« 振返りクイズで「ノートを取る習慣づけ」を! | トップページ | 情報とは何か?(その1)  »

ポーランドからPaweł Synowiec先生がやってきました。

|

ポーランドからPaweł Synowiec先生がやってきました。
Dr.Paweł Synowiec:
A lecturer at the Faculty of Games and Virtual Environments Design at The University of Silesia in Cieszyn, Poland
5月7日から6月4日の間に、東京工科大学のゲーム教育、アニメーション教育などに関係したことを調査するために本学に滞在します。初日から私が担当した「メディア学入門」と菊池先生が担当した「CG制作の基礎」の講義を見学しました。
CG制作の基礎では、ちょうど、デザイン、アニメーションの入門を扱っていたので、内容を理解していただけたようです。今後メディア学部の先生方との交流、講義や演習の見学をする予定です。

Img_4969

                                       本学日本庭園のまえで

Img_4970_2

                     研究棟Cのまえで
また、次のような講演を実施する予定です。多くの方の参加を期待しています。日程が決まったら、お知らせします。
I will start from discussing polish poster desing. I am goin to show examples of Polish School of Poster dated 60' to 80' ( Starowiejski, Lenica, Świerzy, Starowyeski, Kalarus etc.). I want to compare them with some posters made by a new generation of polish artists (Drewiński, Skorwider, Kubica, Bajtlik, Skakun, 0tto-Wegrzyn and more)
Then a few old illustrations from such great artists as Flisak, Szancer, Witwicki, Berezowska and more).
In comparison I would like to show some illustrations mainly made recently by young polish artists.
At last I am going to show some old short animations from the masters of polish animation like Rybczyński, Lenica, Antoniszczak, Dumała etc. I am also going to give the students a quick look into what is happening now in this field in Poland.
Works:

コンテンツ」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

« 振返りクイズで「ノートを取る習慣づけ」を! | トップページ | 情報とは何か?(その1)  »