« 卒研インターネットビジネスの中間発表会を行いました | トップページ | 2017年度卒研生(経済経営調査研究)配属 »

中国上海にある同济大学の先生がコンテンツプロダクションテクノロジープロジェクトを訪問

|

大学 件学院 像研究中心(The School of Software Engineering, Tongji University 宁先生が八王子のキャンパスにお越しになりました.東京工業大学でCGに関係した研究を行い,博士号を取得しています.35年以上前からの知り合いであり,現在提携校としてさまざまな交流をしているウプサラ大学の中嶋正之先生が指導教員ということで,この訪問の機会ができました.

よい機会でしたので,メディア学部の教育や研究分野,国際交流の紹介などとともに,私たちのCGに関係する研究,コンテンツ制作に関する研究などを紹介しました.これらの内容は学部のブログでもたくさん公開していますので,ぜひ見ていただきたいです.

Img_9579

また,中国から留学している大学院生Hongyi Xu君が2016668日に行われたNICOGRAPH International で研究発表したカメラワークの分析とデータベースについて紹介しました.コンテンツ制作分野の研究はこれからのデジタル映像コンテンツ制作には重要なことであるということを説明しました.

研究題目:

(S) 5-7. A supporting system for creating camera blocking of the humanoid robot anime's battle scenesHongyi Xu,Yoshihisa KanematsuRyuta MotegiNaoya TsurutaKoji MikamiKunio Kondo

 

Img_9577

さまざまな意見交換をしたのち,今後の共同研究の可能性を話し合いました.上海は日本からも近いところですので,機会があれば,私もまた訪問する機会を作りたいと考えています.

メディアコンテンツコース 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 卒研インターネットビジネスの中間発表会を行いました | トップページ | 2017年度卒研生(経済経営調査研究)配属 »