« 探しやすくなったメディア学部ブログ | トップページ | NICOGRAPH研究発表紹介:天文データをアートに »

ジョギングのタイミングに合わせてくれる音楽再生装置

|

今回も、富山で開催された NICOGRAPH2016 という学会での展示発表を行った研究を紹介します。

ジョギングを行う際に音楽を聴きながら走る人は多いのですが、その際に自分の走るテンポと音楽のテンポがずれていると違和感を感じる人も多いと思います。私の研究室に所属する中村君はそれに対し、走るテンポで自動的に音楽のテンポも変わっていくシステムがあると、ジョギングを快適に行えるようになると考えました。

  • 図1. ジョギングの走行テンポと音楽テンポの同期

    Nakamura_0_2

これを実現するための方法として、まず感圧センサーを足の裏側に貼り付けます。センサーで踏みつける瞬間がわかるので、この信号を小型コンピューター「Raspberry Pi」が受け取り、そのタイミングに合わせて再生する音楽テンポを自動的に変更するという仕組みです。

  • 図2. Raspberry Pi

    Rapsberrypi

  • 図3. 感圧センサーの上で走る様子

    Nakamura_1


実際に作ってみると、実用的と言えるようなものにするには様々な課題が生じるわけですが、研究は「疑問に思ったことはやってみよう」という精神がそのまま生かせる貴重な機会とも言えます。

参考文献:
中村, 渡辺, ジョギングにおける走行リズムと音楽テンポの自動同期, NICOGRAPH2016 展示発表.

(メディア学部講師 渡辺大地)

研究紹介」カテゴリの記事

« 探しやすくなったメディア学部ブログ | トップページ | NICOGRAPH研究発表紹介:天文データをアートに »