« 大学院授業【相互行為分析特論】 | トップページ | お話しをしてきました »

大学院メディアサイエンス専攻 2017年度先端特別講義 第4回 日本ビジュアル文化 (ウプサラ大学 林正樹先生)

|

■大学院メディアサイエンス専攻 2017年度先端特別講義 第4回 日本ビジュアル文化
  講師:林 正樹(Masaki Hayashi)准教授
  (Sweden, Uppsala University:メディア学部の提携大学)
この特別講義は,4つのテーマ(ウプサラ大学ゲームデザイン学科の教育と研究,Unityの操作実習,TVMLとバーチャルミュージアム,日本ビジュアル文化)を講義をしていただきました.

Img_2308

Img_2310


4回目の講義では,「日本ビジュアル文化」について紹介いただきました.この内容は北欧のウプサラ大学の学生に紹介しており,西洋と日本の違いなどにも触れながら,多くの画像を使って分かりやすく話をしていただきました.メディアサイエンス専攻にも多数の留学生がいるので,日本文化を紹介していただくことは大変興味深いものと思われます.

Vcj1

Vcj2

Vcj3Vcj4 

彫刻などから,絵画,そして,マンガ,アニメ,ゲームに展開してきたことをこのようなスライドの後に様々な実例を示して説明していただきました.

Img_2309

■大学院メディアサイエンス専攻 2017年度特別講義「メディア技術と日本ビジュアル文化」が始まる  2017.06.30


■昨年の講義 も見てください.
■ ウプサラ大学ゲームデザイン学科とメディア学部の交流(2012年から)
Introduction to Exchange Activities with Uppsala University Sweden-Tokyo University of Technology,Japan 2017.02.02


メディア学部 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 大学院授業【相互行為分析特論】 | トップページ | お話しをしてきました »