« 「トポロジー」という数学 | トップページ | 人工知能は一般常識を持てるか »

東京工科大学大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlによる映像分析の研究の紹介(英語版)その5

|

メディアサイエンス専攻では,コンテンツイノベーション分野の研究の一つに「映像制作支援」があります.
「スウェーデンで開催された国際学会SIGRAD2016で,留学生が研究発表 (ウプサラ大学訪問その1)」に書いたように,演出支援のカメラワークに関する研究もさまざまな視点から行っています.
ここでは,
東京工科大学大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlさん
による
をご覧ください.

Dsc_3814

このような最先端の映像制作に関する研究に興味のある学生のみなさんは,ぜひ,メディアサイエンス専攻に来てください.

ビデオ付き」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 「トポロジー」という数学 | トップページ | 人工知能は一般常識を持てるか »