« プロジェクト演習「Creative Application」の発表会:Metalシェーダプログラミングの活用 | トップページ | 8月6日オープンキャンパスでの音・声で遊ぶ展示 »

エリカ様〜自立対話型アンドロイドとの出会い

|

京大での研究会(研究会の紹介はこちら)の後、河原研究室のERIKAのデモを見せてもらいました。

Img_1181

京都大学の河原達也先生のプロジェクトで、自律対話型アンドロイドERICA の開発をされています。


このアンドロイドはもともとは大阪大学の石黒浩先生の研究で、人に極めて告示したロボットが造られています。河原研との共同研究では、まばたきをしたり、頷いたりと様々な非言語コミュニケーション手段によって人とのコミュニケーションをどうするかが研究されています。

デモの様子は以下をどうぞ。

「Erika_demo.mp4」をダウンロード

「Erika_demo2.mp4」をダウンロード

相手が話した言葉からキーワードを拾って反応することもできます。
「どこの海ですか?」「野球って何ですか?」
など、単語によって聞き返しかたを変えるのがミソだそうです。

一緒に写真を撮らせてもらいました。手もプニュプニュしています。

Img_1203_2


執筆: 榎本美香

研究紹介」カテゴリの記事

« プロジェクト演習「Creative Application」の発表会:Metalシェーダプログラミングの活用 | トップページ | 8月6日オープンキャンパスでの音・声で遊ぶ展示 »