« 東京ゲームショーでCreativeApplicationプロジェクト演習の成果を発表 | トップページ | 学内のセキュリティ対策ポスターを学生がデザインしました »

EC2017での研究発表

|

メディア学部の羽田です.
9/16〜18に東北大学で Entertainmant Computingという学会が開かれました.
本研究室からは四年生が2名のほか,先端メディアゼミナールの受講者である3年生2名が発表を行いました.この2名は,二日目午前の口頭発表セッション Expressive Computingというところで,2件の発表を連続して行いました.
時間と移動を伴うLED表現の編集ツールの実装
千住和,白須椋介,羽田久一(東京工科大学)
LEDパフォーマンスのためのWi-Fiを用いたプロトコルの設計と実装
白須椋介,千住和,羽田久一(東京工科大学)
この研究は演奏しながらグラウンドを隊列で歩くという,マーチングバンドにLEDを取り付けてよりパフォーマンス性を向上させようという研究です.2つのパートに分かれており,動きに応じて色を振り分けていくオーサリングツールと,それを利用した大規模なLEDの操作システムについてそれぞれ発表しました.

Senju

ふたりとも緊張していたものの無事に発表を終え,さまざまな人から多くの質問や意見をいただくことができました.見ている私のほうも緊張していたのでほとんど写真が撮れていないのが残念です.
次の日の最終日には研究のデモ展示の予定があったのですが,台風通過による強風警報のため学会は公式には中止,しかしながら台風一過のよい天気であったため学会参加者有志があつまり,勝手にデモ展示を行うという前代未聞の事態に発展しました.
三連休中に有名歌手グループのコンサートがありホテルや往復の新幹線を取るのも
非常に大変な学会でしたが,3年生の二人のはじめての学会は実りあるものになったかとおもいます.
(羽田久一)

研究紹介」カテゴリの記事

« 東京ゲームショーでCreativeApplicationプロジェクト演習の成果を発表 | トップページ | 学内のセキュリティ対策ポスターを学生がデザインしました »