« おもしろメディア学 第75話 音はたった1つの数値から作れる?(その1)  | トップページ | ふたり、あわせて200歳 »

大学院メディアサイエンス専攻修士1年生・優秀ポスター発表賞の紹介

|

メディア学部准教授  菊池 司  です。

今回のブログでは、2月20日付けの記事で紹介させて頂いた「大学院メディアサイエンス専攻修士1年生研究発表会(ポスターセッション)」で選ばれた、「優秀ポスター発表賞」の紹介をしたいと思います。

去る2月13日(金)に開催された「大学院メディアサイエンス研究 I 審査会」では、修士1年生の学生諸君がこの1年間で取り組んできた研究の成果をポスターセッション形式で発表し、先生方や先輩・後輩と今後の課題などに関してじっくりディスカッションを行いました。

20150219_03
図  ポスターセッションの様子


この際、メディア学部の教員は修士1年生の学生諸君とそれぞれディスカッションを行いながら、研究テーマの着眼点、研究内容、進捗状況、および発表態度などに関して審査を行い、「優秀なポスター発表である」と認められる発表に対して投票を行いました。

そして、ポスターセッション終了後に投票結果を集計し、「優秀ポスター発表賞」を懇親会にて表彰しました.

20150225_01
図 懇親会の様子


「優秀ポスター発表賞」として表彰された修士1年生の皆さんは、下記の通りです。

  • 遠藤 雅伸 さん
  • Abdullah Al-Khatib さん
  • 菅原 俊生 さん
  • 檜森 詞都華 さん
  • 高見 啓佑 さん
  • 合志 一仁 さん
  • 日置 優介 さん

20150225_02
図  「優秀ポスター発表賞」に選ばれた修士1年生の皆さん

「優秀ポスター発表賞」に選ばれた修士1年生の皆さん、受賞おめでとうございました。
今後のさらなる活躍を期待しています!

なお、今回受賞した修士1年生の皆さんの中には、下記のようにすでに学会発表を行うほど研究の進んでいる人もいます。
今後のさらなる研究の発展が楽しみですね。

  • 日置優介,相川清明,”前面水平方向の音像定位における刺激音の周波数成分依存性",日本音響学会講演論文集,pp.791-792,2014-09-04.
  • 遠藤 雅伸, 三上 浩司, 近藤 邦雄,”ひとはなぜゲームを途中でやめるのか?-ゲームデザイン由来の理由-”,日本デジタルゲーム学会夏季研究発表大会予稿集,pp15-18,2014-08-24.
文責:菊池 司

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« おもしろメディア学 第75話 音はたった1つの数値から作れる?(その1)  | トップページ | ふたり、あわせて200歳 »