« 世にも恐ろしい本当にあった話― CG 研究の発表なのに映像もスライドもないって,ありえねぇ!― | トップページ | プログラミングは怖くない »

情報セキュリティイベントにて、「サイバーセキュリティ学習シリアスゲーム」を展示!

|

 メディア学部教員の岸本 好弘です。

 10月9日(金)、10日(土)に開催された「情報セキュリティワークショップin越後湯沢2015」にて「サイバーセキュリティ学習シリアスゲーム」の展示を行い、2日間で60名を超える方々にプレイしていただきました。情報セキュリティの現場で活躍中の方々のご意見・ご感想は非常にためになりました。

151010yuzawa

▲展示スタッフの学生と私
 情報セキュリティワークショップへの展示は昨年に続き2回目です。今回は、小学生向けのインターネット安全学習用に制作した『セキュアタイセン』『SNSまにゃあ』を中心に4タイトルを展示しました。
 

151010yuzawa2

▲小学生男子向け『セキュアタイセン』

 

151010yuzawa3

▲小学生女子向け『SNSまにゃー』


 両タイトルは今年2月に開催した「第3回シリアスゲームジャム」で制作したもので、その後も学生ら継続して制作を続けたものです。『セキュアタイセン』は子供向けのワークショップでの検証実験も行い学会での発表も行いました。


Kao_kawanaka_2

学生スタッフ 河中直希さん (4年)  感想

 今回のワークショップでは、私たち学生が制作したゲームを展示し、情報関係の方々に見ていただきました。ゲームの内容について「多人数プレイが出来て、競争できるものがないか」「ターゲットとするユーザーはどこがいいのか」といったご意見をいただき、今後学習ゲームに関わっていく中でどんな要素が必要なのかという点がよくわかり、とても参考になりました。
 また、私が制作したゲーム『セキュラタイセン』について、制作者でも気付かないような「学習ゲームとして重要となる点」に関する指摘をいただいたことで、セキュリティ学習に必要な要素も学ぶことができ、今後の制作において強調すべき点を確認することができました。2日間でたくさんの方々と話し、情報関係や就職してからの事なども知る事が出来ました。失敗も含めて自分が成長するためのとてもいい経験となりました。


 これからも機会あるごとにシリアスゲームの紹介・展示を行い、実際に活用していただける場の獲得を目指して行きたいと考えています。

【特別展示】東京工科大学による「サイバーセキュリティ学習シリアスゲーム」作品の実際に遊べる展示決定!

(関連記事)
 『ゲームの力で世界を救え!第3回シリアスゲームジャム』を開催!(2015年2月)
「増え続けるサイバー攻撃」にシリアスゲームで対抗!(2014年10月)
第2回シリアスゲームジャムGame Jam for Cyber Security Education(2014年7月)


執筆記事一覧
教員紹介 岸本好弘

« 世にも恐ろしい本当にあった話― CG 研究の発表なのに映像もスライドもないって,ありえねぇ!― | トップページ | プログラミングは怖くない »