« ストーリーボード制作:ウプサラ大学Leo先生による大学院特別講義(その2):国際交流 | トップページ | 「視聴覚メディア」:コロナ社メディア学大系第15巻の発行 »

アニメーション制作の基本:ウプサラ大学Leo先生による大学院特別講義(その3):国際交流

|

キャラクター制作,ストーリーボード制作に続いて,本講義では,手描きでアニメーション制作の基本を紹介していただきました.PhotoshopやAfter effectsを使って,実演しながら,キャラクターが飛び跳ねる様子を描いていました.その間にキャラクターの動きを生き生きさせるための手法であるアニメーションの12の基本法則(12 Principles of Animation)も説明していただきました.

Img_1750

Img_1751

このディズニーのアニメーション制作を学ぶには,1981年にフランク・トーマスによって「生命を吹き込むイリュージョン: ディズニーアニメーション( The Illusion of Life: Disney Animation)」が参考になります.キャラクターに命を吹き込むアニメーションの12の基本法則12 Principles of Animation)のビデオも公開されていますので,それらをよく理解すればアニメーションの基礎的な誇張表現をより理解できるようになります.
第2回で宿題になっていた「ストーリボード制作」は,Leo先生によって,スクリーンに表示してそれぞれにコメントをもらうことができました.初めて制作する学生も多くいるなかで,提出物の画像を切り取って,移動したり,回転したりしながら,どのような構図がよいかという問いかけをして,学生らに考えさせていました.意図をよりよく伝えるためのカメラワークの重要性をよく理解できたようです.

Img_1752_2

メディアサイエンス専攻 佐々木和郎,近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« ストーリーボード制作:ウプサラ大学Leo先生による大学院特別講義(その2):国際交流 | トップページ | 「視聴覚メディア」:コロナ社メディア学大系第15巻の発行 »