« 計測自動制御学会 論文賞・蓮沼賞を受賞 | トップページ | 研究室活動紹介:「菊池研・ 3 年生の夏休みの課題発表会」 »

大学院生がFIT奨励賞を受賞: 新分野の広告工学の創出にチャレンジして

|

 大学院のHPでも既に発信済みですが、このブログでも少し説明をしましょう。

 2016年9月7日から9日に開催された「FIT2016 第15回情報科学技術フォーラム サービスコンピューティングセッション」において大学院メディアサイエンス専攻博士課程前期2年横山誠君が研究を発表し、FIT奨励賞を受賞しました。

講演題目:広告パラダイム2.0に基づく個告・個受サービスモデルの提案
発表者:横山 誠(M2、メディアサイエンス専攻)
共著者:村上 貴彦・陌間 端・上林 憲行(指導教員)
学会名:FIT2016 第15回情報科学技術フォーラム、サービスコンピューティングセッション
http://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2016/ 
会期:2016年9月7-9日
会場:富山大学 五福キャンパス


 受賞の理由は、広告サービスという新分野を開拓したという新規性と質疑応答のレベルが群を抜いていたということです。研究者としてはとても嬉しい講評でした。

 広告工学や広告サービスは、新しい日進月歩のエキサイティングな分野です。この時代を代表するGoogle社やFaceBook社も収益の源は広告サービスです。LINEもしかり。

 この新分野へ、大学院メディアサイエンス専攻やメディア学部は、皆さんのチャレンジをお待ちしています。


FIT奨励賞の表彰状を持って喜んでいる横山君です。

また、彼は本年度の大学パンフレットでも、研究内容が紹介が掲載されています。

(MS 上林憲行)

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 計測自動制御学会 論文賞・蓮沼賞を受賞 | トップページ | 研究室活動紹介:「菊池研・ 3 年生の夏休みの課題発表会」 »