« 卒研室(「コミュニケーション・アナリシス」プロジェクト)の紹介 | トップページ | バイノーラル録音 »

南カリフォルニア大学(アメリカ)の学生がメディア学部を訪問(国際交流)

|

南カリフォルニア大学(USC)に今年の3月、メディア学部の学生と教員が訪問しました。その時の詳しい内容は、ブログ記事に書いています。

Img_5590

その時、お世話になった学生2名が八王子キャンパスに来てくれました。その2名は、USCに留学している日本人と中国人です。CGアニメーションの教育と研究の様子を知りたいということでした。
メディア学部の教員と学生がいる研究棟Cで、3月の訪問時のことを話したり、大学院生による研究紹介などをしました。メディアサイエンス専攻の研究分野は、コンテンツ制作技術やCG技術などアート面とエンジニア面の両面から行っている点に特徴があることなどを紹介しました。

Img_5594

私たちの研究室には、中国、インドネシア、スウェーデン、べネゼイラ、タイなどのさまざまな国から留学生がやってきています。このときには、日本語、英語、中国語などいろいろな言語でコミュニケーションをしていました。

Img_5595

Img_5599



その後、片柳研究所のコンテンツテクノロジーセンターで行われているアニメーション制作のプロジェクト演習の様子を見学しました。3次元CGソフトウエアを利用してキャラクターを制作したり、動きを作ったりする工程を興味深く見ていました。

Img_5604

お互いに、次の機会を楽しみにして、2人が乗ったスクールバスを見送りました。
■USC研修の記事:
南カリフォルニア大学-USCキャンパスのみどころ:2015年3月USC研修 その4
http://blog.media.teu.ac.jp/2015/03/-usc20153usc5-3.html
南カリフォルニア大学USC学生の研究室風景と交流:2015年3月USC研修 その3
http://blog.media.teu.ac.jp/2015/03/usc20153usc4-7e.html
南カリフォルニア大学(USC)でメディア学部3年生がCG作品発表:2015年3月USC研修 その2
http://blog.media.teu.ac.jp/2015/03/usc3cg20153usc2.html
南カリフォルニア大学(USC)シネマティックアーツ学部とメディア学部の交流:2015年3月USC研修-その1
http://blog.media.teu.ac.jp/2015/03/usc20153usc-1-7.html
メディア学部 近藤邦雄

お知らせ」カテゴリの記事

« 卒研室(「コミュニケーション・アナリシス」プロジェクト)の紹介 | トップページ | バイノーラル録音 »