« 2016年度卒業研究(経済経営調査研究)中間発表 | トップページ | 学生3名が「日本デジタルゲーム学会 夏季研究発表大会」で発表 »

オープンキャンパス報告:プログラミング体験教室(8月7日)

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

本日のブログでは,去る8月7日(日)に実施された「東京工科大学八王子キャンパス・オープンキャンパス」にて,今年度からはじめて開いてみた「プログラミング体験教室」の様子を紹介したいと思います.

01
図.プログラミング体験教室の様子

メディア学部では,1年次後期「メディア基礎演習Ⅰ」から”Processing ”というプログラミング言語を用いたプログラミング教育が本格的に始まります.
その後,2年次前期の「メディア基礎演習Ⅱ」や,「CG制作の基礎」,「メディア芸術の基礎」など複数の授業でも Processing を使用した演習が組まれています.


Processing は,デザイナーやクリエイター,アーティスト,またプログラミング初学者に向けて作られたプログラミング言語/環境です.
Processing を通しての体験は,文系と理系,デザインとエンジニアリング,感性と論理という両軸における領域横断接続をもたらし,『ハイブリッド』な才能を開花させます.

本体験教室では,そんな素晴らしい体験を一人でも多くの人にしてもらいたいと思い企画しました.

講師役は,「メディア基礎演習Ⅱ」や「CG制作の基礎」で TA を務めてくれている菊池研究室所属の大学院1年生・浦野君が担当し,Processing の基礎から「円を描画し,アニメーションさせる」という内容を短時間(約 15 分)でできるような内容にしました.

実際に体験してもらった高校生の方々から「おぉ~!」と歓声が上がるほど,そのビジュアルプログラミング体験は驚きとワクワク感が溢れるものだったようです.
中には,他の出展には目もくれずに「プログラミング体験教室はどこでやっていますか?」とスタッフに尋ねて,直接体験教室だけに来られる人もいるほどでした(笑).

10名が同時に受講できるように設置したブースには,つねに 7,8 人がプログラミングを体験しているような状況で,終始賑わっていました.
(すいません,写真は菊池の時間が空いているときに撮影したもののため,一番賑わっている時間帯のものではありません...苦笑.菊池が担当したブースも活況だったため,一番賑わっているときには撮影できませんでした...うれしい悲鳴ですね 笑).

02
図.プログラミング体験教室の様子

8月28日(日)のオープンキャンパスでも「プログラミング体験教室」を開催する予定ですので,是非八王子キャンパスメディア学部に遊びに来てください.

文責:菊池 司

お知らせ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 2016年度卒業研究(経済経営調査研究)中間発表 | トップページ | 学生3名が「日本デジタルゲーム学会 夏季研究発表大会」で発表 »