« 音を色で表す | トップページ | 高校数学をはじめから丁寧に(方程式 編) »

Pawel先生、メディア学部の講義や演習を見学

|

ポーランドから1か月ほどメディア学部の教育研究の調査に来ているpawel先生が、多くの講義や演習を見学しています。また、メディア学部の教員をの交流も行っており、さまざまな研究成果を知っていただいています。見学した教育の一部を紹介します。
(1)多人数教室における講義
CG制作の基礎、メディア芸術の基礎、視覚情報デザインの基礎などを見学しました。
グラフィックデザインを専門にしているPawel先生は、プログラミングによって画像生成ができることに興味を持っていました。また、日本語にもかかわらず、多くの画像を利用した講義では、何を説明しているかが理解できるような内容もありました。

Img_5075

Img_5077

              メディア芸術の基礎

Img_5208

Img_5221

              CG制作の基礎(学生の作品発表会)

(2)メディア専門演習(3年生)
ゲームプロデューシング、CGアニメーション、デジタルファブリケーション、プロダクトデザイン、作曲演習、イメージメディア、3DCGプログラミング、映像デザイン、スマートサービスデザイン、ユーザエクスペリメントデザインなどさまざまな演習を見学しました。ゲームデザイン学科に関係が深いゲームやアニメの演習は何回も参加しています。

Img_5099

Img_5093

Img_5096

(3)基礎演習(2年生)
 「インタラクティブゲームを知る・作る・遊ぶ」:
Unityを利用したゲーム制作の演習であり、Arduinoを使ったした簡単なゲームを制作している学生の活き活きとした様子に関心していました。ご自身も実際に操作をして制作されたゲームを楽しみました。

Img_5135

Img_5118

Img_5082

Img_5086

(4)プロジェクト演習
 5時限目、6時限目に行ってるCGアニメーションやゲームプロデューシングなどの演習を見学しています。昼間の講義を終えて、遅くまで熱心に取り組んでいる学生にびっくりしていました。
 
 Pawel先生が所属するゲームデザイン学科のカリキュラムを新しくするために、スウェーデン、日本などの先端的なゲーム教育を調査しています。本学のカリキュラムにとても興味を持っていただいたようで、今後もいろいろな交流をしていくことができそうです。
また、6月1日にpowel先生による大学院特別講義があります。ポーランドのグラフィックデザインなどの現状をお話しいただくことになっています。ぜひご参加ください。
メディア学部 メディアコンテンツコース 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 音を色で表す | トップページ | 高校数学をはじめから丁寧に(方程式 編) »