« Waku Workイングリッシュの山田貴子さんが国際教育開発プロジェクトに来てくださいました! | トップページ | 広告に関するアイデアソン実施のお知らせ »

サイバーワールズ参加報告! その4

|

CYBERWORLDS (サイバーワールズ)2015 参加報告も今回が最終回です。今回は、私たちのチームとともに「ベスト・ペーパー賞」を受賞した、ジェフリーさんの作品について、ご紹介いたします。ご本人に、ご承諾をいただきまして、作品の写真などもご覧にいれます。とても刺激的で斬新な作品ばかりで感心しきりです。

 
 
まず、この花畑なのですが、これはひとつひとつが独立したセンサー・ユニットになっています。花鉢に植えられた花は、実は「日本の折り紙」で作られているのです。このインスタレーションは、近くを通る人の動きを感知し、それをスィッチとして動きはじめるのです。そして一旦動き出すと、となり同士のユニットが、その動きを感知して動くので、「花の動き」がどんどん広がっていくのです。面白いですね。いつか、日本でのインスタレーションが出来ないでしょうか。
 
 
こんな風に、茎の部分も伸びたり縮んだり。
 
 
このインスタレーションも、大変シンプルではありますが、面白いのです。黄色いゲートを誰かがくぐると、ゲートに取り付けられたカウンターの数字が変わります。ただそれだけのことなのですが、このインスタレーションを公園などに設置すると...
 
 
みんなが、これを「くぐり」たくなってしまい、たちまち行列ができてしまうのだそうです。行列は、大きな円になることもあれば、ぐるぐる回る小さな円になることもあるそうです。インスタレーションと、それを楽しむ人の行動心理学的な面白さがありますね。
 
 
 
レーザー光線を使ったインスタレーションや、
 
 
オーストラリアの大自然を背景にした、ダイナミックなインスタレーションなど、彼の作品には、そのエネルギーに圧倒されるばかりです。そして彼の作品や研究で一貫しているテーマとは「作品と観客との関係性」なのです。実験的な作品を作ることによって、それを見たり体験したりする人々の行動がどのように変わるのか、人間がどのような心理的な影響を受けるのか、それを考えるところが彼の作品制作と研究の特徴かと思います。
 
 
エネルギッシュで、独創的なジェフリーさんと出会えただけでも、サイバーワールド2015に参加した価値があったかと思えるほど、私たちは彼の活動に感心いたしました。今後、メディア学部での研究を通じて、彼の活動との交流も続けていけたらいいなと考えております。ぜひ、以下のサイトもご覧ください。
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
 
4回にわたってご紹介しました、サイバーワールド参加報告はこれでおしまいです!
最後まで、読んでいただいたみなさま、有り難うございました。
 
 
この記事は、
メディア学部・コンテンツコース 佐々木和郎が担当いたしました。
 
 
 
 

おもしろメディア学」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« Waku Workイングリッシュの山田貴子さんが国際教育開発プロジェクトに来てくださいました! | トップページ | 広告に関するアイデアソン実施のお知らせ »