« 広告に関するアイデアソンを開催しました | トップページ | メディア学部Movie Libraryにプロジェクト演習の珠玉のゲームが登場(2) »

メディア学部Movie Libraryにプロジェクト演習の珠玉のゲームが登場(1)

|

メディア学部の三上です.

昨年から,メディア学部 Movie Libraryが公開されています.

その中でメディア学部の教育の特徴の一つである「プロジェクト演習」の枠組みの中で実施されている,「インタラクティブ・ゲーム制作」の成果物の紹介動画もアップされました.

今回のブログでは,そのコンテンツについて紹介したいと思います.

まずは,イスをモチーフにした独自のゲームコントローラを利用した「Chairbot」から紹介します.

Cb01

Cb

動画はこちらでご覧になれます.(メディアコンテンツコース「イスを使ったおもしろゲーム」)

「Chairbot」は登場型ロボットに乗り込み,敵と相撲のような押し合いをして対戦する体感型VR(ヴァーチャルリアリティ)アクションゲームです.

「Oculus Rift」という,ヘッドマウンテッドディスプレイ(HMD)を利用しており,通常のテレビ画面ではなく,目の前に全周囲映像が広がります.

20150917_144910

プレイしているとこんな感じになります.左のディスプレイに移っている映像と同じ映像が,プレイヤーの左目,右目にそれぞれ映し出されます.

これだけ臨場感のある表示ができるので操作系もぜひ没入感のあるものにチャレンジすべきということでコントローラも工夫しました.実際に搭乗して操作することを体感するために,椅子のクッションの中に仕込んだ加速度センサーで傾きを取得し,それをプレイヤーキャラクターの移動に利用しています.

出展した東京ゲームショウでも大人気で,Webの記事にも取り上げられました.

このように,新しいゲーム体験のために様々な技術を組み合わせたり,自ら開発することでコンテンツを制作することがメディア学部のゲーム制作の特徴でもあります.

単にゲームを作るだけではなく,未来のゲームの可能性を考えるのが,工科系大学で学ぶゲーム開発です.

<関連Blog記事>

東京ゲームショウ2015一般公開 2015/9/20

東京ゲームショウ2日目!OB凱旋、TV取材!(2015/9/19)

東京ゲームショウ初日の様子。(2015/9/18)

いよいよ開幕、東京ゲームショウ2015 (2015/9/18)

 

<関連Web>

東京ゲームショウ2015出展ゲーム紹介サイト

(メディア学部 三上浩司,渡辺大地)

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

ビデオ付き」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 広告に関するアイデアソンを開催しました | トップページ | メディア学部Movie Libraryにプロジェクト演習の珠玉のゲームが登場(2) »