« 標本化定理 | トップページ | 「文字が出ない!」プロジェクト演習「音声対話」での驚き »

言葉は効率的な通信手段!

|

みなさん、こんにちは、

 
新学期になり、メディア学部では1年生のための「メディア学入門」の授業がはじまりました。次のようなスケジュールで授業を行っています。
 
1 メディア学概要
2 メディアを支える技術
3 視聴覚の技術
4 メディアコンテンツとコミュニケーション
5 デジタルコンテンツの制作
6 インタラクティブコンテンツの制作
7 コンテンツ制作のためのデジタル技術
8 コンピュータグラフィックス技術
9 イメージメディア技術
10 インタラクションとメディア技術
11 メディアコンテンツデザインとヒューマンインタフェース
12 メディアコンテンツサービスの全体像
13 メディアコンテンツサービスの具体事例と特徴
14 メディアコンテンツサービス実現のための基本技術
15 メディア学入門のまとめとメディア学の将来
 
第2回目では、人は言葉を使うことにより、非常に効率的にコミュニケーションを行っているという話をしました。
 

例えば、新緑の山にハイキングに出かけて、自然に触れたときによく「さわやかだ!」と言います。それを聞いた人は何を思い浮かべるでしょう?次の図を見てください。

Photo

                    図1 「さわやかだ!」で想起される状況

 

「湿度が低くて、天気が良くて、そよそよ風が吹いていて、気温は涼しい。」

そんな状況ですよね。このたくさんの情報を「さわやかだ!」という5文字の言葉で伝えているのです。大変効率の良い情報伝達方式ですね!このように、人の言葉によるコミュニケーションには奥行の深いものがあります。

 

相川 清明

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 標本化定理 | トップページ | 「文字が出ない!」プロジェクト演習「音声対話」での驚き »