« 大学の公式Webサイトの「ユーザビリティ」のあくなき向上のために | トップページ | 1年生の「おむが~るProject」活動報告(後編) »

1年生の「おむが~るProject」活動報告(前編)

|

 メディア学部の岸本 好弘です。
 メディア学部の学生たちはやる気と様々なスキルを持っています。それぞれのスキルを組み合わせることで、大きな成果を上げるプロジェクトを行うことができます。1年生の内からその経験と自信を持ってもらうために、毎年、1年生だけのプロジェクトを実施しています。授業ではありません。6月から10月にかけて行った今年の自主プロジェクトの報告です。

Omugirl1
▲学園祭で制作したポスター

↓↓ここからは学生が書いた文章です。

おむが~るの挑戦! ~紅華祭までの道のり~

 みなさん、はじめまして。「おむが~るProject」メンバーのAminoSun☆です。
今回は、我々の行った「おむが~るProject」について紹介します。

第一回:「おむが~るProject」の誕生

 「おむが~るProject」は、オムライスの魅力を世の中に広めるために生まれた宣伝プロジェクトです! 4人のオムライスの妖精・おむが~るが、それぞれのおすすめをTwitterで紹介してくれます! 
 プロジェクトメンバーは、メディア学部1年の有志8名で構成されており、イラスト・音楽・SNSなど、各々の得意分野を武器に活動しました。
 6月に結成されたばかりですが、10月の東京工科大学八王子キャンパス学園祭(以下、紅華祭)では、プロジェクトを紹介する展示やチャリティーグッズの販売もしました。

Omugirl2
▲ケチャップオムライスの妖精「ケチャミ」!

 よく見ると、アクセントに“パセリ”のモチーフが使われていますΣ(・ω・ノ)ノ!

 みなさんもおむが~るに会ってみませんか??

ホームページは↓↓
HP http://www.omurice.com/omugirl/
公式Twitterは↓↓
Twitter @omugirl
PVはこちらをチェック!↓↓
YouTube:https://youtu.be/5EA5eNV08gg

 

第二回 紅華祭に向けての企画

 「おむが~るProject」では、10月の紅華祭に向けてさまざまな準備をしてきました。その様子を写真付きでレポートします♪

 6月に1年生の有志によって結成したプロジェクトは、各自の得意分野も個性もバラバラ…(>_<) はじめは方向性も定まっていなかったので、何度も会議を重ねました。

会議の様子がこちら↓↓

Omugirl3
※ メンバーは全員女子!みんな真剣です(; ・`д・´)

 そして、長い議論の末、紅華祭に向けてチャリティーグッズを制作することに決定しました。 一体何を作ったのか?気になっている方も多いはず。

では、こちらをご覧ください。↓↓

 

Omugirl4

まずは、アクリルキーホルダー! ケチャップオムライスの妖精「ケチャミ」がかわいらしくデフォルメされています。実際にキーホルダーにしてみると、ハートのチャームも似合いますね♪

 

Omugirl5
 左はホワイトソースオムライスの妖精「ホワコ」! 右は和風オムライスの妖精「和姫(かずひめ)」です!! おむが~るたちのイラストを「しおり」にして紅華祭で配布しました。
 この他に、紅華祭の前には、PVやテーマソングも作る予定でした。


 
第三回:大ピンチ!プロジェクト崩壊の危機

 7月は、前期試験勉強やレポートが優先のため、プロジェクトは小休止。試験終了後に集まって、夏休みの間に進めることを相談し、楽しい夏休みに突入。
 そして、夏休み明けの9月の会議で進捗を確認したところ、みなさん遊びにバイトに忙しすぎて、ほとんど進んでいませんでした。

紅華祭まで残り1か月しかありません。間に合うのか??

ですが、ここで諦めてしまっては意味がありません!
急ピッチで作業を進めた結果、PV用のテーマ曲とアクリルキーホルダー、しおりが出来ました。
しかし、PV用の曲はあってもPVが出来ていない状態…。そんなとき、先輩が手を差し伸べてくれました! 現在YouTubeで公開しているPVは先輩が編集してくださったものです。

このように、多くの人の協力があって「おむが~るProject」は危機を乗り越えました!

Omugirl6

※ こちらのタイトルロゴは自分たちで作成したものです!

(後編に続く)

執筆記事一覧
http://kishimotolab.org/mediabloglink.html
教員紹介 岸本好弘
http://www.teu.ac.jp/info/lab/teacher/?id=1566

高校生向け」カテゴリの記事

« 大学の公式Webサイトの「ユーザビリティ」のあくなき向上のために | トップページ | 1年生の「おむが~るProject」活動報告(後編) »