« 2016年度 卒業研究紹介 「コンテンツプロダクションテクノロジー」 | トップページ | 映像表現・芸術科学フォーラム2017にて3年生が発表します »

Introduction to Exchange Activities with City University of HongKong (CityU) - Tokyo University of Technology

|

香港城市大学の留学生受け入れが来月4月より始まります.科目等履修生として,メディア学部で開講しているいくつかの科目を正式に履修します.香港城市大学は次のようなアジアのラインキング20までに入るような大学で,非常に優秀な学生が多い大学です.

メディア学部のコンテンツ制作(CG,アニメーション,ゲームなど)の教育に2013年頃より関心を持っていただき,本学を訪問し,施設の見学や教育カリキュラムなどを調査していました.昨年,大学提携と学生交換の提携を結び,学生の交流を進めることとなりました.本学の学生の派遣はこれから行います.今後を楽しみにしていてください.
■Times Higher Education Asia University Rankings 2016
アジアの大学ランキング・トップ20では16位です.日本では東京大学と京都大学がそれぞれ,7位,11位となっています.
■香港城市大学との留学生受け入れが来年4月より始まる! 2016.12.13
2016年4月に,香港城市大学(City University of Hong Kong)と提携をし,同時に交換留学生の提携もしました.

Cityustudentsexchange

■香港城市大学(City University of Hong Kong, School of Creative Media )のスタディツアー

Simg_2111

University Guide of TUT

Introduction to Graduate school, Media Science program(Video in English)
The Media Science Program aims to educate students to become media experts equipped with theory and skills in the expression, service, and distribution of media content.
Introduction to School of Media Science
The newly evolved School of Media Science now consists of three attractive new courses. As the first of its kind to be established in Japan, the school has continued to develop revolutionary education and research, but with this renewal, the School of Media Science will offer an even more diverse array of basic media expertise and technical education, with a focus on nurturing richly creative individuals who promise to support the social media of the 21st century.
   Introduction to Graduate school, Media Science program (Video in English)
   Introduction to Research of Graduate school, Media Science program (Video in English)
   International Collaboration  (Video in English)
   Presentation No.1 (Game design research)
   Presentation No.2 (Camera work research)

International Exchange activity (2015.1) 

メディア学部 近藤邦雄

お知らせ」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

« 2016年度 卒業研究紹介 「コンテンツプロダクションテクノロジー」 | トップページ | 映像表現・芸術科学フォーラム2017にて3年生が発表します »