« 学部4年生によるアート作品が国際学会で展示されました | トップページ | おもしろメディア学 第73話 1×1=?(その2) »

メディアコンテンツコースの学生の学会における活躍

|

学会とメディアコンテンツコースの研究教育活動との関係
 メディアコンテンツコースでは、コンテンツ作品を制作するための新しい手法、技術、システムを研究しています。
情報処理学会、画像電子学会などの工学系の学会には、主に、技術的な内容を発表しています。デジタルコンテンツクリエーション研究会では、技術的な内容に加えて、制作手法の研究発表なども発表しています。芸術科学会、映像情報メディア学会、日本図学会では、CG技術のほかに、コンテンツ制作に関係する融合領域の研究を発表しています。
日本デジタルゲーム学会では、ゲームデザインやインタラクティブコンテンツ制作に関する研究を発表しています。日本デザイン学会では、プロダクトデザイン、インタラクティブアート、コンピュータグラフィクス映像などの発表をしています。
さらに、音楽関係、マスコミ、展示デザインなど大変幅広いジャンルの研究に触れながら、メディアコンテンツコースの教育と最先端の研究を行います。
学会発表の事例紹介
メディアコンテンツコースの研究教育に関係する昨年度のブログ記事の一部を紹介します。国内学会とともに国際会議でもたくさん発表しています。
■コンピュータグラフィックス、アニメーション関係学会紹介:
日本図学会と秋季大会における大学院生の研究発表  2014.12.11
SIGGRAPHAsiaにおけるメディアサイエンス専攻の大学院生のポスター発表  2014.12.07
オーロラのCGシミュレーション研究が情報処理学会論文誌で特選論文に 2014.09.06
「魔女の宅急便」のモデルになった街でコンピュータグラフィックスの研究発表 2014.07.25
あなたもガンダムが5分でできる!そんなうまい研究です。(NICOGRAPH2014研究発表)2014.11.25
国際会議でBest Poster賞受賞(韓国の企業、大学院卒業生との共同研究成果)2014.11.23
IEEE Student Conference on Senior Capstone Project Conferenceで2013年度のインターン学生が受賞 2014.04.13
デフォルメキャラクター制作手法を国際会議で大学院1年生が発表 2014.10.18
映像表現・芸術科学フォーラム2014において、3名の学生が受賞 2014.03.21
■ゲーム関係
本学にて日本デジタルゲーム学会夏季研究会を開催 2014.10.02
ゲーム開発者向け技術交流会CEDECに学生たちと参加! 2014.09.14
私の初めての海外学会での発表体験! 2014.09.13
コンテストで最優秀賞を受賞したゲーム 「BLOCK ARTIST」のiPhoneアプリ版を公開 2014.07.07
日本デジタルゲーム学会にて学生4名が発表  2014.03.28
インタラクション2014 第18回情報処理学会シンポジウムで研究発表 2014.03.18
■映像制作関係
ASIAGRAPH Reallusion Award2014 CGコンテストに参加 2014.07.16
柴又100Kマラソン 映像配信 2014.06.01
メディア学部 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 学部4年生によるアート作品が国際学会で展示されました | トップページ | おもしろメディア学 第73話 1×1=?(その2) »