« ふたり、あわせて200歳 | トップページ | 『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』を開催! »

デモ形式での卒業研究発表会

|

メディア学部の羽田です。

2月の頭に我々の研究室でも卒業研究の発表会が行われました。 一般には卒業研究の最終発表は一人づつが壇上でスライドを利用してプレゼンテーションするのですが、我々のところでは「動いているもの」を発表するために デモ・ポスター形式の発表を行っています。
ちょうど数日前のブログにあった修士1年生の中間発表と同じような形式ですが、もっとデモ展示の要素の強いものです。

R1201088

R1201089

学生はそれぞれ自分のポスターの前で待ち構え教員、他の学生を含めた多くの人に自分の研究を説明していきます。同時に作品を見せてデモすることにより、実際に作成した成果を体感してもらうことが可能です。
デモを中心とした発表は登壇発表と異なって実際に作ったものを試してもらうことが出来るのが最大の特徴ですが、その他にも一つのテーマについてより多くの意見を交わすことが可能なところもよいところです。
我々の研究室では夏の中間発表も同様の形式で行っています。 興味のある人はぜひ見に来てください。

研究紹介」カテゴリの記事

« ふたり、あわせて200歳 | トップページ | 『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』を開催! »