« プロジェクト演習内で、春休み成果大発表大会! | トップページ | 情報処理学会全国大会学生奨励賞受賞研究の紹介(2-1):同一セッションダブル受賞 »

サウジアラビアで広がる国際交流(IECHE2015参加報告)

|

2015年4月15日から18日の4日間、サウジアラビアの首都リヤドにある大変広い展示会場でIECHE2015が実施されました。
IECHE2015: The International Exhibition & Conference on Higher Education

Dsc_0944

Ieche2015

Dsc_0911

この会議には世界中から400を超える大学が参加し、日本からは、東京大学、名古屋大学、大阪大学、岡山大学、拓殖大学、東海大学と本学が参加していました。サウジアラビアと中東の学生らのために大学の紹介をするために集まってきています。アメリカからはハーバード大学、スタンフォード大学なども参加しており、世界のトップクラスの大学との交流を目指した展示会といえます。

Dsc_0952

Dsc_1110

本学からは、私と、サウジアラビア出身のイブラヒム君(大学院コンピュータサイエンス専攻)が参加し、本学のさまざまな説明を行いました。4日間で300名を超える人がブースに訪れ、学部の教育内容、奨学金、学費、サマースクール、日本の生活のことなど多岐にわたる質問がありました。学生だけの訪問もありますが、親子で来ることもあり、この姿は日本と変わらない印象を受けました。

Dsc_0903

Unnamed

この展示会に参加する目的のもう一つは、いろいろな大学との交流です。提携校であるスウェーデンのウプサラ大学、以前訪問したことがワルシャワ大学やワルシャワ工業大学、中国の北京大学や清華大学、韓国やマレーシアの大学の方々に大学の様子を伺うことができました。

Dsc_0956

Dsc_0959

Dsc_1166

Dsc_0915

もちろん日本の大学の国際交流の内容についてもお話を伺うことができました。たくさんの資料を準備して、留学生が来日しやすい環境を提供することに多くの大学が力を入れていました。本学はサウジアラビアからの留学生を80名以上受け入れており、留学生が交流できる部屋を作っています。このように留学生に優しい環境をさらに提供していきたいと思います。
なお、この訪問でサウジアラビアの街の様子や生活の様子なども見てきました。このことについては後日紹介します。
メディア学部 近藤邦雄

お知らせ」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

« プロジェクト演習内で、春休み成果大発表大会! | トップページ | 情報処理学会全国大会学生奨励賞受賞研究の紹介(2-1):同一セッションダブル受賞 »