« キャンパスのサツキとバラが満開 | トップページ | Thammasart University(タイ)との提携 »

3月に卒業された卒業研究「プロダクトデザイン」のみなさんのポスター紹介 その3

|

6月になり前期の卒業研究「プロダクトデザイン」も中盤,そして中間発表でしめる終盤へと向かいます.梅雨時でもあり蒸し暑い日もありますが,卒業されたみなさん,そして現役4年生のみなさん,まずは健康第一でご活動ください.

さて、本日はこの春に卒業された卒研生の3回目のポスター紹介です.

今回は、重松さん、千葉さん、遠山さんのポスターを紹介します。

44shigechibatouyama

重松さんは、使用頻度が高い製品にもかかわらず、取り回しが悪いと感じることが多い傘のデザイン上の問題を洗い出しました。これを解決するために特徴のあるハンドル部分形状と2枚重ね構造を適用し、典型的な現行製品の問題を改善するデザインを行いました。

千葉さんは、気軽に楽しむアクセサリーは洗面所付近で保管し、そこで身に着けることもあることに着目しました。このことを背景に、適切な位置に移動もしやすく、錆びにくい、そしてカスタマイズもしやすい、というアクセサリーケースのデザインを行いました。

遠山さんは、高齢者など嚥下障害で苦労されている方々のニーズはもちろん、介助・介護の方々の苦労にも着目しました。このことを踏まえ、コーヒーメーカーを使って気軽にコーヒーを楽しむような感覚で誰もが好きな飲料を楽しめるよに,適切なとろみ剤調整機能を考慮した飲料用機器のデザインを行いました。

メディア学部 萩原祐志

高校生向け」カテゴリの記事

« キャンパスのサツキとバラが満開 | トップページ | Thammasart University(タイ)との提携 »