« 重慶での国際学会 | トップページ | 乱数を使った円周率の求め方 »

中山財団研究発表会の映像コンテンツをメディア学部生が制作

|

皆さん、こんにちは。
メディア学部の学生は、学外で活動することも多くあります。
今回は中山隼雄科学技術文化財団が開催した第23回研究成果発表の
研究発表の撮影を行いました。
撮影は、千代倉弘明先生の研究室”ソーシャルコンテンツデザイン”
で開発したPVCT(Presentation Video Creation Tool)を使い、行いました。
PVCTを活用すると発表者の発表資料と発表者の様子を瞬時に、一つの動画ファイル
として融合し、映像コンテンツを制作することが可能です。
今回は、4年生の学生が発表会に赴き撮影を行いました。
実際に撮影された映像コンテンツも、以下の財団のウェブサイトに公開されています。
中山財団 第23回研究発表会

http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-rollout.html

映像コンテンツと言っても、様々で社会の様々な場面で制作されています。
皆さんも社会に役に立つコンテンツの制作の研究を一緒にしませんか?
文責:飯沼瑞穂、千代倉弘明

ソーシャル」カテゴリの記事

« 重慶での国際学会 | トップページ | 乱数を使った円周率の求め方 »