自由選択ばかりに任せてしまうと専門分野を体系的に学べなくなる恐れがあります。

そこで、各コース推奨科目をさらに4分野(全部で12分野)に体系化し、選択の目安としました。たとえば、映像制作に興味のある人は、「メディアコンテンツコース推奨科目」の表中の左上の方にある「映像コンテンツ制作」の列を下に見ていくと、各学期での履修の目安となる科目を知ることができます。黄色が薄いのは基礎的な科目、濃いのは専門性の高い科目です。

Mediacontentscourse_2

Mediatechcourse

Mediasocialcourse

選択の余地は大きくても、卒業に必要な合計修得単位数は東京工科大学の他学部、あるいは他大学とおおむね同数です。つまり自分で選ぶ際により多く考える必要があります。表が役に立てば幸いです。

これらを含む来年度入学者向け科目の詳細は入学時にシラバス(授業計画)で公開されます。今年度(在学生向け)シラバスは、一部内容が異なっていますが、インターネットでも公開されています。個別科目に興味のある人は参考として調べてみてください。

(メディア学部 柿本正憲)

入試関連」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« メディア学部の卒業研究プロジェクト紹介 | トップページ | メディア学部から新年のごあいさつ »