« 八王子市教育委員会と共催のキッズ夏休みプログラミング体験講座 | トップページ | 8月7日オープンキャンパス情報:いよいよ菊池研登場!(その1) »

科学的にお化け音を作る

|

みなさん、こんにちは、

 
8月7日に東京工科大学八王子キャンパスでオープンキャンパスがあります。その展示項目の1つが「お化け音を作ろう!」です。簡単なコンピュータプログラムでお化けの出そうな音をつくるもので、来場者のみなさんにも作っていただきます。
さて、どんなものを作るかというと、時間とともに高さが連続的に滑らかに変化する音を使うのです。専門的には周波数変化音と言います。図1を見てください。これは、サウンドスペクトログラムと言って、横軸が時間、縦軸が周波数つまり音の高さを表します。赤い部分が音の成分が強いことを表し、青い部分には音の成分が無いことを表します。図1を見ると、時間とともに音が高くなったり低くなったりしていることがわかります。

Photo_2

                    図1 時間とともに高さが滑らかに変化する音
 
これが、どんな音なのかは、オープンキャンパスでのお楽しみ、ということにしておきましょう。来場のみなさんにも、このようなものが創れます。しかも、たった1行のプログラムで作れるのです!!
 

これがお化け音だというのには、根拠があります。

人は、周波数が不規則に上下する音を聞くと怖さや不安を感じるのです。これば、卒業研究で研究したもので、参考文献のように日本音響学会でも発表しています。

 

みなさん、8月7日の東京工科大学のオープンキャンパスに来て、オリジナルお化け音を作ってみてください。お楽しみに!

 

参考文献

三輪 沙弥香、相川 清明: "怖さ、悲しさの程度を連続的に変化できる効果音作成インタフェース", 日本音響学会講演論文集, Vol. I, pp.453-454, (2005-09).
 
相川清明

お知らせ」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 八王子市教育委員会と共催のキッズ夏休みプログラミング体験講座 | トップページ | 8月7日オープンキャンパス情報:いよいよ菊池研登場!(その1) »