« 卒業研究を学会で発表(その2) | トップページ | オープンキャンパス(八王子)へようこそ! »

南カリフォルニア大学USCシネマティックアーツ学部とメディア学部の交流:2015年3月USC研修-その1

|

USCシネマティックアーツ学部を2015年3月4、5日に訪問しました。USCとは長年の交流があり、今回、ワインバーグ先生に学生2名と教員2名が訪問できる機会を作っていただきました。ルーカスとスピルバーグの名前が建物にありました。

Dsc_0026

Dsc_0027

2006年から2010年までUSC-KIプロジェクトが行なわれ、メディア学部は多くの研究交流をしてきました。今までに、USCからワインバーグ先生、スクワイア先生などの本学での講演、USCの学生の訪問、大学院生の入学、東京アニメフェアの出展などを行ってきました。

Katayanagikouusc

Jason

Weinberg1

Animefair

また、USCへは、金子先生、三上先生、川島先生、吉岡先生が訪問したり、学生らによる共同ワークショップを3回ほど開催し、多くの学生がUSCを訪問しました。これらの活動がもとなって、今年は、学生2名が作品発表をすることができました。BenefactorsのプレートにKATAYANAGI INSTITUTEの名前があります。

Msstudent1



この訪問では、REEL FXのスタッフによるイブニングセミナーにも特別に参加できました。セミナーは、The Book of Life という作品の制作について紹介するという内容でした。

Dsc_0088

第1日目にシネマティックアーツ学部をMar先生の案内で見学しました。
http://anim.usc.edu/faculty/mar-elepano/
詳しくは次からの記事をお楽しみに。
■2009,2010年度USC-KIプロジェクトセミナーの紹介
メディア学部 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 卒業研究を学会で発表(その2) | トップページ | オープンキャンパス(八王子)へようこそ! »