« 声の高さを測る | トップページ | 7/16オープンキャンパスで折り紙アプリを展示 »

7月16日オープンキャンパスで音・声で遊ぶ展示をします

|

大淵・越智研究室では、7月16日のオープンキャンパスで、音と声で遊ぶことをテーマに、
卒業研究の紹介や楽しい展示をします。4年生と3年生の学生が説明を担当します。
 
(1)大声コンテスト&スペクトログラムを見よう
マイクに向かって大声を出して、音量を測ってみます。
また、スペクトログラムという、出した声の性質をプロットした図を出します。
これは音声の分析で用いられていて、どの周波数の音がどれくらい
含まれているかを表すもので、声の指紋にたとえられることがあります。
自分の声を分析してみませんか。

Spectrogram_small

(2)立体音響と女性向け恋愛ゲーム
バイノーラル録音を使用し、立体音響になっているボイスを実装した女性向けの
ノベル型恋愛ゲームです。
ゲームをする人は多いと思いますが、立体的な音響を体験したことはありますか?
バイノーラルマイクという、人の両耳の位置で録音すると、聞こえてくる方向を
再現できるマイクを使って録音したゲームを研究しています。
オープンキャンパスではそのゲーム場面を実際に聞いて体験してもらえます。

Game_small

(3)Sound of Voice
通常の音声認識は言語情報を認識するわけですが、擬音や声の大きさといった
情報を認識させることでことで、新しい音声認識の可能性を探る
インタラクティブ作品です。

Img_2059

(4)音の振動を体感しよう&共鳴を見よう
振動スピーカーという、くっつけた物を振動させて音を出すスピーカーを
使って音を出し、振動を体感します。
また、振動スピーカーで板を共鳴させ、砂が振動の腹(振動する部分)から
節(ふし、振動しない部分)に移動する様子を観察します。

 

Kuradoni_small_blue_3

7月16日オープンキャンパスにお越しのさいはぜひ大淵・越智研究室に
お立ち寄りください。
 
メディア技術コース 越智景子
 
 

イベント」カテゴリの記事

« 声の高さを測る | トップページ | 7/16オープンキャンパスで折り紙アプリを展示 »