« 不気味の谷を超えるには | トップページ | 大学院修士 1 年生の中間発表が開催されました »

IWAIT2018でBestPaperAwardを受賞

|

鶴田です。

1月7日から10日にかけて開催されたInternational Workshop on Advanced Image Technology 2018 (IWAIT 2018) に参加してきました。IWAITは画像処理、CG,VR、HI、画像符号化、医用処理、アートなどの分野を対象とした国際ワークショップです。アジアを中心に開催されており、今年は、タイのチェンマイで開催されました。

Dscf1311

発表はポスター発表も含めて200件ほどで、日本からも多くの学生が参加していました。発表してきた研究は、ブログの記事データを特殊なスクリプトに変換し、そこから3Dのアニメーションを自動生成しようという試みについてです。学内共同研究プロジェクトとして、寺岡先生や近藤先生をはじめとする多数の教員で進めています。こうかとんの3Dモデルも作成していただきました。

Dscf1305

Naoya Tsuruta, Takehiro Teraoka, Kunio Kondo and Masaki Hayashi, "TV Show Template for Text Generated TV," International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), CD-ROM, Jan. 7-10, 2018. Best Paper Award

チェンマイは気温30度ぐらいでとても暖かく半袖で過ごせます。日中が暑すぎるせいか(?)ナイトバザールが有名で、露店がずらっと並んでいるところなどを観光してきました。お寺も小さなものから歴史のある大きなものまで多くあり、オレンジの法衣を着た人をよく見かけます。郊外のツアーでゾウに乗ったりするのも人気らしいので、機会があれば行ってみたいと思いました。

Img_20180107_121207

工科大ウェブページの記事も合わせてご覧ください。

お知らせ」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 不気味の谷を超えるには | トップページ | 大学院修士 1 年生の中間発表が開催されました »