« 先端メディアゼミナール(IoT実践)進行レポート#2 | トップページ | 「夏休み子どもいちょう塾」で、「ゲームクリエイター体験講座」を開講しました »

8月7日OC研究室紹介:経済経営得調査研究

|

「実際に街に出て、調査をしよう。」

これが、当研究室の 合言葉です。もちろん、やみくもに出かけても「見える」ものは限られます。しかし、研究室の仲間との議論を通じ、疑問、関心を持ったことを実際に確かめてみる。そして、特に実際に街に出て、実態調査を行い、またネット上のデータを収集しながら、様々な分析手法の開発を行ってきました。こうした問題意識の醸成と実地調査がうまくかみ合えば、新しい発見と分析を進めていくことができます。議論と実地調査を通じて研究を深めていく、これが当卒研の特徴です。

当研究室では、世の中にあるビジネスについて、幅広く調査・研究を行っています。これまで、自動車、ビールなどの伝統的なものづくりの産業から、金融問題、地域振興やスーパーマーケットなど地域コミュニティに根差した産業、また、音楽や出版、スポーツやエンターティメント、アニメ、芸能プロダクション、ファッション誌業界まで、多様な産業調査に取り組んでいます。

今回出展する当ゼミ生5人の卒論テーマは、

・コンビニ業界におけるプライベートブランドに関する研究

・スクールオーケストラの抱える資金問題に関する研究

・ゆるキャラに関する研究

・地域活性化とアニメ聖地巡礼に関する研究

・不動産業界の将来性に関する研究

です。今回は、「数字で見るビジネス・社会の世界」と題して、各種経済・社会に関する、ネット上にあふれる情報を掘り起こし、幅広い領域にわたり、これらの実態を数量的に分析しながら紹介していきます。

 

(メディア学部 榊俊吾)

イベント」カテゴリの記事

« 先端メディアゼミナール(IoT実践)進行レポート#2 | トップページ | 「夏休み子どもいちょう塾」で、「ゲームクリエイター体験講座」を開講しました »