« パリのエッフェル塔に対応する東京の建物はなに? フランスISART Digitalからみたメディア学部 | トップページ | 「CEDEC 2017」PERACONにて、学生が6位入賞 »

GTMF2017TOKYO Smilesに共同出展

|

メディア学部の三上です.

7月14日(金)に東京秋葉原のUDXギャラリーにおいて開催されたGame Tools and Middleware Forum (GTMF) 2017Tokyoにおいて企画されたイベント,「SMILES」に菊池先生,岸本先生,渡辺先生と合同で研究成果を出展しました.

2017gtmf01

Game Tools and Middleware Forum (GTMF) 2017Tokyoはゲーム開発に必要な開発ツールやソフトウェアに関する技術カンファレンスと講演会です.

昨年,主催者から相談があり,「ゲーム開発に興味のある学部生や大学院生に,ゲームを制作することだけでなく,ゲーム開発のための基礎技術や開発のためのツール開発という側面を知ってもらいたい」,「ゲームツール開発企業と技術のある研究室や学生との接点を作りたい」という狙いからスタートしました.
メディア学部の卒業研究やメディアサイエンス専攻の研究では,ゲーム開発に応用可能な制作技術の研究が渡辺先生や三上の研究室に数多くあります.また,ゲームのグラフィック制作に関わる技術やツールに関わる研究は菊池先生の研究室に多くの実績があります.
そこで学生の研究のアピールや共同研究企業の模索など幅広いメリットをがあるSMILESに参加することとしました.
当日は,学生の協力も得て,開発したゲームや,研究成果,大学のカリキュラムなどを幅広く紹介しました.

2017gtmf02

2017gtmf03

2017gtmf04

文責:三上浩司

イベント」カテゴリの記事

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

« パリのエッフェル塔に対応する東京の建物はなに? フランスISART Digitalからみたメディア学部 | トップページ | 「CEDEC 2017」PERACONにて、学生が6位入賞 »