« 【研究紹介】映画の予告編っておもしろいよね?観たくなるよね?じゃあ...どうやって作ったら「おもしろそう」になるの? | トップページ | メディア学部が「広告」に注目している理由 »

メディア学部卒業生による特別講演会のおしらせ:海外3Dアニメーション映画スタジオで働く

|

海外プロダクションで活躍するメディア学部OBの講演を昨年に続いてお願いしました.
講 師: 若杉 遼 氏 
       (所属:ソニーピクチャーズイメージワークス) メディア学部卒業生
講演題目: 海外3Dアニメーション映画スタジオで働く
日時:  2017年1月23日 10:45‐12:15
場所:  片柳研究所2階KE202
講演内容: 海外の3Dアニメーション映画スタジオにおけるアニメ制作・仕事の様子や、海外で働くこととはどういうことなのかアニメーターとしてアメリカ、カナダで働いている自身の経験から色々とお話しします。
講師略歴: 2010年に東京工科大学を卒業後、サンフランシスコの美術大学院に進学。その後、PixarAnimationStudiosにてアニメーターとしてキャリアを始める。2015年よりアメリカサンフランシスコからバンクーバーに移り、現在はSony Pictures Imageworksに所属。これまでに関わった作品は、「映画アングリーバード」、「コウノトリ大作戦!」「Smurfs: The Lost Village(2017)」など。
昨年の講演:
海外で活躍するメディア学部OBの若杉遼さんの講演(メディア学部ブログ
http://blog.media.teu.ac.jp/2016/02/ob-05b4.html
 

Img_7578

Img_7575

本講演はメディア学部で開講しているコンテンツディベロッピング論の講義時間に行います.主にメディア学部の学生を対象に開講しますが,大学院生の聴講も歓迎します.

お知らせ」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 【研究紹介】映画の予告編っておもしろいよね?観たくなるよね?じゃあ...どうやって作ったら「おもしろそう」になるの? | トップページ | メディア学部が「広告」に注目している理由 »