« Unity安原さんによる特別講義 | トップページ | アンチエイリアシング(1) »

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記Fin

|

メディア学部の三上です.

毎日報告してきたMSU訪問,最終日はラップアップのMTGでした.今回の訪問でのいろいろな活動について,レポートを提出しそれに基づいて今後についていろいろと相談しました.

Msu0501

今回の訪問で非常に良かったと思うのは,日本でいう教育課程表とシラバスを細部まで見れたことでした.これによってMSUの教育内容が非常によくわかるようになりました.
MSUの学部(Bachelor)には,1年次から受講する学生とDiplomaから入ってくる学生の2つのパターンが存在します.日本でいう専門学校や高専からの編入に近いイメージです.
日本だと,1年次から学習する前提でカリキュラムを最適化するので,「途中から入ってくるとついてこれるか?」という議題になりますが,MSUの場合は2.5年Diplomaで勉強して2年次に編入します.ですからBachelorでは,Diplomaで勉強していなくてついてこれるか?という逆の現象が起きるのです.

これもたくさんのドキュメント拝見していろいろと議論出来たので,理解することができました.履修科目にも選択がなく,基本的に用意されたクラスはすべて受講し単位をとる必要があります.日本でいうと3年生や4年生の専門学校に近いですね.マルチメディア系のコースでプログラミングが苦手で落とす学生が多いのもどこかで聞いた話です.今一度,チェックしたドキュメントの多さをアピールしておきます.

Msu0504

滞在期間中は,客員教授室でこれらの資料をチェックしたり打ち合わせをしたりしていました.一週間私の仕事場になったデスクです.何やら少し愛着がわいてきました.

Msu0503

最後に今回の滞在の多くをアレンジいただいたAdam先生との2ショットです.本当にいろいろとお世話になりました.ぜひまた来たい,できることならExhibitionの時期には毎年期待と思うMSU訪問でした.

最後に街中でのワンショットものせておきます.クアラルンプールは国際都市ですから,欧米人が好むようなバーもたくさんあります.

Msu0407

文責:三上浩司

<関連記事>

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記4

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記3

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記2

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記1

Introduction to Exchange Activities with Management & Science University(MSU),Malaysia - Tokyo University of Technology,Japan

マレーシアのManagement & Science University(MSU)のShukri学長らの訪問【国際交流】

マレーシアMSUの客員教授である近藤が講義を実施(国際交流)

イベント」カテゴリの記事

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« Unity安原さんによる特別講義 | トップページ | アンチエイリアシング(1) »