« ネットワークテーマの学会発表 | トップページ | 教員だって学会発表 »

メディア新年度スタート

|

みなさん、こんにちは、

 
東京工科大学メディア学部の新年度は研究力を示す年です。
家を建てるのを見ていると、穴をあけた柱や台形の壁などを持ち込み、1日で立体構造物がそびえたちます。メディア学部では今までに各分野で学術研究発表や成果の展示を行い、部品がそろってきました。平成28年度はそれを以下の2つの大プロジェクトに組み立てます。
 広告イノヴェーション
 コンテンツイノヴェーション
 
次のようなカリキュラム上の改革も行います。、
 
1 先端メディア学という授業と研究を併せたような新型授業を開始
2 大学院をクォータ制(1年に4学期)にして大幅に授業科目増加
 
本日4月1日、新年度が始まり、新しい学年の学生を迎えます。
 
 
3月30日に在学生のガイダンスがありました。その中で、こんなことをお話ししました。
 
2年生:
 視野を広げる年
 好きなことを見つけよう
3年生:
 進路を絞る年
 好きなことを卒業研究につなげよう
4年生:
 まず行動する年
 未来に続く確かな目標を持とう
 
メディアに関係する学問の領域は非常に広いのです。面白いことがいろいろあるので、つい迷ってしまいます。その中で自分が一番好きなことを見つけて、それを徹底的に追及することが大切なのです。好きなことは一番自分の身につくのです。そして、自分が一番成長できるのです。
 
4月4日には入学式があり、新一年生を迎えることになります。
入学を控えたみなさん、メディア学部での生活を楽しみにしていてください。メディアの分野はとても広いのです。そして、東京工科大学メディア学部はメディアを学ぶために創設された学部ですから、メディアの要素がみんなそろっているのです。みなさんが、メディア学部に入学したとき、はじめて海を見たときのような感動があると思います。「メディアってこんなに広いんだ!」という。
 
相川 清明

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« ネットワークテーマの学会発表 | トップページ | 教員だって学会発表 »