« スウェーデンの大学で、ゲーム発表会の審査員! | トップページ | 1年次「音楽入門」の授業内容紹介(リズム編) »

スウェーデンのゲーム販売会社を訪問!

|

 メディア学部教員の岸本好弘です。スウェーデンレポート第3回です。

 ゴットランド・ゲーム・カンファレンス(Gotland Game Conference)終了後、首都ストックホルムに戻り、ゲーム開発会社「Paradox Interactive」を訪問しました。同社は、ヨーロッパで一番有名なストラテージゲームの会社です。現役のゲームクリエイターから話を聞くことができました。

Paradox Interactive公式ページ

https://www.paradoxplaza.com/

150528sweden2

▲対応してくれた左Marcusさん、右Timorさんと記念撮影

150528sweden5

150528sweden9

 スウェーデンは人口一千万人ほどの小さな国ですが、ゲーム産業が盛んで、有名なゲームを生み出しています。ブロックで自由に物が作れる『マインクラフト』はみんな知っていますよね。「インディペンデント」と呼ばれる小規模なゲーム開発会社が作ったこのゲームは、世界中で3000万本以上が販売されました。一人称視点シューティング (FPS)の戦争ゲーム『バトルフィールド』シリーズも有名です。

 日本のゲーム開発会社で働いた経験のあるTimorさんは、スウェーデンのゲーム会社で働くメリットとして「残業がない」「上下関係がない」「毎週金曜にパーティがある」「社会保障が手厚い」などを挙げてくれました。一方、デメリットは「くびになりやすい」ということです。
 

150528sweden6

 

 ストックホルムのオタクたちの集う場「Science Fiction Bokhandeln」も訪問しました。日本のアニメグッズやマンガが揃っています。カービィ好きの店員さんから話を聞くことができました。スタジオジブリの映画『魔女の宅急便』には、ここストックホルムと昨日までいたヴィスビューの風景が使われていると言われています。お店の棚には『魔女の宅急便』のDVDもありました。
 

150528sweden7

150528sweden8

 
 ゲームショップで、レイトン好きな店員さんからも話を聞きました。
 
 

150528sweden10

150528sweden11_2


▲スーパーファミコンやメガドライブが売られていてビックリ

 
 最後に、今回の出張で私が心がけていたことは・・・

・十分な事前準備をする。(講演や展示の準備は自分で見直すだけでなく、リハーサルを何度もやって助言を採り入れ、練り直しました)

・最初は知らなくて当然。何でもやってみる、人に聞く。(まず地下鉄のキップの買い方から分からない)

・いつでもスマイル。私は日本の観光大使。(すべてのスウェーデンの人に「日本人は笑顔で感じが良い」と思われるように)

以上、たいへん有意義なスウェーデン出張でした。

執筆記事一覧
教員紹介 岸本好弘

高校生向け」カテゴリの記事

« スウェーデンの大学で、ゲーム発表会の審査員! | トップページ | 1年次「音楽入門」の授業内容紹介(リズム編) »