« お金をだして情報を読む | トップページ | 第4回大学院メディアサイエンス専攻 特別講義「計算機による新しい折り紙の形の発見支援」 »

手紙を書こう!Love Snail Mail Projectに参加しました!

|

7月に入りましたね。7月は陰暦では文月(ふみつき)と呼ばれています。手紙も立派なメディアですが。。最近、あまり手紙を書いていない、という人も多いのではないでしょうか?ハグルマ封筒 ウィングドウィール社ではCSRのイベントとして”Love Snail Mail Project"を企画されています。今回は、ウィングドウィール社の企画部の永田留美氏が講師として訪問されました。瞬時にデジタル化した文章を送るe-Mailに対し、従来の手紙は、ユーモアをこめてSnail Mail"カタツムリ メール”と呼ばれたりします。今回、ウィングド ウィールではそのような、ゆっくりしたペースで手書きのメッセージを相手に送ることが出来る手紙の良さを、多くの人に知ってほしい!という、目的で始めたイベントだとのことです。詳細はこちらで紹介されています。

Photo_2
そんな、Love Snail Mail Projectに大学生達が参加しました。永田留美さんによると、”デジタルツールだけでなく、お礼状などスマートに手紙が使える社会人は素敵ですね。特に、男性でビジネスシーンで手紙を使いこなせる人は少ない分、できると評価が高くなると思います。”とのこと。工科大は男子が多いです。手紙はあまり普段書いてない人が多いですね~。社会人になって、お礼状の一つや二つさらっと手紙で書けると良いですね。
3_2
国際教育開発プロジェクトとソーシャルコンテンツデザインの2つの卒業研究プロジェクトの学生達です。
2
最後はこんなにカラフルな手紙がたくさん書けました。
1
ウィングドウィールさんには、国際教育開発プロジェクトからインターン生を雇っていただいたりといつもお世話になっています。今回は楽しいワークショップとなりました。
文責:飯沼瑞穂 千代倉弘明 松橋崇史

ソーシャル」カテゴリの記事

« お金をだして情報を読む | トップページ | 第4回大学院メディアサイエンス専攻 特別講義「計算機による新しい折り紙の形の発見支援」 »