« ネットワークメディア研究室の公開 | トップページ | スウェーデン,ウプサラ大学Campus Gotlandへの留学の案内 【国際交流】 »

ドイツの音楽の都・ライプツィヒを訪問

|

 メディア学部 メディアコンテンツコースの岸本好弘です。

 8月15日~17日、ドイツ、ライプツィヒ大学で開催された「第4回国際日本ゲーム研究カンファレンス(Replaying Japan 2016)」にて口頭発表を行いました。国際学会への参加は、自分の研究を世界中に紹介すると共に、外国の人々と交流したり、その地の文化を知る良い機会となります。

160814leipzig0

▲羽田空港からルフトハンザ航空で12時間

ドイツ・ミュンヘンで乗り換え、1時間のフライトでライプツィヒ空港到着。電車で15分で、ライプツィヒ中央駅に到着しました。

 

160814reipzig11

▲ドイツ最大級の駅舎

ドイツ、ライプツィヒの場所はこちら↓↓
https://www.google.it/maps/place/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%92/@51.3416989,7.9112063,6z/data=!4m5!3m4!1s0x47a6f818200f2c73:0x93df80d2b9b4f552!8m2!3d51.3396955!4d12.3730747

 

160814leipzig3_2

▲後半生30年をライプツィヒで過ごしたバッハ像と、バッハが勤めていた教会

160814leipzig4

▲バッハ博物館。向かいのカフェにもバッハ像が

160815reipzig11

▲メンデルスゾーン記念館には当時の居間が再現されています

 ライプツィヒには、明治時代に日本から滝廉太郎や森鴎外が留学していました。

160814leipzig6

▲ライプツィヒ大学は600年の歴史を誇ります

 この街の公共交通機関は充実していて、鉄道好きにはたまりません。ホテルから会場までは、地下鉄でもトラムでも行くことができます。歩いても15分ぐらい。

 

160814reipzig13

▲巨大なライプツィヒ中央駅と、頻繁に行きかうトラム(路面電車)

160814reipzig12

▲地下鉄の駅

160814reipzig15_2

▲ドイツ国内の主要な都市につながるICE(高速鉄道)

 3日間の学会終了後、がんばったスタッフの学生らとディナーを共にしました。彼女たちはライプツィヒ大学で日本語を学んでおり、日本への留学経験もあります。ディナーの席には、学会で発表した学生や聴講した学生たちも加わって、大人数で楽しく交流を図りました。

160817reipzig


160817reipzig3

▲学生らとカフェでお疲れさま会

160817reipzig8

▲ドイツの空に輝く満月

 来年の学会はニューヨークで行われる予定です。そこでの再会と、新たな出会いを期待しながら、研究を続けたいと思います。

筆記事一覧
http://www2.teu.ac.jp/media/~kishimotoy/mediabloglink.html

教員紹介 岸本好弘
http://www.teu.ac.jp/info/lab/teacher/?id=1566

高校生向け」カテゴリの記事

« ネットワークメディア研究室の公開 | トップページ | スウェーデン,ウプサラ大学Campus Gotlandへの留学の案内 【国際交流】 »